点字図書書棚へ

ごたばこ文庫

ジャンルも作者もさまざま、いろいろな点訳本があります

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については下記の目録をクリック
項番
本の題目
著 者
出版社
備考
ごたばこ文庫
41 マザー・グース 1〜4 谷川俊太郎 講談社 目録
   おもしろくってくそまじめ、ナンセンスまた奇怪千万、ユーモア、ペーソス、どたばたにやり……あらゆるおかしさがひしめきあうへんてこりんな世界。いまや全地球的財産になった『マザー・グース』の軽妙絶妙の訳に、たのしい挿絵がついた。この巻にはハンプティ・ダンプティ等が登場して全96篇。全4巻。
40 マザー・グースのうた 第1集〜第5集  谷川俊太郎 草思社 目録
  • おとこのこって なんでできてる? メリーはこひつじかっていた ロンドンばしが おっこちる ハンプティ・ダンプティ へいにすわった ほか全30篇を所収。
39 ズロチ  小峯 隆生 徳間書店 目録
  • 激烈ノンストップ・バトルアクション 夢を追う少年達が開いた地獄への扉 ーー 帯より ーー/何もない炭鉱の町を捨て、都会で大きな夢を叶えようとした宮下、工藤、吉田の三人の少年。大金を手に入れるため、密輸銃器を奪い、目をつけていた事務所から現金を強奪するが、中身は見知らぬ外国紙幣ズロチが詰まっていた。そのため圧倒的な火力と機動力を誇るロシアンマフィアと、日本の組織に追われ、三つ巴のサバイバル戦に・・・・・。雄大な北海道を舞台にした渾身のノンストップ・バトルアクション。書下し。 ーー カバーより ーー
38 夢の中の魚(Fish in the dream) 五條 瑛 集英社 目録
  • コードネーム(暗号名)は「ドンギョンヒ(東京姫)」。目的のためなら手段を選ばない、韓国人スパイ ホンミンソン(洪敏成)。日韓漁業協定をめぐる情報戦で、彼のとった作戦とは? 『プラチナ・ビーズ』『スリー・アゲーツ』に続く、連作短編集!  ーー 帯より ーー
37 屍鬼(下巻) 小野不由美 新潮社 目録
  • 驚愕、怪奇、戦慄、そして感動! 話題の超大作! 本当の恐怖はここから始まる ーー 忍び寄る死者の群。 息を潜め、闇を窺う村人たち。 恐怖と疑心が頂点に達したとき、血と炎に染められた凄惨な夜の幕が開く。村は死の中に孤絶している ーー 人は常に死を恐れる。死への畏怖が死を司る何かの存在を求めさせた。死体の出ない社会もない。そして死者はいつだって、死を想起させるという意味において、死に触れ、呪われた存在だったんだ。人は常にこの呪いが、生者の上に及ばないよう祈った。(本文より)   ーー 帯より ーー
36 屍鬼(上巻) 小野不由美 新潮社 目録
  • 待望の書き下ろし、迫力の三千枚! 尋常でない何かが起こっている ーー 物語が怖い。展開が怖い。キャラクターが怖い。描写が怖い。 フレーズが怖い。テーマが怖い。完全無欠。逃げ場なし! 京極夏彦氏激賞! 死が村を蹂躙し幾重にも悲劇をもたらすだろう ーー 人口千三百余、三方を山に囲まれ樅を育てて生きて来た外場村。猛暑に見舞われたある夏、村人たちが謎の死をとげていく。増え続ける死者は、未知の疫病によるものなのか、それとも、ある一家が越してきたからなのかーー   ーー 帯より ーー
35 まほろばのかぜ(疾風) 熊谷達也 集英社 目録
