点字図書書棚へ

アゼイリア文庫

アゼイリアの点訳した推理小説、その他文庫本

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については下記の目録をクリック
推理小説 →こちらへ
文庫本(現代)
→こちらへ

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
推理小説
36 黒豹奪還(下) 門田泰明 光文社 目録
  • 東京と大阪で、相次いで起こった殺人事件。その後も残虐な事件が続き、尊い命が奪われる。その後、事件には、外国のテロ組織、及び、要注意人物の外国人が加担していることが判明する。事件解決のため、秘かに動いていた黒木豹介の華々しい活躍が始まる。
35 黒豹奪還(上) 門田泰明 光文社 目録
  • 東京と大阪で、相次いで起こった殺人事件。その後も残虐な事件が続き、尊い命が奪われる。そんな中、秘かに活動を開始した、男がいた。(全2巻)
34 狙撃 特命武装検事 黒木豹介 門田泰明 角川文庫 目録
  • 全6巻 ソ連軍北海道に上陸か! ブリザード吹き荒れるサロベツ原野で、自衛隊員200名が「ソ連軍と交戦中」の暗号電報を打電した後、消息を絶った。同じ頃、アメリカで開かれた兵器産業懇談会に出席し、帰国した東京重工の社長の射殺体が、熱海の別荘で発見された。事件の陰で、何が暗躍しているのか。雪の原野に消えた自衛隊員、相次ぐ暗殺、蹶起直前の自衛隊クーデター計画、CIA、KGBの不穏な動き――。 謀略の渦巻く中、真相の解明に乗り出した特命武装検事・黒木豹介。雄大なスケールで描くアクション巨篇。
33 戦国海商伝(上) 陳舜臣 講談社 目録
  • 戦国乱世の日本。中国には、明朝打倒に燃える豪商の集団があった。彼らは倭寇と組んで、着々勢力を扶植する。奇しき人生を生きる毛利の落し子の運命を軸に、中国と日本をむすぶ戦国の水脈を描く海洋歴史ロマン。 (全2巻)
32 黒豹全集 黒豹忍殺し 門田泰明 光文社 目録
  • 黒木豹介は、倉脇総理大臣から突然の呼び出しを受けた。倉脇宛に、「殺」の文字のみが大書された速達が届いたのだ。直ちに調査を始めた黒豹は、倉脇の私的事情に絡む一人の男の名を認めた……。壮絶な復讐劇へと進展する凄惨極まる山岳戦、ただ一人敢然と立ち向かう黒木、そして彼の影を追う謎の女は…!?
31 黒豹全集 吼える銀狼 門田泰明 光文社 目録
  • 初冠雪の白馬連峰の麓、コスモスの群生の中。特命武装検事・黒木豹介とその秘書・高浜沙霧は、半ばミイラ化した死体を発見した。その直後に二人は誤認逮捕される。被害者は政界の長老津田川剣造の秘書。津田川本人も白馬の別邸で射殺され、法相倉脇草善も狙撃された! 弾丸には銀狼の刻印が…!? 黒豹の生みの親・門田泰明は、闇の総理を撃て で鮮烈な文壇デビューを飾った。社会派サスペンス、恋愛小説と次々と衝撃作を発表し、現在は「黒豹シリーズ」に全精力を傾注している。
30 化粧(下) 渡辺淳一 新潮社 目録
  • 頼子は結ばれた相手が、熊倉の子であることを知って、因縁の深さにおののく。里子は、すべてを捨てて椎名の子を産む。慎子は商社マンと結婚へ。
29 化粧(中) 渡辺淳一 新潮社 目録
  • 3姉妹の次女里子は、客である大会社の専務、椎名の優しさにひかれ、ついに結ばれる。長女の頼子、3女の慎子にも新しい出会いが………。
28 化粧(上) 渡辺淳一 新潮社 目録
  • 頼子には双子の姉の鈴子がいて一緒に舞妓にでていたが鈴子は客の熊倉に犯されて身籠もり自殺する
