点字図書書棚へ

彩文庫

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック
時代小説
→ここへ 
文庫本
→ここへ

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
  文庫
71 火花 又吉直樹 文芸春秋 目録
  • 第153回芥川賞受賞 天才肌の先輩芸人と出会ったとき、すべては 始った。−−原本カバーより−−
70 マラソン中毒者(ジャンキー) 小野裕史 文芸春秋 目録
  • 35年間運動ゼロから、北極、南極、ゴビ、サハラ、アタカマ砂漠などの《ヘンタイレース》を次々と完走した男の体験記。−−原本カバーより−−
69 社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! ちきりん 大和書房 目録
  • 世界はすでにつながってしまった。−−原本カバーより−−
68 間抜けの構造 ビートたけし 新潮社 目録
  • ”間”の取り方で世界は変わるー。 漫才、映画、会話、そして人生〜、この世で一番大事な ”間”の話。−−原本カバーより−−
67 三谷幸喜のありふれた生活 11 新たなる希望 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • これまでの僕の人生で、生まれた年の次に重要な1年だった。 人生初の一人暮らし。老犬・とびとの穏やかなひととき。そして、20年ぶりの小説(「清須会議」)執筆に頭を悩まされ・・・。 −−原本帯より−
66 誘拐 五十嵐貴久 双葉社 目録
 ・警視庁(捜査1課特殊捜査班)vs頭脳犯 超密な犯罪計画に翻弄され、難航する調査の果てにあるのは・・・ 超驚の警察小説!!−−原本カバーより−−、
65 三谷幸喜のありふれた生活 10 それでも地球は回ってる 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
64 治りませんように −− べてるの家のいま 斉藤 道雄 みすず書房 目録
  • ただ治そうとする生き方をやめ、病気のなかで、それとともに 生きることを受け入れるとき、病気は重い荷物から宝へと姿を変える。 べてるからのメッセージ。−−原本カバーより−−
63 これからの「正義」の話をしよう   マイケル・サンデル 早川書房 目録
  • いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル  これが、ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る名講義。−−原本カバーより−−
62 三谷幸喜のありふれた生活9 さらば友よ 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • ニューヨークでのミュージカル初公演、初日から千秋楽まで。動物たちとの愛おしい日々、老猫おっしーの最期。人気脚本家のユーモラスオかつ心に響く名エッセー −−原本帯より−−
61 制服捜査 佐々木譲 新潮社 目録
  • 直木賞受賞 札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた 大移動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。・・・ (以下略)−−原本カバーより−−
60 半島へ、ふたたび 蓮池 薫 新潮社 目録
  • 新潮ドキュメント賞受賞! 初めて訪れたソウル。初めて明かす、北朝鮮、拉致への思いー。−−原本帯より−−
59 三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 体を張った映画の宣伝活動、1万人の前でリコーダー演奏、15年ぶりに伝説の劇団が復活、挑戦をやめない、人気脚本家の刺激的な日々!東京サンシャインボーイズ、メンバー12人の特別座談会収録朝日新聞の名物連載第8弾!−−原本帯より−−