  • 北の大地を疾駆し、まつろわぬ民の誇りに生きた男。/蝦夷の長、アテルイ。朝廷軍の将、坂上田村麻呂。/古代東北を駆け抜けた両雄の新しい物語。/新田次郎文学賞作家が放つ書き下ろし歴史巨編。/八世紀。陸奥は日高見川のほとりで、ひとりの男の子が産声を上げた。<アテルイ>と名付けられたその子が十八歳になったとき、金の産出と蝦夷征伐を目的に、大和朝廷の陸奥支配は本格化する。坂上田村麻呂を征夷大将軍にすえ、卓抜した戦力を誇る朝廷軍。一方、自然を愛し平穏に暮らす蝦夷の人々。民族の誇りと未来をかけて、今、アテルイが立ち上がる。ーー 帯より ーー
34
封印された悪夢 フィリップ・マーゴリン 早川書房 目録
  • 高校生のカップルが惨殺死体となって発見された。少年はナイフで滅多刺しにされ、少女は陵辱されたうえ絞殺されていた。シンドラー刑事は同級生とその兄の二人を犯人と確信し、執拗に彼らを追いつめるが決め手がみつからない。が、数年後、迷宮入りの様相を呈していた事件は、新たな目撃者が現れ急展開する・・・・・・凄惨なレイプ殺人をめぐって錯綜する証言と深まる謎。『黒い薔薇』の著者の処女長編、文庫オリジナルで登場 ーー カバ−より ーー
33
アルメニアの少女 デーヴィッド・ケルディアン 評論社 目録
  • 20世紀のはじめ、トルコにすむアルメニア人たちに対して大量虐殺が行われました。少女ヴェロンは、その戦争で両親・兄弟のすべてを失います。何度も降りかかる苦難の中を、勇気にみちたヴェロンはけなげに生き抜きます。民族・宗教の違いから起こる戦争の、悲惨さと愚かさを伝える物語です。
32
プラチナ・ビーズ 五條 瑛 集英社 目録
  • 「祖国はもう、私の胸の中にしかない」 ある者は信義のために。ある者は、愛する家族のために。男たちは立ち上がった。飢餓にあえぐ北朝鮮で進行する、ある「計画」。/ 期待の大型新人が描く、本格派スパイ小説、渾身の1200枚!/ かつてこれほどリアルで精密な国際謀略小説があっただろうか。恐れというものを知らぬ強靱で奔放な「肉体」が、この物語をまるで使命のように書かせたにちがいない。 作者は一体何者だーー。  ーー 浅田次郎 ーー 帯より ーー
31
ロケットボーイズ(上/ ホーマー・ヒッカム・ジュニア 草思社 目録
  • 映画(東宝洋画系にて2000年2月公開)/『遠い空の向こうに』原作/夜空に輝くスプートニクを見上げ、/ぼくらは考えたーー/そうだ、ロケットをつくろう!/全米ベストセラーを記録した、NASA技術者の感動の自伝。/ NASAの元エンジニアがものしたこの自伝は、力強く、ぐいぐい読ませる。ウェストヴァージニアの荒っぽい炭坑の町に育ち、父との葛藤を抱えながらロケットと宇宙を夢みた少年時代。そして少年の夢はみごとにかなったのだ。まさに感動的な自伝である。(USAトゥディ評より)ーー 帯より ーー
30
豚の死なない日/続・豚の死なない日 ロバ−ト・ニュ−トン・ペック 白水社 目録
  • 「13歳で大人になるんだ」 ロバ−トは父親にいわれます。死を予感したは父は、事実から目をそむけてはいけないことを、やらなければならないことをやるとは、どういうことかを、少年ロバ−トに教えます。シェ−カ −教徒の暮らしを貧しいと思っている彼に、心豊かに生きているのだと諭します。やがて、そんな父の心はロバ−トの中にしっかり受け継がれていきます。アメリカ的ユ−モアにあふれる物語です。
29
Cの福音 楡周平 宝島社 目録
  • 圧倒的パワ−! 読書の鉄人「このミス」の常連たちも唸った!! 「このミステリ−がすごい!」の回答者絶対オススメの強力エンタ−テイメント小説。 / コカイン密輸の鮮やかな手口、コンピュ−タ・ネットワ−クを駆使した完全犯罪 ーー。 超弩級新人、衝撃のデビュ−!!
