点字図書書棚へ

愛文庫

山岳冒険もの、エッセイ、ノンフィクションなどが中心です

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については下記の目録をクリック
項番
本の題目
著 者
出版社
備考
54 無意識過剰 阿川佐和子 文藝春秋 目録
  •  バッグじゃなくて紙袋、出されたおしぼりで顔を拭き、ハッと気づ  けば仁王立ち。 年々すすむオジサン度に加え、さらには、人の名前  が出てこない、洗顔フォームと歯磨きを間違える……。 激しさを増  すボケ具合に戦き、老後の心配を始めながらも、日々の発見と喜びに  胸躍らせるアガワの大人気爽快エッセイ集。―― 原本カバーより ――
53 男は語るアガワと12人の男たち 阿川佐和子 文藝春秋 目録
  •  開高健が「男の値打ち」を、渡辺淳一が「男と女の機微」を、村上 龍が「男の好奇心」を語る。そして阿川弘之が語る「娘とは」……。 ある時は心臓を高鳴らせ、ある時はうろたえながら、12人の魅力あ ふれる男たちの核心にアガワが迫る。『週刊文春』の人気対談「この 人に会いたい」の原点となった、初のインタビュー集。 ―― 原本カバーより ――
52 走って、ころんで、さあ大変 阿川佐和子 文藝春秋 目録
  • 真夜中に働くテレビの仕事には慣れたけれど、一人ぼっちの外食はイヤだなあ……。作家の父や賑やかな家族に囲まれて育ち、ニュースキャスターとして活躍する今。仕事で出会う素敵な人、数あるお見合い体験のエピソード、思い出すと冷汗がでる失敗談、一人暮らしを楽しむ秘訣などをユーモラスに語りかける爽やかなエッセイ集―― 原本カバーより ――
51 阿川佐和子のアハハのハこの人に会いたい 2 阿川佐和子 文藝春秋 目録
  • 北野武は、バイク事故のあと自殺を考えていた。松坂大輔は、延長十七回の激闘が終わってもテレビ映りを気にして、涙を流さなかった。吉永小百合は早明戦の帰り道、早稲田が負けた悔しさにガードレールを蹴飛ばした――豪華ゲストの意外な素顔をアガワが暴く。『週刊文春』好評連載から選りすぐられた、文庫オリジナル第二弾!―― 原本カバーより ――
50 空耳アワワ 阿川佐和子 中央公論新社 目録
  • 喜喜怒楽楽、ときどき哀。オンナの現実胸に秘め、懲りないアガワが今日も行く――! 私はここまでひどくない、とあなたの心が軽くなる!? 読めば吹き出す痛快無比の「ごめんあそばせ」エツセイ。―― 原本カバーより ――
49 タタタタ旅の素 阿川佐和子 文藝春秋 目録
  • 涙が出るほどの苦労を味わった後の充実感、旅先で見つけた世にも可愛らしい仏様、ホテルの備品を手に入れてしまう辛さ。幼い頃の冒険譚や、父と喧嘩して裸足で決行した家出もあわせて、予定通りにいかないからこそ、旅は楽しい! すぐにでも旅に出たくなるエピソード満載、大人気アガワの爽快エッセイ集。     解説・三谷幸喜―― 原本カバーより ――
48 けっこん・せんか 阿川佐和子・檀ふみ 文藝春秋 目録
  • 友情を結んで二十余年。ご存じ“愛と罵倒”の名コンビが、結婚、オトコから家族、仕事、はたまた焼肉のことまで俎上に載せて丁々発止と渡り合う。ときには故・遠藤周作、大浦みずき、関川夏央、山口文憲、福田和也、檀バジル(ふみさんの愛犬)、野坂昭如氏ら豪華ゲストも交え、話は思わぬ展開に!?痛快無比、抱腹絶倒の対談・座談集。―― 原本カバーより ――
47 ああ言えばこう(嫁)行く 阿川佐和子・檀ふみ 集英社 目録
