点字図書書棚へ

かおかお文庫

泡坂 妻夫 集など

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
かおかお文庫
蓬莱洞の研究 田中 啓文 講談社 目録
  • ”常世の森”で続出する失踪事件、学園の秘密行事”蛭女山祭”中に現れる巨大な怪物、合宿中のいわくありげな旅館で発生する連続殺人!私立伝奇学園民俗学研究会を次々に襲う理不尽な事件に古武道の達人女子高生諸星比夏留と民俗学の天才高校生保志野春信が挑む。”かまいたちの夜2”の原作者が贈る学園伝奇ミステリの傑作。 (本書カバーより)
笑酔亭梅寿謎解噺 田中 啓文 集英社 目録
  • ストイックなまでの古典に対する敬意が透けて見えるビルドゥングスロマン。それにしても、つくづく落語と本格ミステリは相性が好い。―― 恩田陸、落語界のことをほんとによく知ってますな。ひょっとしたらこの人ほんまは落語家とちゃうん?―― 桂雀三郎、これが髪型のお笑いや、謎解きや!上方落語の世界を舞台に描く、青春落語ミステリ!(本書カバーより)
UMAハンター馬子シリーズ
UMAハンター馬子 完全版2 田中 啓文 学習研究社 目録
  • 雪男、グロブスター、チュパカブラ、クラーケン――UMA(未知生物)を追う蘇我家馬子と弟子イルカの旅は続いた。しかしイルカは、馬子がUMAに寄せる痛切なまでの共感の情に気づいていく。いっぽう、世界の終わり<ヨミカヘリ>の刻が迫るなか、山野千太郎のUMA探索も熾烈さを極めていた。朗々と響きわたる”おんびき祭文”とともに、世界の命運を賭けた最後の闘いが始まる……伝説の珍伝奇シリーズ、奇跡の完結 (本書カバーより)
UMAハンター馬子(二)闇に光る目 田中 啓文 学習研究社 目録
  • ド派手な衣装にこてこての化粧、見た目は「大阪のおばはん」で、どケチ、傲慢、粗暴、両刀使いの淫乱だが、ある種の民俗学的な知識は学者顔負け…。素性は謎だらけの蘇我家馬子は幻の伝統芸能「おんびき祭文」唯一の継承者である。芸は一流ながら、ドサ回りばかりなのは不老不死の伝説が残る地方をえり好んでいるからだ。しかし弟子イルカもその理由を知らない。行く先々にはなぜかUMAが現れ、馬子が珍説・奇説で正体を暴いていくのだが……。痛快無比の伝奇ギャグミステリ、パワーアップして登場!!(本書カバーより)
UMAハンター馬子(一)湖の秘密 田中 啓文 学習研究社 目録
  • 日本でも珍しい「おんびき祭文」の語り部、蘇我家馬子(そがのやうまこ)。芸は一流だが、性格、素行に問題あり。弟子のイルカを筆頭に辺りかまわず大阪弁で毒を吐き、傍若無人なことこの上ない「最悪のおばはん」である。そんな馬子がえり好む地方巡業先には、何故かUMA(未知生物)の噂と不老不死の伝説がつきまとう。イルカにも明かされぬ馬子が探る秘密とは何なのか? そして、二人の行く手に必ず現れる謎の男・山野千太郎の目的は?作家による小説直販サイト「e-NOVELS」で選考連載中に文庫化という”21世紀型”本格伝奇ギャグミステリ、ここに誕生!(本書カバーより)
京極 夏彦シリーズなど
鉄鼠(てっそ)の檻(おり) 京極 夏彦 講談社 目録
  • 其後頼豪ガ亡霊忽ニ鉄ノ牙、石ノ身ナル八万四千ノ鼠ト成テ、比叡山ニ登リ、仏像経巻ヲ噛破ケル間、是ヲ防ニ無術シテ頼豪ヲ一社ノ神ニ崇メテ其怨念ヲ鎮ム。鼠ノ禿倉是也。「太平記巻十五−園城寺戒壇事」京極夏彦の超絶ミステリ 第四作。
狂骨(きょうこつ)の夢(ゆめ) 京極 夏彦 講談社 目録
  • 骨は井中の白骨なり。世の諺に甚しき事をきやうこつといふも、このうらみのはなはだしきよりいふならん。「今昔百鬼拾遺下之巻−雨」 京極夏彦の超絶ミステリ 第三作。
魍魎(もうりょう)の匣(はこ) 京極 夏彦 講談社 目録
  • 形、三歳の小児の如し、色は赤黒し、目赤く、耳長く、髪うるはし、このんで亡者の肝を食ふと云。「今昔続百鬼巻の下」京極夏彦の超絶ミステリ 第二作。
姑獲鳥(うぶめ)の夏 京極 夏彦 講談社 目録
  • 産の上にて身まかりたりし女、その執心、此のものとなれり。其のかたち、腰より下は血にそみて、其の声、おばれう、おばれうと鳴くと申しならはせり。 「百物語評判」 京極夏彦の超絶ミステリ 第一作。
・その他シリーズ