58 「信濃デッサン館」「無言館」遠景−赤ペンキとコスモス− 窪島誠一郎 清流出版 目録
  • 父・水上勉とすごした信州の日々、経営する美術館のこと、そして、あの忌まわしい赤ペンキ事件・・・。菊池寛賞受賞作家が綴る珠玉の最新エッセイ集。−−原本帯より−−
57 三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 仕事三昧の日々!自転車で映画のロケハン 僕って「雨男」だったの?さすがは本物、市川崑監督 映画「ザ・マジックアワー」の舞台、幻の港町、守加護が甦る。種田陽平さんのデザイン画をカラーで収録。朝日新聞の名物連載、第七弾!−−原本帯より−−
56 徒然王子 第一部 島田雅彦 朝日新聞出版 目録
  • 朝日新聞好評連載の第一部、堂々刊行/2千年の歴史を駆け抜け日出ずる国へ、ふたたびカウンターカルチャー時代を予見する空前絶後の冒険ファンタジー −−原本帯より−
55 愛蔵版 花おりおり 湯浅浩史 朝日新聞社 目録
  • 初出 朝日新聞朝刊「コラム」2001年5月1日〜2002年4月30日/読んでおもしろい見て楽しい 身近な草木たち−−原本帯より−−
愛蔵版 花おりおり その二 湯浅浩史 朝日新聞社
  • 初出 朝日新聞朝刊「コラム」2002年5月1日〜2003年4月30日掲載/ 知と癒しのベストセラー 待望の続巻 オールカラーの植物エッセイ−−原本帯より−−
愛蔵版 花おりおり その三 湯浅浩史 朝日新聞社
  • 初出 朝日新聞朝刊「コラム」2003年5月1日〜2004年4月30日掲載/ 知と癒しのベストセラーシリーズ 最新刊 オールカラーの植物エッセイ−−原本帯より−−
愛蔵版 花おりおり その四 湯浅浩史 朝日新聞社
  • 初出 朝日新聞朝刊「コラム」2004年5月1日〜2005年4月30日掲載/ 知と癒しのベストセラーシリーズ 最新刊 オールカラーの植物エッセイ−−原本帯より−−
愛蔵版 花おりおり その五 湯浅浩史 朝日新聞社
  • 初出 朝日新聞朝刊「コラム」2005年5月1日〜2006年3月31日掲載/知と癒しのベストセラーシリーズ 完結巻 オールカラーの植物エッセイ 全巻総目次収録−−原本帯より−−(点字版付録「花名総索引版」作成)
54 一人二役 河本準一 ワニブックス 目録
  • 同級生、オダギリジョーさんも絶賛/ この本の値段には、爽やかな気持ちになれる代金も含まれています。そして読み終えた時、夢を応援できた微かな満足が付録になっています。−−原本帯より−−
53 母と旅した900日 王一民 ランダムハウス講談社 目録
  • 中国最北端からチベットまで3万キロ 99歳の母をリヤカーに乗せた自転車が走る この世で最後の母と息子の旅〜 中国全土が涙した感動のノンフィクション −−原本帯より−−
52 三谷幸喜のありふれた生活6 役者気取り 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 泥酔して階段で転倒? 女優さんと初スキャンダル? 特殊メークで老人体験、ドラマ仕立てのCMに初主演、ちょび髭で名匠の映画に登場 人気脚本家の奇想天外な日々!朝日新聞好評連載の第六弾!−−原本帯より−−
51 刑場に消ゆ 点訳死刑囚ニ宮邦彦の罪と罰 矢貫隆 文芸春秋 目録
  • 13年間に1500冊もの点訳書を仕上げた死刑囚ニ宮邦彦極刑を申し渡された人間の孤独な心に迫る渾身のノンフィクション  一巻しか送れなかった最後の点訳書。ドストエフスキーの『罪と罰』だった。−−原本 帯より−−
50 荒野にネコは生きぬいて G.D.グリフィス 文研出版 目録
  • ・・・たんたんとネコの生涯をえがいていく。・・・ 最後のネコの死は動物のもつ悲しい運命をえがいて胸にせまる。−−本文 あとがきより−−
49 日本人への遺言 城山三郎、高山文彦 講談社 目録
  • 「正しい人」を身よ。硬骨の老文士が最晩年 子の世代の作家に伝えた戦争と文学と人生のすべて「初公開」対談−−原本帯より−−
48 世界の日本人ジョーク集 早坂隆 中央公論新社 目録