  • ご存じ名コンビの抱腹絶倒の往復エッセイ第二弾。さらにパワーアップした今回のテーマは「旅」。ふたりの波瀾万丈の珍道中と胸のすく「悪口」の応酬。お見合い相手のリサイクル(?)から中国雲南省に忘れたパンツまで、話題はやっぱりどんどん脱線し、向かうところ敵なしのおもしろさ。巻末にTVでもおなじみの野坂昭如氏を迎えた文庫オリジナルの大爆笑鼎談を特別収録しました。―― 原本カバーより ――
46 ああ言えばこう食う 阿川佐和子・檀ふみ 集英社 目録
  • 「口から生まれた双子座」のダンフミと「天然の饒舌」アガワサワコ。二人の才女がくりひろげる、辛辣でセキララでユーモア溢れるやりとりの数々。「食」をテーマに始まった往復エッセイはどんどん脱線し、人生の森羅万象を抱腹絶倒の喜劇に変える。女同士の友情に満ちた罵倒のなんと心地良いことか。第十五回講談社エッセイ賞受賞作。名コンビの生みの親(?)五木寛之氏との特別鼎談も収録。―― 原本カバーより ――
45 どうもいたしません 檀ふみ 幻冬舎 目録
  • 飛行機の中では「コンノミサコ」に間違えられ、旅先のウィーンでは、「切符もとむ」と大書したボール紙を持って物乞いをするはめに………。仕事に精を出せば、現場で監督に「あめおんな」と忌み嫌われ、髪結のおばちゃんには、誤ってゴキブリ・スプレーを吹き付けられる始末。怒っては書き、泣いては書いた、思わず吹き出す体当たりエッセイ70編。―― 原本カバーより ――
44 人生の落第坊主 '04年版ベスト・エッセイ集 日本エッセイスト・クラブ 文藝春秋 目録
  • 才能がありながら“役に立たない頑固さ”ゆえ世に埋もれた人々へ思いを馳せる表題作(池内紀)をはじめ、2003年に各紙誌に発表された珠玉のエッセイ59篇を収録。佐藤愛子、篠田正浩、角田光代、石田衣良、三浦哲郎各氏のほか、学者、経営者、落語家、そして家庭の主婦など、文筆のプロ・アマを問わない多彩な執筆陣も魅力。―― 原本カバーより ――
43 まだふみもみず 檀ふみ 幻冬舎 目録
  • 大好きなイギリス、初舞台を踏んだオーストラリア、赤毛のアンのカナダなど外国での異文化体験。正月、節分、日本ならではの四季の喜び。誰にも言えなかった恋の話。能古島での父・檀一雄との別れ……。振り返るたびに顔が赤くなる、でもどこか切ない「出会いと別れ」の思い出をしっとりと、ユーモラスに描く好評エッセイ、待望の文庫化。―― 原本カバーより ――
42 ありがとうございません 檀ふみ 幻冬舎 目録
  • 子どもの頃「どうぞ私をいい子にしてください」と毎晩神様にお祈りをして父・檀一雄に気味悪がられ、大人になってからも、銀行で自分のカードの暗証番号がわからず、警備員に尋ねて呆れられる……。女優・檀ふみが懐かしい思い出や身近で起きた出来事を、ユーモラスに綴るエッセイ集。読んでいるうち にじわじわと心が和む作品全68編を収録。―― 原本カバーより
41 マンボウ恐妻記 北杜夫 新潮社 目録
  • 文学を志し、家庭は顧みず、結構モテて、わがまま放題。そんな夫にも優しく尽くす、十歳年下の若い妻。ハンブルクで出会って結ばれた二人の新婚生活は、圧倒的な亭主関白モードで始まる。しかし躁病をきっかけにエスカレートした夫の蛮行には妻もブチ切れ、ついに大逆襲に――。淑やかだった妻を鍛えた、壮絶なる四十年の結婚生活を回顧する、愛情エッセイ。『マンボウ愛妻記』改題。―― 原本カバーより ――
40 運のつき 養老孟司 新潮社 目録