27 僕の血を吸わないで 5  アクシデントはマキシマム 阿智太郎 メディアワークス 目録
  • 吸血鬼狩り集団ブラックウイナーVS森写部朗、人気シリーズの完結編
26 ファイナル・ゼロ 鳴海章 集英社 目録
  • ホワイトハウスが麻薬撲滅に立ち上がった。作戦実行者に選ばれたのはジーク。しかし、苦心して運んだ「ネオ・ゼロ」は敵に破壊され、那須野は絶体絶命の窮地に追い込まれる。そこで彼は最後の賭に出た。”ゼロシリーズ” 最終話。
25 スーパー・ゼロ 鳴海章 集英社 目録
  • 究極の電子兵器”スーパーマンの目”を組み込んだ新型戦闘機を開発しようとする米政府の野望を阻止するため、 ゼロ・チームが再び 集結。”ゼロシリーズ” 第3話。
24 ネオ・ゼロ 鳴海章 集英社 目録
  • ホワイトハウス緊急対策室が決定した密命は核施設攻撃、パイロットはジーク。 ”ゼロシリーズ” 第2話。
23 夕暮れ 夜明日出夫の事件簿 笹沢左保 講談社 目録
  • 男二人と女一人のドジなヤクザ三人組が、借金取立てのために車を強奪した。ところが車のバッグの中から切断された男の右腕が出てくる。三人組は警察に追われ、組織からも見放されて、自力解決あるのみ。リーダーの男は打開策を求めて刑事時代のライバル・夜明日出夫を頼った。真犯人を暴く方法は何か?
22 一方通行 夜明日出夫の事件簿 笹沢左保 講談社 目録
  • 東京から九州まで何とタクシーで! そんなバカげたことをした男の妻が殺された。殺害時刻を考えれば、その男を乗せた運転手の夜明日出夫は、重要なアリバイ証言者となるはずだった。が、そこはさすが切れ者の元刑事。事件の裏に隠されたトリックをひとつひとつ暴き、真犯人を見事、追いつめて行く――。
21 さよならをもう一度 赤川次郎 角川書店 目録
  • 許されぬ恋への執着、成功への欲望、幼い憧れ………ふとした心の揺れが自らの意思をも越えた結末を導く、書き下し表題作他五編。
20 「日本」人民共和国 井沢元彦 光文社 目録
  • 原子力発電所を取材中の記者が大地震と大津波に襲われる。 原発は爆発し、二人は超常現象によって、もう一つの世界の日本に迷い込む。
19 ナイト・ダンサー 鳴海章 講談社 目録
  • M航ジャンボ機から特殊細菌があふれだし飛行困難に。その菌をめぐる国際陰謀の渦のなか、米海軍戦闘機はM航機撃墜にむかい、航空自衛隊が緊急発進。謎のジェット機ナイトダンサーをまじえ、息詰まる航空戦。
18 氷の森 大沢在昌 講談社 目録
  • 私立探偵緒方洸三の敵は、野望達成へと突き進む特異な犯罪者だった。冷血な男との闘いに緒方も血だらけになって挑む。
17 我らが隣人の犯罪 宮部みゆき 文藝春秋 目録
  • 僕は三田村誠。中学一年。父と母そして妹の智子の四人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることのなった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを”誘拐”したのだが……。表題作以下五篇収録。解説・北村 薫
16
「首の女」殺人事件 内田康夫 角川書店 目録
  • 小学校の同窓会に出席した真杉伸子は、かつて彼女に惚れていた宮田治夫と久しぶりに会った。伸子はいまだ独身の宮田に妹・光子を紹介し、高村光太郎の信奉者だった宮田は光子を光太郎・智恵子展にさそう。光子は展覧会よりも光太郎の木彫りの「蝉」を見つめていた男が気になった。数日後、光子はその男が福島で殺されたことを新聞で知る。そして宮田も島根で変死。真杉姉妹は光子の同級生・浅見光彦に真相の究明を依頼するのだが・・・。傑作旅情ミステリー