  • われわれは、世界中でこんなネタになっている。/世界から憧憬の眼差しが注がれる経済大国? 物真似上手の会社人間? 地球各地で収集したジョークの数々を紹介しつつ、真の日本人像を描き出す。笑って知って、一冊で二度おいしい本−−原本帯より−−
47 モッタイナイで地球は緑になる ワンガリ・マータイ 木楽社 目録
  • 私たちは、このアフリカからいらした一人の女性を通して、もう一度”もったいない”という日本語の重要さ、すばらしさぬ気付きました。ーー 小池百合子 環境大臣−−原本帯より−−
46 昭和の墓碑銘−−新潮新書155 週刊新潮編 新潮社 目録
  • 創刊50周年を迎える『週刊新潮』の中で、「墓碑銘」は昭和49ねんから始まり現在までも続く人気の連載コラムである。平成17年までに取り上げた物故者はざっと1500名を下らない。−−原本注より−−
45 三谷幸喜のありふれた生活5 有頂天時代 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 古畑、新撰組との淋しい別れ、3本目の映画を監督、大河ドラマで役者デビュー 人気脚本家は、あいかわらず超多忙 とびの大出血に パソコンのウイルス感染と、プライベートでも波瀾万丈な日々!交流のある俳優たちの横顔を描いた文章も収録 朝日新聞好評連載の第五弾!−−原本帯より−−
44 三谷幸喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 結婚指輪を紛失!? 腰の激痛で脚本降板!? さらには、居酒屋での支払いが・・・ ハプニングばかり続くなか、いかに人気脚本家は大河ドラマを乗り切ったのか?和田誠×清水ミチ子の特別対談を収録 朝日新聞好評連載の第四弾!−−原本帯より−−
43 県庁の星 桂 望実 小学館 目録
  • サラリーマンも身につまされる役人意識構造改革ストーリー自分がなにをした?どんなヘマをやったというんだ。なぜこんな目に遭わなきゃいけない。ここでなにが学べる?県民の食生活か?親が見たら泣くだろう。恥ずかしくて知り合いに見られたくない。小学校からずっと成績優秀、品行方正。期待の星だったのだ。−−原本 カバーより−−
42 クジャク砦からの歌声 北村けんじ 小峰書店 目録
  • 1947年(昭和22年)私が新米教師になったとき、世相は、焼け跡、闇市、物資不足、腹ぺこの廃墟でした。しかし戦時中の暗い閉そく感がふきとんだせいか、頭上に広がった青天井は底抜けに明るかったものです。−−本文 あとがきより−−
41 がばいばあちゃんの幸せのトランク 島田洋七 徳間書店 目録
  • 「結婚は、ふたりでひとつのトランクを引いてくようなもの。ひとりじゃ重くて運ばれん」駆け落ち、貧乏漫才修行、東京進出、栄光と挫折ー。どんなときも、ばあちゃんに励まされながら、律子夫人と歩んできた昭広の、爆笑と涙と感動の半世記。(絶好調シリーズ第三弾、書き下ろし)−−原本カバーより−−
40 ビートたけしの黙示録 ビートたけし 徳間書店 目録
  • 世直し暴言集 無能学者や無用文化人の山なすニッポン再生論は、全部ゴミの日に出しちまえ! 外交内政から芸能界までオイラが真の病巣を暴き、年寄りもガキも、オヤジもネイチャンも根性叩き直しちゃうぜ。話題と物議をかもした大毒舌集、ついに文庫化!−− 原本カバーより −−
39 プールで死者がよんでいる 木暮正夫 他 岩崎書店 目録
  • 学校でうまれたこわ〜い話たんなるうわさが、やがて恐怖へ・・・こわい話、ぶきみな話が11篇−− 原本帯より −−
38 がばいばあちゃんの笑顔でいきんしゃい! 島田洋七 徳間書店 目録
  • がばいばあちゃんおかわり!どんなときも楽しく生きる、これぞ人生の智恵袋。笑い溢れる貧乏暮らし。読めば人生がラクになる。ビートたけし、黒柳徹子、各氏絶賛!話題のロングセラー!−−原本帯より−−
37 クラウディア奇蹟の愛 村尾靖子 海拓舎 目録
  • 他人の不幸の上に私だけの幸福を築き上げることは出来ません。ここに、戦争によって人生を翻弄された一人の男と二人の女の物語がある。最悪の人生を課せられながらも、最高の愛の形を遂げたクラウディアの信念は、比類なき崇高さをたたえた手紙となって愛なき現代に届けられた・・・。−− 原本帯より −−