  • 鬼畜米英で育ち、安保闘争、大学紛争の嵐を経験した著者は、戦争か平和か、非常か日常かと真剣に考えつめて<日常>を選んだ。学問をすることは飯を食うのと同じ、それを証明しよう。こう決意し、人生の目的は東大で教えることではなく、ちゃんと生きることだという結論に至った……「死、世間、人生」をずっと考え続けてきた養老先生の、とっても役立つ言葉が一杯詰まっています。―― 原本カバーより ――
39 青春を山に賭けて 植村直巳 文藝春秋 目録
  • 家では手伝いをなまけ、学校では手のつけられないひとりのイタズラ少年が、大学へ進んで、美しい山々と出会った。――大学時代、ドングリとあだ名されていた著者は、無一文で日本を脱出し、ついに五大陸最高峰のすべてに登頂する。大自然の中の「何か」に挑まずにはいられなかった、その型破りの青春を語り尽くした感動篇。―― 原本カバーより ――
38 酔生夢死か、起死回生か。 阿川弘之・北杜夫 新潮社 目録
  • 「阿川さんの、その背広、いいですね」「そうですか。何のいやがらせです、こんどは?」若い頃からの知己であった二人にもはや遠慮はない。共に旅した海外の珍道中、作家仲間との楽しき日々、互いの家族も巻き込んでの騒動と、懐かしく心騒ぐ想い出は、語り尽くそうとも尽くせない。エピキュリアン阿川氏とペシミスト北氏の、若い者にはちょっと真似できない話術が冴える、抱腹絶倒対談集。―― 原本カバーより ――
37 マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと ジョン・グローガン 早川書房 目録
  • 子育ての練習にと新婚カップルのジョンとジェニーがひきとった、クリーム色の仔犬。頭がいいと言われるラブラドール・レトリーバー を選んだはずが、みるみる大きくたくましく育ってやんちゃなバカ犬 に……。落ちているものは何でも飲み込んでみる、網戸は破って出入りしなきゃ気がすまない。大好きな人間はいつでも体当たりとよだれ で大歓迎!  傍若無人なエネルギーとでかい体で数々の騒動を引き起こすマーリーに、夫婦は振りまわされっぱなし。それでも、待ち望んだ出産、子育て、転職と、人生の転機を支えあって乗り越えていく二人に、マーリーは大切なことを教えてくれた―― ささやかな無名の作品として登場し、読者や書店員から愛されてじわじわと全米ベストセラーに登りつめた名作エッセイ。―― 原本カバーより ――
36 海軍こぼれ話 阿川弘之 光文社 目録
  • なぜ負けた  大蔵省は海軍省  人のいやがる軍隊に  坊さんパイロット  ネルソンと東郷  海軍糞尿譚  航空母艦の幽霊女たちの大東亜戦争、…… 徴兵されて陸軍に入隊することを危惧して、海軍を志願した著者が、名著『山本五十六』 『軍艦長門の生涯』には書けなかった海軍を、豊富な体験を基に人間味たっぷりに描く、“わがネイビー賛歌”。―― 原本カバーより ――
35 絵はがきにされた少年 藤原章生 集英社 目録
  • 「暴力は風のようだ。雪のようには来ない」砂塵のように消えゆく運命の、名もなく貧しき人々が、生きた軌跡を、残した言葉を、筆者は温かい目で掬いあげ、揺らがない視点で記す。アフリカ特派員として、5年半を費やした取材の結晶。ーー 原本帯より ーー
34 マンボウ周遊券 北杜夫 新潮社 目録
  • 大海原をたゆとうマンボウのように、時には喧噪の街を離れて、のんびりと旅に出よう――。飛行機に乗れば荷物は消え、汽車に乗れば閉じこめられ、車で走ればエンコする。ヨーロッパ講演旅行(狐狸庵・遠藤周作らと)、ソ連作家同盟の招待旅行(奇態な宇宙人・星新一らと)、マダガスカル旅行(乗物狂・阿川弘之と)など、マンボウとそのおかしな仲間たちの珍談奇談あふれる愉快な旅。ーー カバーより ーー
