点字図書書棚へ

カドフェル文庫

修道士カドフェル・シリーズ。本格ミステリーとしてだけではなく、奥行きのある小説としても充分に楽しめます

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 
お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
21 修道士カドフェルの出現 修道士カドフェル短編集 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • この世は広くて美しく興味は尽きないが、道しるべなど、どこにもありはしない‥‥‥十字軍に参加した後、地中海で海賊船と戦ってきた練達の戦士カドフェルは、イングランドへ帰る船の上で考えていた。最後に仕えることになった主人のともをしてウッドストックへ向かった彼は40歳をすぎて人生の重大な岐路にたつことになる−−カドフェルが修道士になったいきさつを描いた短編集ほか。−−原本カバーより−−
20 背教者カドフェル 修道士カドフェル・シリーズ 20 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 「オリヴィエ・ド・ブルターニュはわたくしの息子なのです」。ラドルファス院長に打ち明けたカドフェルは、捕虜となったまま所在不明の息子を捜しに、コヴェントリーで開催される和平会議に出席するヒューとともに旅立つ。カドフェルにとってそれは、背教者となる決意をしての旅でもあった。オリヴィエの居場所を突き止め、単身乗り込むカドフェルだが、戦闘に巻き込まれて‥‥。−−原本カバーより−−
19 聖なる泥棒 修道士カドフェル・シリーズ 19 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 略奪されたラムゼー修道院から寄進を募るために副院長補佐と見習い修道士がやって来た。おりしも洪水で聖ウィニフレッドの整骨箱をはじめ貴重品の避難がされたが、水が引いたときに整骨箱が紛失していることが判明。カドフェルの調査により、招待不明の修道士にいわれてラムゼーへ送る荷馬車に運び込まれたことがわかるが、証人として修道院へ呼ばれた羊飼いはやって来なかった。−−原本カバーより−−
18 デーン人の夏 修道士カドフェル・シリーズ 18 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 司教の使者としてマークがやってきてウェールズへの旅の供ををすることになった。カドフェルにとって嬉しい旅になるはずだったが。グウィネズ領主オエインや結婚を嫌うウェールズ娘ヘレズと出会うが、追放されていたオエインの弟キャドウォラダがデーン人を雇い、船で押しかけてきたという知らせが入る。その騒ぎの最中へレズが行方不明に鳴り、キャドウォラダの部下が殺される。−−原本カバーより−−
17 陶工の畑 修道士カドフェル・シリーズ 17 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 1143年ホーモンドとシュルーズベリの修道院間で 所有時の交換が行われ、後日そこを耕作しているとき鋤が女性の黒髪を掘り起こした。急遽呼ばれたかどふぇるはこの女性が誰であるか調べを進める。子の土地は以前、荘園主からホーモンド修道院へ寄進されたもので、今はシュルーズベリの修道士となっている流アルドが陶工としてかりていた畑であり、その妻が行方しれずになっていた。−−原本カバーより−−
16 異端の徒弟 修道士カドフェル・シリーズ 16 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 聖地に巡礼に出たが旅の途中で死んだ商人の柩が修道院に着いた。死者を連れ帰った徒弟は修道院の墓地に埋葬を希望したが,折から滞在中の大司教の死者は商人の生前の考えをもとに異端者としてその願いを退けようとする。修士会で主人の疑いを晴らした徒弟は次に自分が異端者として告発される。やがて商人の家の番頭が殺され、カドフェルが乗り出すが、事件の鍵は意外なところに。−−原本カバーより−−
15 ハルイン修道士の告白 修道士カドフェル・シリーズ 15 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 事故で瀕死の重傷を負ったハルイン修道士は死を目前にして院長とカドフェルに告白した。若い頃恋しあった娘とその子を薬草を持って死に至らしめたと。奇跡的に回復したハルインは墓前でその罪を詫びるためカドフェルとともに旅に出、娘の母であるかつての女主人を尋ねたがていよくあしらわれる。帰路、一夜の宿を求めた館で出合った人々とそこで起こった事件の浦にあるものは? −−原本カバーより−−
14 アイトン・フォレストの隠者 修道士カドフェル・シリーズ 14 エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 修道院に預けられていた10歳のリチャード・ルーデルは父の死によりイートンの荘園主となった。彼の祖母ダイオニシアは野心家で、領地を増やすためいやがるリチャードに結婚を迫る。一方、カスレッドと名乗る隠者がアイトンの森に草庵をかまえた。ダイオニシアの力によることであったが、以来修道院の森に災難が続く。やがて隠者の従者を尋ねた男の死体が森の中で発見される。−−原本カバーより−−
13 代価はバラ1輪 修道士カドフェル・シリーズ(13) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 夫が亡くなったとき、ジュディス・パールは門前通りの家を修道院に寄贈したーー毎年その家の庭に咲く白バラを1輪届けてもらうということをただ一つの条件にして。ある日、バラの木は切り倒され、かたわらにバラを届ける役目を負っていた若い修道士の死体が発見された。若く美しいジュディスは資産家でもあり、求婚者がひきもきらない状況だったが、彼女の行方がわからなくなった。−−原本カバーより−
12 門前通りのカラス 修道士カドフェル・シリーズ(12) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • ラドルファス院長がつれてきた新任の門前通りの教区司祭。学識は高いが、厳格・無慈悲で、謙虚さと人間的寛容さを欠いた男だった。黒い僧衣の裾を翻して通りを歩く姿から「門前通りのカラス」とあだ名され嫌われ、やがて水車池で溺死体となって発見された。住民には天恵とも言うべき死だったが、真実の究明が真の心の平和をもたらすと考えるカドフェルは調査をはじめる。 −−原本カバーより−−