36 LONESOME 隼人 郷隼人 幻冬舎 目録
  • 終身刑で米国の刑務所に20年間暮らす歌人の魂の叫びーー。歌文集。望郷の思いを歌い続け「朝日歌壇」常連となり、「天声人語」で紹介された歌人郷隼人 初めての本。あの山の向こうに太平洋が在る 夕陽の彼方に日本が在る−−原本帯より−−
35 三谷幸喜のありふれた生活3 大河な日々 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 念願の大河ドラマに挑戦中!脂ののりきった人気脚本家、仕事尽くしのこの一年!朝日新聞好評連載の第三弾!−−原本帯より−−
34 三谷幸喜のありふれた生活2 怒涛の厄年 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 本番直前で主役が交代、 元気な母の入院、 大学時代からの友の死・・・津波のように押し寄せる難事件に立ち向かう人気脚本家の奮闘気!朝日新聞好評連載の第二弾!−−原本帯より−−
33 三谷幸喜のありふれた生活 三谷幸喜 朝日新聞社 目録
  • 妻は女優、2匹の猫と愛犬とび、仕事で出会う様々な人たち・・・人気脚本家の慎ましやかだがエキサイティングな日々!!朝日新聞に好評連載中−−原本帯より−−
32 佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七 徳間書店 目録
  • 昭和33年、広島から佐賀の田舎に預けられた8歳の昭広。そこでは厳しい戦後を7人の子供を抱えて生き抜いた「がばい」(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ・・・。黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作
31 板前修業 下田徹 集英社 目録
  • あなたも板前修業のエッセンスを誌上体験できる!料亭や名門旅館で腕を磨いた銀座の名板前が楽しく手ほどき。軽妙な口調で語られるのは、粋な料理の真髄と、知られざる板前の世界の真実。河岸の歩き方、道具のそろえ方、包丁のつかいかた、そして簡単で美味しい料理のレシピ・・・。−−原本カバーより抜粋−−
30 肉体不平等 石井正之 平凡社 目録
  • 「ビューティー・コロシアム」というテレビ番組が人気を集めている。素人が視聴者の前で大変身し、幸せそうな表情をみせる。この背景には、ファッション、メイク、美容整形などに示されている容姿への強い関心がある。多くの人は自分の顔と身体に不満を抱き、果てしのない美への競争に組み込まれていく。−−原本カバーより−−
29 聖餐 石原慎太郎 幻冬舎 目録
  • 元映画監督の健は性を売り物ににする風俗の世界に身を置き、それなりに実績を残していた。しかし突然、警察にあらぬ嫌疑をかけられ全てを失ってしまう。健は復讐を決意する。・・・石原文学の新たな到達点を示す問題作「聖餐」を含む小説集。−−原本カバーより抜粋−−収録=「聖餐」「山からの声」「海からの声」「空からの声」「沢より還る」「海にはすべて」
28 海を渡ったヒーローたち 本郷陽二 汐文社 目録
  • 収録 中村俊輔 稲本潤一 小野伸二 中田英寿
27 キツネとタヌキの大研究 人間との長くてふかーいつきあい 木暮正夫 PHP研究所 目録
  • もっとも身近な動物として、昔から神社にまつられたり、歌にうたわれたりしてきたキツネとタヌキ。その意外な生態から人間とのかかわりまでを興味深く描く。−−原本カバーより−−
26 泣いた赤おに−日本の童話名作選 浜田廣介 偕成社 目録
  • 鬼には生まれてきたが、鬼どものためによいことばかりをしてみたい、できることなら人間たちのなかまになって、なかよくくらしていきい・・・鬼同志のまごころがおりかさなってひびきあい、読者の胸深くにとどく「ひろすけ童話」の代表傑作です。−−原本カバーより−−
25 愛に撃ちぬかれし者 原田和広 幻冬舎 目録