33 北八ガ岳 黒百合ヒュッテ 山小屋物語 米川正利 山と渓谷社 目録
  • 黒百合ヒュッテと名前は洒落ているが、初めは粗末な小屋だった。それから30余年、今では立派な山小屋になり、小屋のあるじも北八ガ岳に相応しいおやじになった。その彼が書いた山に住む動物達、訪れる登山者との交流など温かみのこもった山暮らしの記録。ーー 紹介文より ーー
32 女ひとりの北アルプス 更年期を乗り越えて歩いた山 石井昭子 恒文社 目録
  • 山歩きでストレス知らず!/ 体調不良の時もあるけれど、頂に立てば展望絶佳、雲海上の縦走路は気分爽快の稜線散歩。 健康維持と体力アップ、心身ともに一石二鳥の悠々山行記。ーー 原本帯より ーー
31 コバンザメ登山家 フン戦記 安藤洋子 白山書房 目録
  • 「俺は山に登るぞ!」突然、夫が言った。さすがに不惑の人のお言葉。それ以来、忙しい仕事の合間をぬって夫は猛然と山登りにダッシュしていった。そしてある日、「残雪期の山は最高にきれいだぞ。おまえも行かないか」とのたまわった。私も怖いものなしと世間で恐れられる中年おばさんまっ盛り。「あっ、行きたい行きたい」と二つ返事で参加したのだった。こうして怒涛のコバンザメ登山は始まった。命からがら烈風をついて安達太良山へ、猿の遺伝子が目覚める表妙義山へ、ついには、西穂〜奥穂縦走から雪の北八ツ単独行まで果たしてしまうコバンザメ登山家の喜怒哀楽物語。―― 原文カバーより ――
30 暗鬼 井沢元彦 新潮社 目録
  • 徳川家康の妻が、子を生んだ。今川義元の人質だった幼少のころに、家康は子種を絶たれており、生まれるはずのない子だった。しかも、妻は義元の情人だったことがある、という噂も囁かれているーー家康のわが子への憎しみは、年月とともに大きく膨れあがり、遂には、見事な若武者に育った信康を自刃に追い込むのだが……。戦国の世に生きる、権力者たちの不安と苦悩を描く7編。ーー 原文カバーより ーー
29 雲の上の診療所 慈恵医大槍が岳診療所四十五年の記録 大森薫雄 いしずえ 目録
  • みなさんは、北アルプスの名峰・槍が岳山頂直下に、山岳診療所があるのをご存知だろうか?ーー  海抜3060メートルの高所にである。 その診療所の正式名称は「東京慈恵会医科大学病院付属槍が岳診療所」という。 この間、診療所は、数えきれぬほど多くの登山者の尊いいのちを救い、また、高所医学の研究成果も挙げてきた。 診療所を支えた医師と補助員、看護婦たちにとってその歳月は、まさに生と死とのたたかいだったと言ってよい。 苦節の半世紀と言いかえてもいいだろう。 そしてたたかいは、いまなおつづいている。ーー 本文より抜粋 ーー
28 山が家族を育ててくれた−中島誠之助ファミリーの山歩きと子育て奮戦記− 中島誠之助 山と渓谷社 目録
  • 「ふたたび、家族で山遊び」青春時代に歩きまわった南アルプスや会津の山々、三人の子供たちを育てた八が岳の連山。思い出はすべて山旅にかさなるが、子供たちがわが家を巣立っていったあと、私はしばらくの休憩をした。 私を山に呼び戻したきっかけは、………… ーー 本文より抜粋 ーー
27 女子高生・汗と涙の初登頂 立川女子高校山岳部 未踏峰コングールW峰への挑戦 高橋清輝 大日本図書 目録