15
恐山殺人事件 内田康夫 角川書店 目録
  • 「博之は北から来る何かによって殺される・・・」恐山の祖母サキの予言通り、青森県下北半島出身の音楽教室講師・杉山博之は、東京の マンションで変死体で発見された。そして杉山の同僚、高川伸男も「北」からの恐怖に怯えながら謎の死を遂げる。
     「北から来る何か」とは? そして杉山が藤波紹子に残した紫水晶とは?真相究明の依頼を受けたルポライター浅見光彦はよびよせられるように「北への旅」へ向かった
14
江田島殺人事件 内田康夫 講談社 目録
  • 帝国海軍の象徴・東郷元帥の短剣を探し出してほしいーー兄・陽一郎の知人の依頼で、ルポライター浅見光彦は短剣が盗まれた広島県江田島の海軍兵学校跡へ。が、同地は思いがけない事件に揺れていた。巨大汚職事件の中心人物が、死体で発見されたのだ。警察は自殺と断定したが、浅見は胸に刺さっていた短剣に注目する。直後、元帥の短剣との意外な関係が判明した・・・
13
皇女の霊柩 内田康夫 新潮社 目録
  • 東京・品川と信州・馬籠で相次いで起こった殺人事件。 一見無関係に思える二つの事件の裏に皇女・和宮に関する言い伝えが ………。調べを進めるうち、 別の殺人事件も発生し事件解決のため、 名探偵・浅見光彦の推理が冴える
12
漂白の楽人 内田康夫 講談社 目録
  • 妹・肇子の縁談をよろこぶべき兄が死んだ。 俺が死ぬようなことがあったらワープロでフルネームを打ってくれ、 と言い遺して。 涙の乾くまもなく、今度は母が殺された。 ワープロに残されていたのは新潟の一地方、 月潟村の風土誌。 浅見光彦は肇子とともに、 謎をひもとくために母の生地、 月潟村を訪れるが……
11
殺意の集う夜 大谷羊太郎 光文社 目録
  • 妻と平凡だが、幸福に暮らしていた深井。だが、その妻が事故死しその死にはいくつもの謎があった。趣味の仲間の力を借りて真相を探るうち、意外な事実が浮かび上がる
10
殺人はそよ風のように 赤川次郎 角川書店 目録
  • 星沢夏美はもうすぐ18歳になるアイドルタレント。熱狂的ファンの克彦は、夏美のマンションで、彼女の生の歌の盗み録りに成功! だが、テープから流れてきた曲は、普段の彼女からは想像もつかないイタリアのオペラ!? そのうえ、彼女は自殺未遂をおこし、マネージャーは何者かに殺されて………。 超人気歌手に隠された秘密とは?
夜叉神峠死の起点 太田蘭三 光文社 目録
  • 南アルプスの壮大な景観を眺めながら夜叉神峠を下る途中、北多摩署・相馬刑事は、 自殺をはかった女性を救った。 名前は岩倉貴美子。なぜか彼女は自殺の動機を語らない ………。 不審を抱いた相馬が単独で岩倉家を洗い始めた矢先、 北多摩署管内で巡査二名が殺され、拳銃を強奪された。やがて事件の背後に浮かび上がる巨悪組織の影
坊っちゃん殺人事件 内田康夫 中央公論社 目録
  • 居候のルポライター、浅見家の「坊っちゃん」光彦は、松山に取材に行った。 途中出会った美女に痴漢に間違われるが、 数日後、彼女は死体で発見される。 さらに好奇心で覗いた句会では主宰の老俳人が毒死した。 連続殺人の渦中に立たされた浅見光彦は、 事件の鍵は俳句にあるとにらむのだが ……
志摩半島殺人事件 内田康夫 祥伝社 目録
  • 志摩半島英虞湾に悪が売り物の作家袴田啓二郎の死体が浮かんだ。美少女海女の取材で志摩を訪れていた浅見光彦も調査に乗り出すがやがて第2の殺人が発生し ………。真珠の海を血に染めた事件の真相は? 2つの殺人事件の関連は?