  • 最初に断っておくが、これは、天使についての物語だ。信じようが信じまいが、それはあんた方の勝手だ。/やがて、一輝は、まるでその哀しみを癒すように、暖かいシロウの愛が、自らに慈雨の如く注がれてくるのを感じた。-- 原本カバーより抜粋 --
24 レイチェルと魔導師の誓い クリフ・マクニッシュ 理論社 目録
  • あふれくる魔法に、地球の子どもたちは覚醒した。いっぽう大魔女の星ウールの地中深く、暗黒の獣グリダもまた目覚めをむかえていた・・・。魔導師ラープスケンジャに続き、レイチェルやイェミまでが囚われの身となり、自身の<破壊の呪文>に戸惑うエリックは・・・そして<魔導師の星オリンフェン>の隠された真実とは?/めくるめくファンタスティック・アドベンチャー、 「レイチェル三部作」がついに完結。世界の読者が、同時に覚醒する!−原本 カバーより−−
23 レイチェルと魔法の匂い クリフ・マクニッシュ 理論社 目録
  • 闇の星イスレアをあとにして、地球へ戻ってきたレイチェルと仲間たち。しかし、魔女ドラグウェナは死のまぎわ、魔導師ラープスケンジャへの復讐を言い残していたー。レイチェルの体からあふれ出す新たな呪文たち、銀の髪をもつ少女ハイキとの対決、わな、策略、めくるめく魔法と魔法の戦い、そして魔法の匂いが地球上に満ちたとき、一体なにが起こるのか・・・/それぞれの想いを抱いて戦う少女たちのファンタスティック・アドベンチャー!世界中が待ち望んだ第2巻、いよいよ登場。−−原本 カバーより−−
22 レイチェルと滅びの呪文 クリフ・マクニッシュ 理論社 目録
  • 降る雪さえ黒い、暗黒の星イスレア。ここでは邪な魔法がすべてを支配する。魔女がつくりだした邪悪な生きもの、さらわれてきた子どもの奴隷たち、あらゆるものにこめられた呪文・・・。はたしてレイチェルは、この星を救う伝説の「希望の子」なのか?/異世界を舞台に、少女の冒険を壮大に描くファンタスティック・アドベンチャー。三部作の第一弾いよいよ刊行! −−原本 カバーより−−
21 童謡集 絲ぐるま 渡辺増三 交蘭社 目録
  • ・・・私は神戸の埠頭を去る時、親しく友の唇から叫ばれて今なほ懐かしく耳底に残ってゐる“bon voyage!”の言葉を、改めてこの船室から遠い羽前の山中の若き君の上に贈りたいと思ふ。多嘱、多嘱。  大正13年4月1日 賀茂丸船上にて  西 条 八 十 −−序文より抜粋−−/ 原本冒頭に中学制服姿の作者写真があり、3曲の楽譜が続きます。「絲ぐるま」「さくら雪」作曲中山晋平「夜あけの夢」作曲松島彝子
20 妻として母として女として 波多野勤子 小学館 目録
  • 本書は勤子ののこした文章のなかから、彼女の特質を示すものを選り出してそれをテーマ別にならべた。勤子は生涯にぼう大な量の文章を書いたが、書き下ろし以外のものはほとんど本にすることがなかった。したがって、彼女の特質をうかび出すものは、単行書になっているもの以外にも、ずいぶんたくさんあるのである。それを仕分けして、その中から代表作とみられるものを集めたのが本書である。・・・・勤子の一周忌を前にして  波多野完治 記−−あとがきにかえてより抜粋−−
19 ニングルの森 倉本 聰 集英社 目録
  • 倉本 聰 初の童話作品/ 風 森 水。 / 悠久なるものへの想いを呼び起こす。 −−原本カバーより−−(この作品は2000年1月〜2002年4月まで東京電力提供で朝日新聞に掲載された「未来の子供たちへの童話」をまとめたものです。)
18 運命の足音 五木寛之 幻冬舎 目録
  • 親鸞の言葉に、「地獄は一定」云々という口伝がある。五木さんは口伝偏重を根本から払拭し、真実の道を問い直そうとした。現在ここにある地獄という大胆不敵なその発想に、私は強い衝撃をうけずにはいられない。特に「1枚の写真」「許せない歌」と、読み進むうちに自己の地獄を正面から語りはじめる五木さんの、作家として人間としての勇気に胸がふるえるのをおぼえた。−− 原本 帯より −−
17 穢れと茶碗  日本人は、なぜ軍隊が嫌いか 井沢元彦 祥伝社 目録