  • 「ここがピークだぞ!」わたくしは、重装備の登はん用具を身につけ、あえぐように、しかし確かな足どりで一歩、また一歩と、順次登ってくる、まだ十代半ばの若き女子隊員たちに声をかけました。 一九九五年(平成七年)八月十二日、十二時四五分、わたくしたち、立川女子高校山岳部・第七次海外遠征登山隊は、夢にまで見たコングールW峰六、六五0メートルのピークに、世界で初めて立つことができたのです。でも、その道のりは ……。ーー 原本カバーより ーー
26 山がくれた百のよろこび 山と渓谷社編 山と渓谷社 目録
  • 山好き著名人、有名登山家137人が綴る山登りの魅力/ 出会った人々との触れあい、何が自分を山に引きつけるのか、山に逝った人への思い‥‥‥。 山登りによって得られるさまざまな「よろこび」や、山でひろったちょっといい話など、百人百様の登山賛歌を思い思いに綴ったショートエッセイ集。ーー 広告の紹介文より ーー
25 るにんせん 團紀彦 新風舎 目録
  • 鳥も通わぬ八丈島は昔のものとなった。歴史を感じさせるものがあるとすれば、それは流人たちの積んだ玉石垣や、石に刻まれた苔むす墓標といったものだが、其れも時おり目にする遺構に過ぎない。しかし、この島はそれとは別に過去とのつながりを強く暗示させるものを持ち続けている。ーー 原本カバーより抜粋 ーー
24 西国33か所 ガイジン巡礼珍道中 クレイグ・マクラクラン 小学館 目録
  • 「失われた日本」を求めて、ガイジン二人が西国33か所巡礼の旅にでました。真夏のうだるような熱さに耐えながら紀伊半島の山々を歩いて越え、やがてママチャリお遍路へと姿を変えて、京都・大阪を疾走します。そしてなんと23日間で成し遂げたドタバタ珍道中。 日本を心から愛するニュージーランド人クレイグ・マクラクランの、ユーモアあふれる、爆笑 日本の旅シリーズ第4弾です。ーー 原本カバーより ーー
23 尾瀬をまもる人びと 長蔵小屋の三代 後藤充 大日本図書 目録
  • 美しい自然が太古のままに残されて、世界の自然環境の宝庫といわれる「尾瀬」。その尾瀬にすみ、尾瀬を拓き、尾瀬を環境破壊や無用な開発からまもった長蔵小屋の三代の男。平野長蔵・長英・長靖の父子孫三人のそれぞれの生き方は、環境問題のバイブルといわれる「尾瀬」を考えるとき、尾瀬の将来だけでなく、自然に人間がどう接するべきなのかを教えてくれます。平野長靖と沼田高校同級生だった著者が、悲劇的な遭難死を遂げた級友に、痛切な哀悼をこめて贈る書。ーー 原本カバーより ーー
22 還暦からのニッポン脱出 小川律昭 岩波書店 目録
  • 老いてますます元気のコツ! 海外旅・生活のヒント 45/定年過ぎたらアメリカ・日本と股にかけ、言葉もロクに話せないのに世界各地を駆け巡る。元気のない日本に未練はないのだ!ーー 原本カバーより ーー
21 ボス」と慕われた教師 学校作りは石狩で、カンボジアで 小山内美江子 岩波書店 目録
  • <感動的なノンフィクション>定年後の熱い「青春」、魅力あふれる教師像/ 人気テレビ・ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系、1978〜)の脚本家である著者率いる、カンボジアに学校を作るボランティア活動。そこえ、校長を定年退職した一人の男が北海道から飛び込んできた。炎熱の異国に彼を駆り立てたものは何か。若者たちとの活動の中で輝いた定年後の「青春」とは? そして現職時代に小・中学校の教師として誰からも「ボス」と慕われたその魅力とは何だったのか。その早すぎた死への哀惜を込めて描く感動的なヒューマン・ドキュメント。 ーー 原本カバーより ーー