蹴りたい田中 田中啓文 早川書房 目録
  • 第二次大戦下で鬱屈する少年兵たちの、複雑な心象を描破した珠玉作「蹴りたい田中」で第130回茶川賞受賞後、突如消息を断った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲んで、幼少時から出奔までの偉大なる生涯を辿る単行本未収録作8篇+αを精選、山田正紀、菅浩江、恩田陸などゆかりの作家・翻訳家・編集者らによる証言、茶川賞受賞時の貴重なインタビュウ「未到の明日に向かって」までを収録した遺稿集(本書カバーより)
三人のゴーストハンター 国枝特殊警備ファイル 我孫子 武丸、田中 啓文、牧野 修共著 集英社 目録
  • 普通の警備会社が恐れをなした怪異現象がらみの事件ばかりを扱う国枝特殊警備保障。生臭坊主・洞蛙坊、美貌の霊媒師・比嘉、反オカルト科学者・山県の三人が個々の特殊能力を発揮して、都市の魑魅魍魎に挑んでいく――。やがて彼らは、自分たちを結びつけた四年前の幽霊屋敷事件の真相に……!異才、鬼才、天才の集結が生み出す三通りのマルチエンディング付きセッション・ノベル。 (本書カバーより)
夏のグランドホテル 異形コレクション 井上 雅彦 編 光文社 目録
  • 星の降る夜のスペシャル・プラン/ようこそ。おいでくださいました。此処は、知る人ぞ知る伝説のホテル。運良く訪れることのできた宿泊客だけが、自分だけの秘密にし、他人に教えたがらないという「桃源郷」。真昼の幽霊のようにひっそり佇む、あのエレガントな白亜の西洋館こそが、<夏のグランドホテル>。そう。今宵の貴方のための、真夏の夜の夢……の舞台なのです。 (本書カバーより)
グランドホテル 異形コレクション9 井上 雅彦 監修 廣済堂出版 目録
  • ヴァレンタインの夜の恐怖。 闇を愛する皆様。ようこそ。おいでくださいました。此処は、知る人ぞ知る伝説のホテル。超一流のサーヴィスを受けるに相応しい読者の皆様方を、かねてより、お招きいたしたく、ご案内状をしたためた次第です。はい<異形コレクション>九回目のおもてなしは、この<グランドホテル>のヴァレンタイン・プランから。 (本書カバーより)
異形家の食卓 田中啓文 集英社 目録
  • この本は食卓で読むべきものである。ここに展開される遺恨・嗜虐・汚物・人肉・怨念・吐瀉。タナカ・ワールドはまさにグロテスクの饗宴だ。いったい作者の、かくも徹底した想像の、過剰なエネルギーの源泉は何であろうか? 筒井 康隆/ブラックな笑いと、前人未到の恐怖に彩られた異才田中啓文、初の短編集!(本書帯より)
長靴をはいた猫 澁澤 龍彦 河出書房新社 目録
  • 「赤頭巾ちゃん」にしても「眠れる森の美女」にしても、本来は血なまぐさくて荒々しく、セクシャルで残酷な民話だった。ペローの童話はその味わいを残しながら、一方では皮肉な人間観察や教訓にみち、童話文学の先駆的作品となった……この残酷で異様なメルヘンの世界を、澁澤龍彦はしなやかな日本語で甦らせた。独特の魅力あふれる片山健の装画をそえておくる決定版ペロー童話集!! (本書カバーより)
<太陽の女王号>シリーズ2 恐怖の疫病宇宙船 アンドレ・ノートン 早川書房 目録
  • 惑星サーゴルの交易で銀河唯一の芳香宝石を手に入れた<太陽の女王>号一行は、その代価として地球産香料植物を要求され、急ぎ地球へ飛び立った。ところが超空間飛行に入ってまもなく、乗組員が次々と原因不明の病気で倒れ始める。頭痛、意識不明、続いて首の後の奇妙な発疹……。疫病!――それは貿易船の出会う危険の中でも最悪のものだ。疫病船は発見され次第、感染を拡げないよう星間パトロールの手で恒星にたたきこまれてしまう。何故か病気を免れたデインら四人の若者は、ついに死中に活を求むべく地球着陸を決意するのだが……。宇宙シリーズ第二弾!(本書カバーより)
銀河帝国の弘法も筆の誤り 田中 啓文 早川書房 目録
  • 「ブラックホールの中にホトケはいるかおらぬか、そもさん」史上初めて傍受された知的生命体からのメッセージは、なぜか敵意むきだしの禅問答であった!? ――<人類圏>存亡の危機に立ち向かう伝説の高僧・弘法大師の雄姿を描く表題作、大量のゲロとともに銀河を遍歴した男の記録「嘔吐した宇宙飛行士」など、人類数千年の営為がすべて水泡に帰す、おぞましくも愉快な遠未来宇宙の日常と神話、5篇を収録するSF短篇集!(本書カバーより)