  • 〇日本人の行動原理を解き明かすキイワード ″穢れ= 日本人は、なぜ自分の茶碗しか使わないのか?● 消毒や洗浄では、絶対に落ちない汚れとは?● 桓武天皇が、軍隊を廃止してしまった理由。● 検非違使を、なぜ「令下の官」と呼んだのか?● 護憲派文化人の心の奥に潜む差別意識とは?● 「神風思想」と「平和憲法」との共通点とは?● 「穢れ」と「言霊」が日本の将来を危うくする。 -- 原本カバーより --
16 島物語3  きみからとび出せ 灰谷健次郎 理論社 目録
  • 「島」と「都会」、それぞれの暮らしのなかで優しさとたくましさを探る連作長編いのちの息吹をうたう、島からのメッセージ/  街は人もくるまもネオンもいっぱいでにぎやかだけどなんかさびしい気がする ねえちゃんは島の生活からぬけだして都会に家出したのに とうちゃんと 交かん日記をしてるらしいここに引っ越して半年たらず ぼくには新しい友だちがたくさんできたし 島のくらしにも ちょっとなれて だんだんおもしろくなってきた・・・ -- 原本帯より --
15 言葉の嵐 春風亭小朝 筑摩書房 目録
  • 全編書き下ろしエッセイ集 名(迷)言至言が吹き荒れる。各界著無名人の発する数々の言葉に触発され、語りの天才春風亭小朝が芸・人間心理・アートについて一気に書き下ろした、辛口のエッセイ集。・・・-- 原本帯より抜粋 -- 
14 コラムと写真で花の小宇宙案内『花おりおり』 湯浅 浩史 文
矢野勇 写真
朝日新聞 目録
  • 執筆者湯浅浩史さんは、植物の進化を研究する一方、『花の履歴書』『植物と行事』などの著書もある。「四季に恵まれた日本人は、暦がなくても咲く花で時節を感じることが出来る幸せな民族。そんなにも親しいものたちについて知識が増えたらより楽しいでしょう。花の履歴、花にまつわる故事など花への感心が育つきっかけを作りたい」   −−連載開始前日記事より抜粋 −− 355回、352種の季節の花の紹介です。1年間書き溜めました。点訳者も校正者も優しい気持ちにしてくれる連載でした。更にこの企画は2年目に入っています。  掲載者
13 娘に伝えたいこと 本当の幸せを知ってもらうために 町田貞子 光文社 目録
  • 解説 母・町田貞子のこと  木元教子(評論家)/ まるで、遺言のようなかたちで、この本は終わっています。私の母・町田貞子は、1999年1月24日、87歳の生涯を閉じました。晩年、狭心症に悩まされてはいたものの、舌下錠のニトログリセリンを小さなお財布に入れ、前の年まで、西へ 東へと講演にでかけていました。  −−原本解説より−−
12 奇貨居くべし 天命篇 宮城谷昌光 中央公論社 目録
  • やりとげれば、この政体は千年続く 全五巻 完結//商賈の道を捨て、荘襄王とともに、理想の政体を求め、秦の政治改革をすすめる呂不韋。しかし・・・ 「わたしは天命に順う。天命とは民意でもある。天が命じ、民が望むように生きるしかない。耐え忍べ、といわれたら、黙ってそうする。ただし、わたしの沈黙は退歩ではない。道をゆくということは、止まる所があるということでもあり、それをもたぬ歩行には、道がない」(本文より) ーー帯よりーー「中央公論」2000年8月号〜2001年7月号に掲載
奇貨居くべし 飛翔篇 宮城谷昌光 中央公論社 目録
  • 呂不葦の激動の生涯 待望の第四巻// いよいよ賈人として立つ、呂不葦。とらわれの身となった公子・異人をたすけ、大国・秦の政治の中枢に食い込むための大きな賭けが、いま、始まる。−−何のために異人を扶(たす)れるのか。と、問われれば、呂不葦は、人民のために、と答える用意がある。支配されつづけた人民にも意志や願望はあり、それらを反映させる政体を実現するのは、自分しかいない、と呂不葦は信じはじめている。こういう気概をもたないかぎり、政治の世界にはいるべきではない。おのれだけが富めばよいとおもっている為政者がいれば、すみやかに賈市の世界へ去るべきである。いや、賈市の世界でも、その考えは通用しないであろう。(本文より)  ーー帯よりーー「中央公論」1999年5月号〜2000年7月号に掲載 (2000年4,5月号休載)KIKA-3.DOC
奇貨居くべし 黄河篇 宮城谷昌光 中央公論社 目録