20 続々なんで山登るねん−わが自伝的登山論 高田直樹 河出書房新社 目録
  • 山に始まり山に還る 自伝的登山論の決定版。/ 「登山者を眠らせ八方尾根に雪降りつむ」 「メスナーは猫型クライマーとちゃうやろか」 「麻薬的魅力のない山登りやバイクなんて……」 「われらが『黄金の御殿』の夢は墓標となって」 「神さんや物の怪や芝やんの霊がすんでいる山の中」 「時は移り小屋は遷る 今見る剣は諸行無常の山」……。まだまだ、もっともっと読み続けていたい。ーー 原本カバーより ーー
19 続・なんで山登るねん-わが自伝的登山論 高田直樹 河出書房新社 目録
  • オリジナルな創意工夫 自伝的登山論の決定版。/ 酒の飲み方とともに人生を教えてくれた我が師のこと、自分なりの判断を下せん奴に山登りの面白さは分からへんこと、「連れて帰った」のでわなく「生きて帰った」ことの意味、初めてのバルトロ街道“あの”メスナーとの道行きの思い出、よその隊のポーター頭に助けられた高田式現地人交際法…。世代を越えた支持を得てベストセラーになった前著のつづき。ーー 原本カバーより ーー
18 なんで山登るねん-わが自伝的登山論 高田直樹 河出書房新社 目録
  • 自然と人生のバイブル 自伝的登山論の決定版。/ スミさん、セキタ、小川はん、星やん、A子さん・・・。北山、白馬岳、剣岳東大谷G1、屏風岩第一ルンゼ、コーカサス・・・。源流のガヤガヤ、食いのばし、フィックスド・アイデア・・・。京都生まれの著者が、京都で育ち学び教え、そして登る過程でユニークに「山」を省察する、青春の書にして文明批評の書。中高生から主婦層にまで絶大な支持。  ーー 原本カバーより ーー
17 血の日本史 安部龍太郎 新潮社 目録
  • 反乱、暗殺、裏切り、虐殺、謀略。栄耀栄華を極めた者は、明日は無残な敗者となった。 長屋王、平将門、千利休、田沼意次、坂本龍馬、西郷隆盛ら、時代の頂点で敗れ去った悲劇のヒーローたちの人間ドラマを、気鋭の時代小説作家が生き生きと描きだす。大和時代から明治維新まで、千三百年にわたるわが国の歴史を四十六の短編小説によって俯瞰する、新しい《日本通史》の試み!  ーー 原本カバーより ーー
16 父と娘のパラサイト・シングル 三浦朱門・さらだたまこ ベストセラーズ 目録
  • “パラサイト・シングル”が象徴する新しい家族のあり方と行く末は? けっこんもせずいつまでも親の庇護から離れないで暮らす娘たちを“パラサイト・シングル”と呼ぶ。わが国の少子化や家族崩壊の元凶であると問題視される一方で、この言葉によって、男社会のなかでたくましく生きている健気な女性たちの心の内面に光が当てられた。 二人の作家が仮想の父娘として、それぞれ当世パラサイト・シングル事情を多面的に取材・討論し、21世紀の新しい親子関係や家族像を探った。  ーー 原本カバーより ーー
15 ホンモノの日本語を話していますか? 金田一春彦 角川書店 目録
  • 日本語にはかなわない! 国語学を究めて60年の著者が教える、おもしろくてためになる日本語の知識。  日本語の先生が明かす「言葉」の魔法。身近な言葉に秘められた力。発見がおもしろい、読むだけで自信がつく、究極の日本語教室。  ーー 原本カバーより ーー
14 戦場の衛生兵 武田貞太 文芸社 目録
  • 『日本軍隊の敗戦の一断面として、この本を戦争を知らない世代の方々に読んで欲しい』(著者)  太平洋戦争時、工兵隊付衛生兵として中国〜インドネシア戦線に従軍した著者が、その戦場体験を俳句とともに書き綴る。  ーー 原本カバーより ーー