遠野殺人事件 内田康夫 中央公論社 目録
  • 山男、河童、座敷ワラシ--『遠野物語』を読むと、まるで遠野へ行けば、そうした不思議なものたちに出会えるような錯覚を覚える。そんな優しい風土に惹かれて遠野を訪れた女性が五百羅漢に抱かれるように殺されていた。しかも、遺品のフィルムに写っていた同僚の女性も行方不明だという。被害者から旅に誘われていた留理子は、二人の姿をとどめるフィルムに、重大な疑惑を発見するのだが・・・
カシスの舞い 帚木蓬生 集英社 目録
  • 時はローマ法王が狙撃された年、主人公の日本人の精神科医水野はマルセイユ大学病院の精神神経科に勤務している。教室の主催者ポロー教授は専門分野で華々しい業績を上げている。病院での水野の生活は同僚の研究員シモーヌという恋人にも恵まれ平穏に明け暮れるのだがいつしかその周辺に小さな不協和音が響き始める。きっかけは、解剖室で見つかった首なしの死体だった
ゼロと呼ばれた男 鳴海 章 目録
  • 「おまえは、ソ連機を撃ち落とせるか?」バーンズの挑発に″ゼロ″と呼ばれた男は静かに目をそらした。しかし、幻の撃墜マーク二個を持つその男、航空自衛隊一等空尉・那須野治朗は、次に自らがなすべきことを知っていた――沖縄近海での米軍秘密実験の裏に隠された国際的陰謀が、いま明らかになる! 航空機小説の世界に新たな地平を開く、注目の″ゼロ・シリーズ″第一話。
越前海岸殺人事件 山村美紗 角川書店 目録
  • 赤ん坊の頃、香港で航空機事故に遭い両親を失った高岡千佳子。彼女自身は奇跡的に一命を取り留め、京都に住む資産家の祖父母の手で育てられた。それから二十年、大学生になった千佳子は、越前海岸への旅行中、小林と名乗る男と知り合う。彼は三人しかいなかった事故の生存者の一人だという。事故についての記憶がない千佳子は彼の話に興味を持つが、千佳子の秘密を知るという小林は、何者かに殺されてしまう……。それぞれの二十年が交錯したとき、悲痛な連続殺人の幕が開いた! ミステリー界の女王が放つ長編サスペンス!
幽霊教会 赤川 次郎 文藝春秋 目録
  • チンピラはナイフで娘の胸を刺し、店の売上げ金を奪った――ところが数分後、犯行がばれ、周囲の男達から袋叩きにあっている彼に手を差しのべてきたのは、殺したはずのその娘だった! おなじみ宇野警部と女子大生・永井夕子の名探偵コンビがカルト宗教を巡っての陰謀をあばく表題作ほか全四篇収録。「幽霊シリーズ」十一冊目。
金融腐蝕列島 (上/) 高杉良 角川書店 目録
  • 銀行員・竹中治夫は突然、本社総務部への異動を命じられる。 上層部からの特命を帯びた竹中は、 心ならずも不正融資に力を貸してしまう。
.
文庫本(現代)
ハイスクール落書 多賀たかこ 朝日新聞社 目録
  • 学園生活の実態を、ユーモアと愛情を込めて描きながら、今日の教育のあり方に鋭い問いを投げかける。
プラトニック・セックス 飯島愛 小学館 目録
  • タレント飯島愛が、 『今までの私』について赤裸々に語った話題の自叙伝。
どくとるマンボウ医局記 北 杜夫 中央公論社 目録
  • 実に十七年ぶりの「どくとるマンボウ」ものである。この本は、医局時代の面白い逸話が中心になっているけれど、他の医者とはかなり異なる私流の精神病についての考察、ひいては、人間の本質自体についてもいささか述べたつもりだ。その点で、多少特色があるつもりである。実はこの「医局記」はずっと前から頼まれていたものだが、私は些細なことで中央公論社と大喧嘩をやらかした。そのおかげで、本当は欝状態にあった私は急速に元気になれたのである
猫の時間 林 真理子 朝日新聞社 目録
  • 夫婦別姓を望む専業主婦、就職試験に設けられた「自宅通勤」という差別、「二度おいしい」人生の生き方。女性の″今″を見つめつつ心にかかったアレコレをユーモアと鋭い視点で綴った朝日新聞家庭欄の大反響連載。時には爪をたてる猫のように、非難を恐れず本音で語る、刺激いっぱいのエッセイ集

点字図書書棚へ