  • 政商・呂不葦の激動の生涯 第三巻//孟嘗君亡きあと、謀略に落ちた慈光苑の人びとを助け、新たな1歩を踏み出す呂不葦秦の始皇帝の父ともいわれる政商・呂不韋の激動の生涯呂不葦はふと感慨をおぼえた。この1年は、他人はどうあれ、自分にとって激動の年であった。 が、諸国の情勢が激変するのは、これからであろう。天下に平衡をもたらしていた孟嘗君が亡くなったことが、そうさせるのである。ーー、3年は、陶にいよう。道学や儒学だけが、学問ではない。黄外のもとで農学を習得したいというより、地にふれることによって、地に映る天をさわってみたい。(本文より) ーー帯よりーー「中央公論」1998年4月号〜1999年4月号に掲載
奇貨居くべし 火雲篇 宮城谷昌光 中央公論社 目録
  • 波瀾の政商・呂不葦 待望の第二巻!//筍子、孟嘗君ら、乱世の英俊の薫陶を受け、大きく成長する青年 呂不葦秦の始皇帝の父、ともいわれる政商呂不韋の波瀾の生涯/苦しみに遭遇したとき、その苦しみからすみやかにのがれようとするから、かえって苦しみに捉えれる。ーーーー いっそ苦しみを満喫してやれ。 と、呂不葦 は思った。苦しみにまむかってゆく者がすくないだけに、全身で苦しみをうけとろうとする者にたいして、苦しみのほうが腰を引いてくれるのではないか、と呂不葦は考えた。(本文より) ーー帯よりーー「中央公論」1997年2月号〜1998年3月号に掲載
奇貨居くべし 春風篇 宮城谷昌光 中央公論社 目録
  • 品格を湛えた宮城谷宇宙//秦の始皇帝の父ともいわれる呂不韋(りょ ふい)。一商人から宰相にまでのぼりつめた波瀾の生涯雲がかかる深山、霧にしずんだ幽谷をぬけて、茫漠たる未来へと歩をすすめる少年呂不韋。ーー帯よりーー「中央公論」1996年1月号〜1997年1月号に掲載
11 人生の目的 五木寛之 幻冬舎 目録
  • 千葉乗隆(龍谷大学元学長):本書のなかで五木さんは、生きる目的を見失った人、思うにまかせぬことに苦しむ人と共に悩み、暗さに耐えつつ懸命にひとつの燈火を探し求めている。/阿川佐和子(エッセイスト):この本で元気にはなれません。にもかかわらず、身体中の緊張がときほぐされ、心の乱れがいつしかおさまっている。こんなヘンな人生指導書があるだろうか。−−原本カバーより抜粋−−
10 もっとカルシウムもっと青野菜 川島四郎 新潮社 目録
  • ライオンガ、捕まえたシマウマをどこから食べ始めるかご存知ですか?正解は未消化の草がいっぱい詰まった腸の上部。肉食動物も草が大好物なのです。青野菜は血をサラサラと流れやすくし、心臓の負担も軽減します。逆に肉食が過ぎれば、血は粘り、血管の壁にカスもたまります。丈夫な大人になるために、健康な大人でいるために、何を食べればよいか、「万年青年」川島博士がお教えします。−− 原本カバーより −−
昭和天皇−ご生誕100年記念 出雲井 昌 産経新聞ニュースサービス 目録
  • いま、あらためて語り継ぎたい「無私」と「慈愛」の人― 明治、大正、昭和を生き抜いた感動の生涯 ―お誕生 立太子礼 摂政におつきに ご結婚 「昭和の始まり」 お田植 天皇のお心を忘れた人々戦争を避けるためのご努力の日々 「戦争を早く終結させるように」終戦のご聖断 最後の御前会議 通訳が明かす真実固く守られたお約束 香淳皇后のご内助 全国ご巡幸 外国とのご親善 崩御 など −−帯より−−
デカメロン(1・2・3) ジョヴァンニ・ボッカッチォ グーテンベルク21 目録
  • 「デカメロン」といえば昔から好色本の代名詞のような印象を与えておりますが、はたして「デカメロン」とはそのような本でしょうか。 あなたがどのような動機から「デカメロン」を読もうとなされたか、それはご自由です。イタリア古典文学の研究であっても、興味本位でも、気晴らしでも、また内容の大半が好色的なものであってみれば、そうした気持を満喫させるためでもけっこうなのです。とにかく任意のところをあけてその中の一つの話を読んでみてください。テンポがのろくていや気のさすものでしたら、とばして別な話を読んでください。お話にはこと欠きません。なにしろ百の話があるのですから。ただし、第一日と第四日の序文と、最後のむすびだけは我慢して読んでいただきたいのです。作者ボッカッチォもそういっております。お読みになったら「デカメロン」に対する考えがどのように変わったか考えていただきたいのです。私はそこから正しい「デカメロン」批判が生まれてくると思います。 (訳者の「解説」より)