13 三宅島 今様流人ぐらし 地震 噴火 避難 村榮 文芸社 目録
  • 噴火の下で三宅島賛歌  火を噴いた三宅島の四季哀感、惜別、情愛、小さな島にも様々な生活がある。古くから流刑の地であった三宅島に移り住んだ筆者が綴る島の叙情。  ーー 原本カバーより ーー
12 羆嵐 吉村昭 新潮社 目録
  • 北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起こった。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨をかじる不気味な音……。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。 ーー 原本カバーより ーー
11
王家の谷 原題『TUT−ENCH−AMUN』 オット・ノイバート 法政大学出版局 目録
  • 古代エジプト発掘の物語、母なるナイルのほとりを見わたす文明紀行として定評ある好著。幾多の発掘に秘められたエピソードを語り最古の文明の様相を詳細に描きあげる。1922年の画期的な事件、テーベのツタンカーメン墓陵「王家の谷」の発掘に立ち会った唯一の生存者として、作業の過程を感動的な筆致で記録し、古代の歴史と文化、人間の生と死、権力の栄枯盛衰を考える。5000年の時間を経て陽光の下に現れる王国が私たちに語りかけてくるものは何か。「王家の谷」の存在を世界に知らせた傑作。
10
よみがえる高校 河野啓 集英社 目録
  • 報道特集<TBS系> 「学校とは何か?」で感動の嵐!! 登校拒否や中退者などの“落ちこぼれ”と呼ばれる生徒たちを受け入れてきた ある私立高校の12年にわたる闘いの記録。ーー 原本カバーより ーー
玉砕 小田 実 新潮社 目録
  • 太平洋戦争末期の南洋の島 ーー 人は何のために戦っていたのか? 戦後派作家・小田実が初めて挑戦したギョクサイという極限状況の人間の存在.島のガイドがジャングルのなかに突き出た岩山を見上げながら、あそこには面白い話があると、彼が案内して来た日本人に言った。 自分はまだそのときには生まれていなかったから実際のことは何ひとつ知らないのだが、この島で日本軍の「ギョクサイ」の戦闘があったとき、本島で娼婦だった日本人の女が守備隊兵士の恋人を追って来た。 「ギョクサイ」のいくさが始まるまえか、始まってからのことか、判らないが、とにかく彼女は禁をおかしてやってきて、あの山のつい下の洞窟に恋人といっしょに隠れた。 恋人はそこで死ぬのだが、恋人が死んだあと、彼女は自分で銃をとってたたかい始めた。 ーー本書カバーより ーー
ダンプ、山を行く ある山男の自画像 高橋和之 山と渓谷社 目録
  • 私のダンナ様、ダンプさんが長い間ワープロに向かっておりました。私より繊細な人なので、どんなことを書いているのか読んでやってください。今井通子
     「山登りをする男の人って、素敵だわ」 大家の娘さんのこの一言で山と出合い、そこで産経新聞社の山口さんと出会った。そして、今の仕事が始まり、大勢の仲間たちができ、通子とも出会った。山と出会うまでの私は、若者らしい夢も、希望もなかった。自転車で配達する自分の姿が恥ずかしく、中学当時のクラスメートに出会うことを恐れ、いつもビクついていた。私は劣等感の固まりのような少年だった。(本文より) ーー 原本カバーより ーー
山は私の学校だった 今井通子 山と渓谷社 目録