28
チャペックの犬と猫のお話 カレル・チャペック 河出書房新社 目録
  • 犬好きのあなたにも、猫好きのあなたにも/チェコの国民的作家で世界中でロングセラ−を生み出したチャペックが贈る、ユ−モアと愛情あふれるエッセイ。いたずらっ子のダ−シェンカ、お母さん犬のイリス、気まぐれ猫のプドレンカなど、お茶目な犬と猫が大活躍! 名作「ダ−シェンカ」の原典が自筆のイラストも含めチェコ語から本邦初の完訳で登場。 −−帯より−−
27
クリスマス・ボックス リチャ−ド・ポ−ル・エヴァンズ 講談社 目録
  • 欧米の新聞・雑誌・テレビで、話題騒然! 口コミだけでベストセラ−に上りつめた本。/こんなに心をゆさぶられ、こんなに哀切な本があっただろうか。 どこかに忘れてきてしまった人生でいちばん大切なものが、この箱の中にきっとある。全米ではやくも300万部突破!!
26
だからこうなるの ーー 我が老後 ーー 佐藤 愛子 文藝春秋 目録
  • 金を貸した相手はトンズラ /しつこい無言電話 /蔓延する”清潔病”/家族を守れぬ男たち・・・/あっちがヘンか こっちがヘンか だからこうなる?ーー 帯より ーー
25
ヘンリ−、人を癒す  −−心の扉を開けるセラピ−犬−− 山本 央子 扶桑社 目録
  • 一人の日本人女性とセラピ−犬のニュ−ヨ−ク感動物語/アメリカ在住の著者がボランティアを通じて体験した犬と人との心の交流/「私は読者の皆さんが、央子さんとヘンリ−によって助けられた人たちの話を楽しく読んでくれたらと思います。デルタ・ソサエティでは、央子さんと、ヘンリ−が、ペット・パ−トナ−・プログラムの千号目の認定チ−ムとして名誉を得たことを大変喜んでおります。彼らは、まさに一人の人間(と犬)が人々の生活にどれほどの変化をもたらすことができるのかを表しているまたとない典型です。−−デルタ・ソサエティ専務理事、リンダ・M・ハインズ」(まえがきより)−−帯より−−
24
少年被疑者 松木 麗 学陽書房 目録
  • 少年法のカベの中で、検事はどこまで事件の真相にせまれたのか?/現職の検事、横溝正史賞受賞作家が放つ懇親のサスペンス・ロマン/「満月の夜は死人が出る。だから、怖くて外を歩けない」彼が学校で書いた詩の一節には、事件の核心に触れる重要な意味が秘められていた。 北陸の一都市を震撼させた幼女殺害時件は、その中学生の逮捕によって、一気 に解決したかに見えた。K地検に赴任したばかりの検事・有本祥子は、ふとした疑 問から事件の底無し沼のような闇の奥に引き込まれてゆく・・・。検察庁、裁判所の機構や制度、少年刑事手続き等の現場の臨場感あふれる筆致、よみごたえある情報量。抒情とサスペンスに満ちた傑作ミステリー・ロマン! ーー帯よりーー
23
犬のディドより人間の皆様へ ディド/チャップマン・ピンチャ− 草思社 目録
  • 本書は、犬が自分と飼い主のことを記したという体裁になっているが、言うまでもなく、 飼い主で「協力者」のチャップマン・ ピンチャ−が実際の著者である。つまり、愛犬ディド(チョコレ−ト色をした雌のラブラドル)になり代わって書いたというわけだ。 犬好きでも新たな知識がえられ、そうでなかった人にも犬と付き合っていける自信を与えてくれる、しかも楽しい本である。
22
いぬはミステリ− アシモフ他編 新潮社 目録