唱歌・童謡ものがたり 読売新聞文化部 岩波書店 目録
  • 「赤い靴」「われは海の子」「みかんの花咲く丘」・・・。長く愛称されてきた71曲をとりあげてゆかりの地を訪ね、その誕生と普及にまつわる数々の感動的な逸話を掘り起こす。作詞者・作曲者・歌手たちの苦難と栄光、出会いと別れ、そして打ち寄せる時代の波浪。いま静かなブームを呼んでいる唱歌・童謡に秘められたドラマへと誘う短編ヒューマン・ドキュメント集。 −−原本カバーより−− (第6巻に全曲名索引があります。点訳グループ)
風を待つ少年 - 東君平物語 東菜奈 集英社 目録
  • 46歳で世を去った東君平。 「おはようどうわ」などの、ユーモアあふれる作品を遺した画家・童話作家・詩人の波瀾にとんだ半生を、長女・東菜奈が描く。  彼の優しさがどこから生まれてきたのか、全てのはじまりはこの物語の中にある。人生をゆるやかな風のように吹き抜けていった人。涙と愛に包まれたいとおしく尊いものがたりである。 ―― 作家・辻仁成 −−帯より抜粋−−
老いは迎え討て − この世を面白く生きる条件 田中 澄江 青春出版社 目録
  • まだ死を目前にしていない若い人たちに、ひとつのおだやかな死に方を得るために、どんな若い日々をすごしたらよいか。子どものころから青年期、壮年期を通じて、覚悟のようなもの、気配りのようなものを書いてみた。私より若いひとびとに参考になれば幸せである。1996年7月  田中 澄江 −−「はじめに」より抜粋 −−
日本のとんち話 川崎大治 童心社 目録
  • 語り口を生かした<川崎民話>彦市ばなし、吉四六さん・・・日本には、ふるくから楽しいとんち話がいろいろあります。この本には、『戯言養気集』 『醒酔笑』『耳袋』などの古典から少年少女向きに再話した41篇のお話がおさめられています。落語でおなじみのお話も、たくさん出てきます。いずれも暗い封建社会の底にたたえられた、庶民の明るい機知にあふれています。 ーー原本カバーよりー
子供に贈るショート・ショート    産経新聞社 産経新聞社 目録
  • 133回にわたる読み切り創作童話の点訳です。児童文学作家を始めいろいろな方が掲載しました。子供たちに元気がでて希望がもてるようにと企画されました。133人のリストは開いてからのお楽しみ!!     みなさんは、どのお話が面白いでしょうか・・・。平成10年7月28日〜〜平成13年3月27日毎週火曜連載  点訳グループから(両面データもあり)
メロディーとともに 毎週月曜夕刊連載 山形新聞社 目録
  • 蓄音機、映画、ラジオ、テレビ、カラオケなど大衆娯楽メディアが発達した二十世紀は「メロディーの世紀」とも呼ばれ、人々は流行歌、民謡わらべ唄、童謡、唱歌、マーチ、浪曲などによって自らの喜怒哀楽を口ずさんできた。「歌は世につれ、世は唄につれ」。歌は時代のバロメーターであった。世紀末にあたり、メロディーに奏でられた時代のさまざまなドラマを探索したい。まずは「和魂洋才」の唱歌のスタンダ−ドナンバー「春が来た」から――(両面データもあります)
(大往生その後) 永六輔 朝日新聞社 目録
  • 恐れず悟らず逆らわず明るくみつめる老・病・死  僕なんか煩悩だらけで、あれもしたい、これもしたいで生き続け、この世に未練を残しながら終わるだろう。死の覚悟なんかできるわけがなく、笑ってごまかしてしまおうというのが「大往生」をまとめた理由なのである。 (帯書きより
  時代小説
八代将軍 吉宗(上/中/下 ジェームス三木 NHK出版 目録.
  • 17世紀末、尾張・紀伊・水戸の徳川御三家は、五代将軍綱吉の後継者の座をめぐり、水面下で激しい争いを続けていた。 それは、紀州藩部屋住みの庶子である源六にとって、ほとんど無縁のはずであった。 しかし運命の歯車は、すでに大きく動き始めていた。-- 本書プロローグより 1995年1月より放送開始の、NHK大河ドラマの原作全3巻の初巻より

点字図書書棚へ