点字図書書棚へ

HIROBU文庫

名作ミステリー「鍵」や「医者の目に涙 ふたたび」他

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
. HIROBU文庫 . . .
15 烏丸ルヴォワール 円居 挽 講談社 目録
  • 京都の支配にもかかわるという謎の書『黄母衣内記』の所有者が不審死を遂げ、二人の弟の間で書を巡って争いが勃発。名門、龍樹家の若き論客たちは、依頼人から仕事を受け、私的裁判双龍会に臨む。ところが、瓶賀流は覆面をした正体不明の怪人“ささめきの山月”に誘われ、御堂達也ら龍樹家側の仲間たちと対決することになってしまう…。ルヴォワールシリーズ第2弾。、
14 丸太町ルヴォワール 円居 挽 講談社 目録
  • 祖父殺しの嫌疑をかけられた城坂論語は、変幻自在の論客が丁々発止の応酬を繰り広げる私的裁判“双龍会”の被告となる…容疑を解くためではなく、事件当日、屋敷の一室で二人きりの甘く濃密な時間を過ごした謎の女性“ルージュ”と再会する、ただそれだけのために…。、
13 君の望む死に方 石持 浅海 祥伝社文庫 目録
  • 余命六カ月―ガン告知を受けたソル電機社長の日向は、社員の梶間に、自分を殺させる最期を選んだ。日向には、創業仲間だった梶間の父親を殺した過去があったのだ。梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行させるために、幹部候補を対象にした研修を準備する日向。彼の思惑通りに進むかに見えた時、ゲストに招いた女性・碓氷優佳の恐るべき推理が、計画を狂わせ始めた…。
12 救命センター当直日誌 浜辺 祐一 集英社文庫 目録
  • 東京下町の救命救急センター。運ばれてくるのは、酔っぱらい、自殺未遂、クモ膜下出血、交通事故などで生死の際の患者たち―。 最先端の医療現場では、救命だけが仕事ではない。助かる見込みのない患者を、いかにその人らしく安らかに逝かせてあげるか、それもセンターの医者の役割なのだ。 危機に瀕した患者をめぐる医療の建前と現実を知り尽くした医者が描く、緊迫のヒューマン・ドキュメント。
11 BG、あるいは死せるカイニス 石持 浅海 創元推理文庫 目録
  • 星降る夜、天文部の観測会に参加したはずの姉が何者かに殺害された。男性化候補の筆頭で、誰からも慕われていた姉が、 何故?さらに期末試験が終わった日、姉の後継者と目されていた小百合までもが被害に。姉が遺した謎の言葉“BG”とは果たして何を意味するのか―。 全人類が生まれた時はすべて女性、のちに一部が男性に転換するという世界を舞台にした学園ミステリの意欲作。
10 図書館の神様 瀬尾まいこ ちくま文庫 目録
  • 主人公は、清く正しい青春をバレーボールに捧げてきた、その名も清(きよ)。あることがきっかけで、夢をあきらめて教師になるべく、 海の見える中学校に赴任する(教員採用試験に受かっておらず、臨時雇いではあるが)。そこで、思いがけず文芸部の顧問となった清に訪れた変化とは……。 「卵の緒」で坊っちゃん文学賞を受賞した瀬尾まいこの、デビュー第2作。大幅にファンを増やした評判作の、待望の文庫化。単行本未収録の幻の短篇「雲行き」も収録。
アナン、(上/下) 飯田 譲治・梓 河人 講談社 目録
  • 東京に初雪が降った夜、高級料亭のゴミ置き場に、生まれたばかりの赤ん坊が捨てられていた。 その子を発見したのは、流という名の記憶喪失のホームレスだった。 拾われた赤ん坊は「アナン」と名付けられ、流と仲間たちによって育てられる。 やがて、アナンの周囲で不思議な現象が次々と起こるようになる―。(上巻より)
ピカドン−だれも知らなかった子どもたちの原爆体験記 −− 講談社 目録
  • 「あそびましょ。」といったと思ったら、「ピカ」と光った。(本文より)
月の裏 The Dark Side of The Moon 恩田 陸 幻冬舎 目録
  • 文学作品や映画の舞台として名高い九州の水郷都市・箭納倉(やなくら)。ここで一年に三件の失踪事件が相次いだ。消えたのは、いずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに三人とも、じきにひょっこり戻ってきたのだ、失踪中の記憶を喪失したまま。まさか宇宙人によるアブダクション(誘拐)か? 新興宗教による洗脳か? それとも……。事件に興味を持った元大学教授・協一郎と娘の藍子、それに教え子の音楽プロデューサー・多聞は、<人間もどき>の存在に気付いた。−− 帯より −−
ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間 菅谷 昭 ポプラ社 目録
  • 1986年4月26日。チェルノブイリ原子力発電所で史上最悪の爆発事故が起きました。放射能に汚染された土地では、小児甲状腺ガンが増えつづけています。「ここで、ぼくの医療技術が役立つかもしれない!」 現地の悲しい状況を知った菅谷昭医師は、ひとり、ベラルーシで暮らしはじめます。そこで菅谷医師が出会ったのは、病気や放射能への不安を抱えながらも、自分の命を大切にし、明日への希望を胸に、精一杯生きているこどもたちでした。 −− 原本カバーより −−
約束の国への長い旅 篠 輝久 リブリオ出版 目録
  • ほんとうにあった愛の記録! 1940年の夏、リトアニア国の日本領事館のまわりはたくさんの人の群れにうめつくされました。男も女も老人も子ども達もいます。みんなじっとおしだまったままです。人びとの声にならない息づかいが、朝の領事館を包んでいました。ポーランドからナチスの迫害をのがれてきたユダヤ人難民です。彼らには、日本への逃げ道しか残されてしません。みんな必死に「日本を通るビザをください」と杉原領事に訴えました。「ビザを出してよろしいか?」 杉原さんと日本の外務省との間で、ビザをめぐり何回も暗号電報のやりとりが続きます。しかし、日本政府の答えは「ビザを出すな」という命令でした。祖国にしたがうか、人類愛に生きるか──杉原さんと奥さんはつらい立場にたたされます。(表紙カバーより)
愉快なナースのないしょ話 (注)読点省略データです 小林光恵 フォー・ユー 目録
  • 漫画「おたんこナース」の原作者である小林光恵の著書。看護婦さんを困らせる愉快な患者さんとのエピソードが満載。 (注)読点省略データです
医者の目に涙 ふたたび 石川恭三 集英社 目録
  • 杏林大学医学部内科学教授である、著者の心に残る患者さんとの出会いと別れ
羊の宇宙 夢枕 獏 講談社 目録
  • 20世紀に語り尽くされなかった宇宙が、ここにある。 (カバーより)
乃南アサ 講談社 目録
  • 高校二年生の麻里子のカバンに、知らぬ間に一つの鍵が押し込められた――。近所で連続して起きる通り魔事件は、ついに殺人にまでエスカレート。父も母もいなくなった障害を持つ女子高生と、その面倒を見なければいけなくなった兄や姉との心の通い合いをも見事に描いた、新直木賞作家の泣ける名作ミステリー。(裏表紙より)


点字図書書棚へ