  • シャ−ロック・ホ−ムズを悩ませたあのバスカヴィル家の犬以来、ミステリ−の世界ではたくさんの犬たちが活躍してきた。アシモフが選んで、犬好きとミステリ−好きに贈る16編。飼い主のピアニストがジャズを弾くと、なぜか首をうなだれ席を外すシェパ−ドのクィ−ニ−。巨漢探偵ネロ・ウルフを夢中にさせたラブラドル犬のブーツィ。小さいながらちゃんとご主人の命を助けた狆のトト --- etc
21
神の名のもとに めあり−・W・ウォ−カ− 講談社 目録
  • 邪教集団 「ジェズリ−ルの家」の近くで、小学生17人を乗せたスク−ルバスが、AK−47銃で武装した男たちに取り囲まれ、子供たちは地面に堀った穴の中で人質になった。教団では生後50日目の赤ん坊を、神にかえすといってすでに42人も鎌で殺している。女性事件記者のモリ−・ケイツは恐るべき陰謀に挑むが・・・−−カバ−より−−
20
葛飾物語 半村 良 中央公論社 目録
  • かつて下町の路地で肩寄せ合って暮らした三軒長屋の面々が、それぞれの悲しみと別れを乗り越え、今年もまた、春野家の当主の命日に集うーー暗雲たちこめる戦時下から、戦後四十年余りを経た平成の初めまで、時代の奔流の中で逞しく生きた庶民の<昭和>を描く長編小説。ーー カバーより ーー
19
漂泊の牙 熊谷達也 集英社 目録
  • 東北の大自然を舞台に描く壮大な冒険小説!/ 克明な自然描写。濃淡鮮やかなディテイル。そして、匂い立つ獣の存在感。ーー ここにあるのは、紛れもない《野生》だ。文芸評論家 茶木則夫 / 重層的でミステリアスな人間ドラマを軸に、サスペンスあふれる追跡行を描いた、壮大な動物冒険小説だ。文芸評論家 吉野仁/ 東北地方の山村。動物行動学者・城島の最愛の妻が惨殺された。その無惨な傷跡から、何ものかの野生動物によるものと考えられたが、警察も検死官もその正体を特定できなかった。単独調査に乗り出した城島の結論は、絶滅
     したはずの<ニホンオオカミ>にいきつく。妻を殺めたものの正体をつきとめるため、また研究者としてその存在を確かめるため、命がけの追跡が始まった。(「漂泊の牙」あらすじ)ーー 帯より ーー
18
子どもの涙  ある在日朝鮮人の読書遍歴 徐 京植(ソ キョンシク) 小学館 目録
  • 「徐兄弟事件」で知られる元韓国政治犯徐勝、俊植兄弟の末弟がふりかえる、本を唯一のともにした幼きころから青春時代にかけての「読書遍歴」。 時にあまく、そして時に苦く・・・静かに語られるその言葉のひとつひとつわ、確かな重みを持って迫ってくる。心にひびく在日朝鮮人の自己形成史。「日本エッセイスト・クラブ賞受賞」。ーー カバーより ーー
17
氷の男 フィリップ・マーゴリン 早川書房 目録
  • 常に沈着冷静で、どんな犯罪者も無罪にすることから“氷の男”の異名をとる辣腕弁護士のナッシュ。だが心の底で彼は、依頼人たちが実は有罪なのではないかという思いに苛まれていた。そんな矢先、同僚の弁護士が婦人警官殺しの容疑で逮捕された。同僚の冤罪をはらすべく法廷に立ったナッシュを、思いもよらぬ罠が待ち受けていた! どんでん返しの連続でぐいぐい読ませる、『黒い薔薇』の著者の第二作。文庫オリジナルーー カバ−より ーー
16
凍りつく 骨 メアリ W ウォ−カ− 講談社 目録
  • 闇の中で大きく目を開けて、目の前の光景を想像した。2メ−トルをこえる太ったメスの大蛇が、ゆっくりととぐろを解いている。骨まで凍りつき、身体に氷の芯ができたようだ。部屋は不気味なほど静かだった。ーー悲惨な死を遂げた父の謎を追う美人犬訓練士キャサリンの身に危難が---。アガサ賞受賞の傑作!
