点字図書書棚へ

G◆SICK文庫
桜庭一樹のゴシック・ミステリ

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 

お願い

  点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については 目録 をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
G◆SICK文庫
GOSICK 3 −ゴシック・青い薔薇の下で 桜庭一樹 富士見書房 目録
  • 険しい山々に囲まれた聖マルグリット学園。その広大な敷地の奥の奥に、迷路庭園をくぐりぬけた者だけがたどりつく小さな家がある。その童話の世界のような場所で囚われの妖精―少女・ヴィクトリカは寂しく、想いをめぐらしていた。まだ見ぬ書物について。世界の混沌(カオス)について。そして、とある少年のことについて。 日本からの留学生・久城一弥は、風邪をひいたヴィクトリカをおいて、ソヴュール王国の首都ソヴレムを訪れる。姉、アヴリル、セシルのお使い ― <青い薔薇> という宝石を手に入れるために。巨大な高級デパート <ジャンタン> で買い物をする彼は、闇の奥に光る人形の瞳を目撃する。 動き出すマネキン。消える人々。そして、闇の中に蠢く謎。ヴィクトリカアの知恵の泉の手助けなしに独り一弥は謎に挑むが…。 絶好調ゴシック・ミステリー第3弾!!
GOSICK 2 −ゴシック・その罪は名もなき 桜庭一樹 富士見書房 目録
  • 聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、囚われの金髪の姫―ヴィクトリカは、混沌を求めている。自らの退屈を癒してくれる、世界の混沌の欠片を。彼女の知恵の泉がそれを弄び―再構成するのだ。日本からの留学生、九城一弥は、そんな危うく、儚げな姫を守る決意をし、彼女の傍らにいようと思っていた。どんなときも。「“灰色狼の末裔”たちに告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する―」新聞の広告欄に掲載された謎のメッセージ。それを見て熱病にうなされるように、学園を飛び出すヴィクトリカ。彼女と九条一弥は、ある山間の小さな村を訪れる。そこは、ヴィクトリカにとって忘れ難い場所であった…。夏祭りが近づく謎多き村で起きる不可解な殺人。そして過去に起こった不可能な殺人。二つの事件に巻き込まれていくヴィクトリカと一弥は、混沌の欠片を集め、確実に真実へと近づいていく。祭りの篝火の向こうにある血塗られた真実とは?絶好調ゴシック・ミステリー第二弾。
GOSICK ―ゴシック― 桜庭一樹 富士見書房 目録
  • 聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。 その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」 そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。 西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。

点字図書書棚へ