  • 女房 通子が書きました。ふたりの出会いや、夫婦の山登りのことなど、私の『ダンプ、山を行く』と読み比べてもらえたら幸いです。 高橋和之----- 私には、今でも苦手な質問があります。「なぜ山に登るのですか?」などなどです。なぜと問われると、「マロリーはそこに山があるからといったそうですが、私にとっては、山は故郷です」と答え、出会いは、と聞かれると「物心つく前からなのでいつからかは覚えていません」と返事するようにしているのですが、前記のように、スキーについてはその初体験時のことからその後のこともはっきり覚えています。ということはそれほど印象深かったということになりますが、登山については、まったく印象がなく、たとえば覚えているのは、箱根の金時山に登ったときのことくらい。    (本文より) ーー 原本カバーより ーー
一人になった繭 澤地久枝 文藝春秋 目録
  • 様々な場所へ行き、様々な人と会うけれど、人間はいつも安らぎを求めて「一人の繭の中」に帰っていく。子供時代を過ごした満州の思い出、海外や日本各地への旅、三度の心臓手術。そして肉親やかけがえのない人たちとの出会いと別れ。女性の一人暮らしの作法、女の本音を情感こめて綴った珠玉のエッセイ集。 ーー 原本カバーより ーー
砂の界へ 岸恵子 文藝春秋 目録
  • チャドル(黒衣)の女の子や夫は朝露広場で赤いチューリップに、なった。/ 黒い大河の炎熱のほとりで私は一粒の砂に、なった。(岸恵子)  白昼のパリ市内で起きたイランの将軍暗殺事件に触発されて、著者は女ひとり旅で戦時下のイランに入っていく。チャドルならぬ懐かしの“真知子巻き”でめぐる殉教の国。戦争のむごたらしい傷跡を直視し、イスラム世界の不可解さに肉薄する。難行苦行の旅・ナイル河遡行記と共に二つの鮮烈ノンフィクション。 ーー 原本カバーより ーー
30年の物語 岸恵子 講談社 目録
  • 私の心にパリが刻んだ光と影/ 影絵の中のジャン・コクトオ/ オマージュ(追悼)/ 輪舞の外で/ ラスト・シーン/ シャタン(栗毛色)の髪の青年/「君はヴェトナムで何も見なかった」/ 影を失くした男たち/ 女の不思議/ 女のはったり/ 遊覧船/ 夜を走る影/ ホームレスと大統領 ーー 原本カバーより ーー
落ちこぼれてエベレスト 7大陸最高峰世界最年少登頂 野口健 集英社インターナショナル 目録
  • 植村直巳の本に出会った落ちこぼれの少年は、10年後、世界最年少で7大陸の最高峰に登っていた。落ちこぼれから冒険家へ。野口健、25年間の闘い。/ 夢枕獏氏 絶賛!! いつも背伸びをしていればいつかは背が伸びる。/人生で一番大きなバネになるのは敗北である。失敗や挫折を自らの力となせる人は少ないが、野口健はその少ない人間の一人であろう。さらに書いておくならば、敗北よりおそろしいのは、満足してしまうことである。 さらなる次の頂をどこに見つけるのか。野口健の今後を、熱い視線で見守りたい。 ーー 原本カバーより ーー
空飛ぶ山岳救助隊 ヘリ・レスキューに命を懸ける男、篠原秋彦 羽根田治 山と渓谷社 目録
  • “山に登れる営業マン募集” この小さな新聞広告からすべては始まった。大好きな山で仕事ができる、ただそれだけの理由でヘリ会社に入った篠原秋彦は、山小屋への物資輸送のかたわら、試行錯誤を繰り返しつつ、空からの遭難救助法を確立していく。ーー 原本カバーより ーー
さわやかに山へ 田部井淳子 東京新聞出版局 目録
  • 人生楽しまなくちゃ! ハツラツと、軽やかに、山を歩こう。田部井淳子が語りかける自然の中での、出会い、感動、やすらぎ。 ーー 原本カバーより ーー

点字図書書棚