15
黒い未亡人 上/ ダリアン・ノース 文芸春秋 目録
  • カンザスで農場経営をしながら、実は作家志望のオーウェン・バーンに思わぬチャンスが舞いこんだ。ニューヨークでいま話題の、高名なアーチストの焼死事件で未亡人が殺害の嫌疑をもたれている。その裁判を傍聴して本を書かないか、という誘いである。公判初日、女を一目見たオーウェンは頬を張られたような衝撃を受けた。その冷たい美しさに・・・。ーー 上巻カバーより ーー
14
リトル トリ− フォレスト カ−タ− めるくま−る 目録
  • この本はインディアン作家によるインディアン少年の心にしみる物語です。 チェロキ−族の祖父母に引き取られて、山で暮らしはじめる リトル・トリ−は、ガラガラ蛇に襲われたりもするけど、山のいきものたちはみんな彼の兄弟。インディアンの悲しい昔話に泣き、密造酒を作って追いかけられ、白人にお小遣いをだまし取られたりもするけれど、インディアンとして生きることこそ彼の誇りなのです。
13
森の少年 マイケル・ドリス 新潮社 目録
  • ぼくはいったい、どんな大人になってゆくのだろう? 『朝の少女』で世界を包んだ、マイケル・ドリスの魂の森!ーー 帯より ーー モスは、収穫祭の日に見知らぬお客が訪ねてくるのがいやだった。だからひとり、森に分け入っていった。男の子なら必ず体験しなければならない<森の時間>。ヤマアラシとの会話やひとりぼっちの少女との出会いを重ねたモスは、家族の絆や他人への思いやりの大切さに目ざめてゆく・・・・・・。『朝の少女』で家族の光り輝く愛を綴った著者が再び謳いあげる、鮮烈な魂の成長の物語。ーー カバーより ーー
12
猫たちの隠された生活 エリザベス・マーシャル・トーマス 草思社 目録
  • 猫は孤独を好むか。猫はテレビが好きか。/ 猫は飼い主を何者と見ているか。/ 人類学者が猫の真実に迫った無類に面白い猫の本。/ ベストセラー『犬たちの隠された生活』の続編。ーー 帯より ーー 猫は何を考えているのか。/ 人間をどう見ているのか。/ 他の猫との関係はどうなっているのか。/ 彼らの行動の背後には何があるのか。/ 人類学者が、トラやライオンなどとの対比を通して、「狩りをする」動物、猫の本質に迫った無類に面白い猫の本。ーー カバーより ーー
11
オルカの歌が聞こえる 高橋健 あすなろ書房 目録
  • これはクジラの中でも最も知的な精神の持ち主であるオルカ(シャチ)を、せまいコンクリ−トのプ−ルから開放する物語です。/ オルカは魅力的な動物です。同じ地球に住みながら、非常にミステリアスで、私たち人間と異なった世界を持って生きています。囚われている彼らの心が、いかに傷つけられているかを知ってほしいとの願いを込めて、この物語はかかれました。
10
我が老後 佐藤愛子 文芸春秋 目録
  • 痛快、爽快、愉快! イジワルばあさん大活躍! 小説の執筆、 鳥や犬の世話、孫の 面倒 --- 安閑として余生をなど とんでもない!  ああ、日はくれなんとして戦いやまず
炎の裁き フィリップ・マーゴリン 早川書房 目録
  • オレゴン州の片田舎ウィタカーで公選弁護人を務めるピーター・ヘイルは、数週間前まで父が経営するポートランドの大手法律事務所で働き、経済的にも父の援助で何不自由ない生活を送っていた。ところが、自らの無知と過信が招いたミスで大切な訴訟に惨敗。怒った父から、勘当同然でウィタカー行きを命ぜられたのだった。そんなある日、地元の女子大生が惨殺され、殺人容疑で知的障害を持つ青年ゲイりーが起訴された。世間の注目を集めるこの裁判を勝利に導けば、莫大な報酬を手にすると同時に、父に自分の実力を認めさせる事が出来る。不純な動機からゲイリーの弁護を引き受けたピーターだったが、天衣無縫な被告の人となりに接するうちに、次第に弁護士としての自覚と誇りに目覚めていく。だが、検察側の体制は盤石。ピーターは不利な証拠の数々を突き崩す事が出来るのか!? 人間ドラマの魅力とけれんたっぷりのミステリ趣向。“読者を眠らせない作家”マーゴリンがその真骨頂を発揮した疾風怒濤のサスペンス−−カバ−より−−