11 秘跡 修道士カドフェル・シリーズ(11) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 1141年焼け落ちたハイド・ミードの修道院から二人の修道士がシュルーズベリに逃れてきた。十字軍に従軍し負傷して修道士になったヒュミリスと、彼を献身的に看護する口のきけないフィデリスである。ヒュミリスは従軍する前に当時6歳のジュリアンと婚約していたがそれを破棄していた。そして今、尼僧になるといって家を出たはずのジュリアンが行方を絶っていた。殺されたのか?−−原本カバーより−−
10 憎しみの巡礼  修道士カドフェル・シリーズ(10) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 修道院は聖ウィニフレッドの遺骨の移送祭に各地からやってきた巡礼者で賑わっていた。一方、ウィンチェスターでモードの支持者が殺され、その探索も行われていた。病いを持つ巡礼者の手当に忙しいカドフェルは、彼らの中に奇妙な若者たちを見つけ頭を悩ます。ひとりは裸足で道中を歩き通し、もう一人はそれにぴったりと寄り添うようにして片時も離れない。この若者たちはいったい? −−原本カバーより−−
死者の身の代金 修道士カドフェル・シリーズ(9) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 王権争いは激しくなりリンカーンの戦いでスティーブン王は捕らわれ、修執行長官プレストコートもウェールズの捕虜となった。彼を取り戻すには捕虜の交換しかないが、おりしもウェールズの身分ある若者がとらえられ、シュールズベリ修道院に連れてこられた。彼らの交換が実現しそうになった時、負傷したプレストコートが修道院の病室内で殺害される。カドフェルの調査が始まる。  −−原本カバーより−−
悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル・シリーズ(8) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 1140年の秋、修道院は一人の若者を見習い修道士として受け入れた。荘園主の次男であるメリエットは、一刻も早く正式の修道士になれる様に焦っているが、深夜になるとうめき声を発し、仲間から「悪魔の見習い修道士」と呼ばれるようになった。同じ頃メリエットの家に泊まった司教の使者が行方不明になった。悪夢の背後になにかあるのか? カドフェルの探索は意外な展開を見せる。−−原本カバーより−−
聖域の雀 修道士カドフェル・シリーズ(7) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • ある夜、ラドルファス以下が静かに祈りを捧げていた教会に、ひとりの若者を追って群衆がなだれ込んだ。金細工人の家で結婚披露宴の余興の芸をしていた放浪の芸人が、金銀を奪いその家の主人を殺したというのだ。若者は庇護権を盾に修道院という聖域にかくまわれた。やがてその隣家の男が殺される。金細工人の家になにかがある。若者の無罪を信じるカドフェルが乗り出す出番がきた。   −− 原本カバーより −−
氷のなかの処女 修道士カドフェル・シリーズ(6) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 1139年冬、女帝の軍勢に攻められたウスターからの避難民の中にいるはずの貴族の姉弟が行方不明になった。 一帯は野党が暴れ回り、あちこちで虐殺が行われていた。捜索に出たカドフェルは弟を見つけた帰途、凍結した川の中に凍りついた娘の死体を発見する。それは姉弟と行動を共にしていた修道女だった。姉娘はいったいどこに? 捜索を続けるカドフェルの前に現れた若者は誰?   −− 原本カバーより −−
修道士カドフェル・シリーズ(5):他グループで点訳済(「ないーぶネット」などから入手してください)
聖ペテロ祭の殺人 修道士カドフェル・シリーズ(4) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 毎年8月1日から3日間、修道院の盛大な祭りが行われ、各地から商人がやってきて町はにぎわう。しかし、今年は収益をめぐって修道院と町民の間でいざこざがあり、祭りの当日、ブリストルからやってきた商人が死体で発見された。町長の息子が逮捕されるが、第2の殺人が起こる。修道院にとって宗教的にも経済的にも重要な祭りでの事件に、新修道院長ラドルファスはカドフェルに捜査をまかせる。   −− 原本カバーより −−
修道士の頭巾 修道士カドフェル・シリーズ(3) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • シュルーズベリに穏やかな冬の日が戻ってきたある日、修道院の客人になった荘園主が毒殺された。料理に仕込まれたのは、猛毒トリカブトーー俗に言う“修道士の頭巾”を成分とする油薬でカドフェルが調合したものだった。男には実子がなく、しかも連れ子を持つ男の妻は、若き日のカドフェルが愛した、リチルディスだった! 彼女の子にかかった疑いを晴らすためカドフェルは奔走する。  −− 原本カバーより −−
死体が多すぎる 修道士カドフェル・シリーズ(2) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 1138年イングランドの先王の死とともに王の娘モードと従兄弟スティーブンの間で継承権を巡って起こった戦い。スティーブンに占拠されたシュルーズベリでは捕虜となった94人が処刑された。埋葬のために城内に向かったカドフェルは95人の死体を見つけた。紛れ込んだ死体はいったい誰なのか? 誰に、なんのために殺されたのか?若き死者を悼んだカドフェルの捜査が始まる  −− 原本カバーより −−
聖女の遺骨求む 修道士カドフェル・シリーズ(1) エリス・ピーターズ 社会思想社 目録
  • 12世紀半ばのイングランドのシュルーズベリ修道院。5月初めの気持ちよく晴れ上がった朝だった。かつて十字軍に参加し、今は薬草園の世話をしている修道士カドフェルは、今日こそはグウィセリンの遺骨の話が持ち上がるに違いない、と思った。 野心家の副修道院長が有力な聖人の遺骨を手に入れて、この大修道院の守護聖人にまつろうと、聖人の遺骨探しに奔走していたからだ‥‥ −− 原本カバーより −−

点字図書書棚へ