ふたりの世界 1 ベルファストの発端、2 バリケードの恋愛、3 ロンドンの生活、4 チェシャーの農園、5 ウェールズの家族 ジョアン・リンガード 晶文社 目録
  • 物語は北アイルランド、ベルファストの7月にはじまった。大人も子供もまっぷたつに分かれて生きる街、ベルファスト。プロテスタントとカトリックの対立のなかで運命の出会いが…。対立のなかの愛を選んだセイディーとケヴィン。 リンガードの感動の5部作、待望の初紹介。ーー 帯−1よりーー
処刑前夜 メアリ・W・ウォカ− 講談社 目録
  • テキサスの岩山とコロラドの清流を背景に聳えるマクファ−ランド邸。 だがこの豪邸は呪われていた。前妻の死に続く二度目の妻と住み込みの青年の変死。 犯人と思われた男が逮捕されてからも奇怪な事件は続く、真犯人は他にいたのか? 犯罪記者モリ−の決死の努力にも拘わらず犯人処刑の時は刻々と迫ってきた。−−カバ−より−−アガサ賞受賞作「凍りつく骨」に続く、待望の第2作目。/ 1994年、エドガ−・アラン・ポ−賞 最優秀長編賞受賞。
百年の旅人たち 李 恢成 新潮社 目録
  • 青森港に降り立ったのは老若男女とりまぜて二十人ばかりの朝鮮人だった。ついこの前まで日本人としてカラフトに暮らした彼らが、今は日本への不法入国者として故国へ強制送還されようとしていた。敗戦の日本を縦断する押送列車の一つ車輌のなかで、しかし彼らの思いは決して一つでは無かった・・・・・。混乱の時代の体験を基に、人間の諸相を根元から見つめ尽くす記念碑的大作。野間文芸賞受賞。ーー カバーよりーー
どさんこ大将 (上/ 半村 良 集英社 目録
  • 男はこう闘うんだ! 北海道日高山麓に、一人の怪童があらわれた。姓は山丸、名は常義。幼い頃から比類のない腕力と闘争心、統率力で大人たちからも一目置かれる少年だった。ケンカ、仕事、女 ・・・。あらゆる男の闘いに裸一貫、腕と度胸で立ち向かう北海道の怪男児の壮絶な生き様を描く熱血冒険小説。−−カバ−より−−
照柿 高村薫 講談社 目録
  • 男と女が恋に落ち、嫉妬に狂う熱病のような夏。殺人は起こった。魂をゆさぶる現代の"罪と罰"
スリー・アゲーツ (三つの瑪瑙) 五條 瑛 集英社 目録
  • 「お父さんは、必ずくる。」/ 家族は「約束の地」に行けるのか?/ 男は二つの家族のどちらを選ぶのか?/苦悩する北朝鮮スパイの、究極の選択。/ 皮肉なことに、二つの家族はまったく異なった体制の中で生きている。仮にここで日本の家族を採れば、北朝鮮にいる妻と娘に未来はない。すぐさま捕らえられるだろう。(中略)選ばねばならないーー。 チョンは石を握りしめ、その拳を額に当てて考えた。選ばなければ、どちらかの家族を選ばなければ、最悪の結末を迎えることになる。だが、選べるのか?(本文より)ーー 帯より ーー
はがかりながら「トイレと文化」考 スチュアート ヘンリ 文藝春秋 目録
  • 排泄物や排泄行為への対し方は、その文化によってさまざまである。他人と並んで楽しく行うやり方もあれば、絶対に見られまいとする人たちもいる。──そもそもなぜ人類は拭くようになったか、からトイレの歴史、糞尿の利用法など人とこの排出物の長いつきあいを愉快で意外なエピソードを交え、ウンチクをかたむけて考察する。ーーカバーよりー
月の狩人 ジクリト・ホイク 福武書店 目録
  • ドイツの絵本作家ジクリト・ホイクが初めて中学生向けに書いたお話です。 未開の「月を狩る」部族を訪ねて、父親とアマゾン奥地に分け入ったシェバはさまざまな出来事に出会います。 旅の途中で見た、さまざまなインディオたち、そして、 アマゾンの少年マヤクの部落で行われる、「月追いの祭り」の儀式で思いがけない出来事が待っています。


点字図書書棚へ