・泡坂 妻夫シリーズ
20 湖底のまつり 泡坂 妻夫 幻影城 目録
  • 推理作家協会賞受賞第一作;ダムの水底に沈む山村を舞台に展開される奇妙な殺人事件。推理文壇の新鋭・泡坂妻夫が満を持して放つ異色の長編ミステリ。(本書帯より)
19 比翼 泡坂 妻夫 光文社 目録
  • ミステリー作家にして奇術師 名匠が仕掛ける謎の万華鏡『奇術探偵 曾我佳城全集』で「このミステリーがすごい!」2001年度版第1位「本格」の名匠・泡坂妻夫の最新刊(本書帯より)
18 煙の殺意 泡坂 妻夫 講談社 目録
  • 騙し絵を見る愉しさ、知的ゲームとしての推理小説に挑む本格派の気鋭泡坂妻夫の最新傑作集、本書に収録した作品についての内容紹介は致しません。作品のディテールそれぞれがトリックの伏線になっており、なまじ内容紹介などすると、読者の騙される愉しさを奪うことになるからです。著者が技巧をこらして描いた「騙し絵」 の世界を存分に堪能してください。(本書帯より)
17
毒薬の輪舞 泡坂 妻夫 講談社 目録
  • 創業80周年記念推理特別書き下ろし 精神病院を殺人鬼が徘徊する!? 狂気と正気が交錯する、驚天動地の毒殺トリック! (本書帯より)
16
乱れからくり 泡坂 妻夫 幻影城 目録
  • 玩具会社「ひまわり工芸」の製作部長馬割朋浩は、妻の真棹と一緒に海外旅行に出かける直前、降ってきた隕石が自動車に当たるという奇禍にあって死亡した。その葬儀も終わらぬうちに、馬割家に起こった連続殺人。事件の裏に潜む馬割家の謎と、ねじ屋敷の迷路の秘密を追って、男勝りの興信所所長宇内舞子と新米社員の勝俊夫の活躍が始まる。正五角形の迷路に隠されていた秘密とは・・・。からくり人形にこめられた殺意の真相は・・・。日本推理作家協会賞受賞作、直木賞候補作。
15
ヨギ ガンジーの妖術 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • ドイツ人とミクロネシア人と大阪人の混血にして、ヨーガと奇術の達人ヨギ ガンジー。シカゴではすりの実演、ロンドンではヨーガの教授、そして東京では医者を相手に催眠術の講義。心霊術、念力術、分身術、予言術・・・意表をつく犯罪にヨーガの極意と妖しげな術で挑む正体不明の名探偵はちょっとエッチ。超能力かトリックか? 人生に退屈しているアナタへ贈る必笑・妖術講座!
14
花火と銃声 泡坂 妻夫 講談社 目録
  • 強請の常習者が隅田川べりのアパートで絞殺されたとき、「犯人」は目と鼻の先、川船の中で接客中だった。魔術さながらの脱出トリックか、それとも・・・。鉄壁のアリバイに挑む、美貌の奇術師・曾我佳城。その彼女に次々と罠を仕掛ける犯人たち。トリックの限界に挑戦する作者と名探偵と犯人の華麗で壮絶な競演!
13
朱房の鷹 宝引の辰捕者帳 泡坂 妻夫 文藝春秋 目録
  • 将軍様の鷹が殺されたご公儀の威光を笠にきた鷹匠に対する庶民の恨みとおもいきや・・・。神田の辰親分、42歳。円熟の十手さばき
12
鬼女の鱗 宝引の辰捕者帳 泡坂 妻夫 文藝春秋 目録
  • 宝引の辰は千両町ではちょっといい顔の岡っ引。千種の股引に茶弁慶の羽織、帯には十手が突っ込んである。色が黒く、目は大きく、よくない人相の男だが、十手さばきはしつこいくらいに真面目そのもの。手先の松吉を使って、皆目不可解な事件をあざやかに謎解きする。まず手始めは、千両小町とうたわれた、お姚殺しの一件だ。
11
自来也小町 宝引の辰捕者帳 泡坂 妻夫 文藝春秋 目録
  • 蛙一匹百両の絵が消えた・・・。またたく間に値のつりあがる吉祥画ばかりを狙う怪盗自来也小町。迎えうつは宝引の辰親分。絵画ブームあり、グルメ熱あり、今でいうホストクラブの野郎茶屋に入れあげる熟女あり。現代のことは江戸に訊け。今は昔とうりふたつ。トリックと江戸情緒が満載。逸品七編の競演です。
10
死者の輪舞 泡坂 妻夫 講談社 目録
  • 東京競馬場の曲垣賞のレースの最中に六山代造という男が殺された。犯人はすぐに、暴力団・丁金組の幹部である筒見順と判明した。ところが筒見は何者かに撃ち殺された・・・。次から次へと起こる奇妙な連続殺人事件。事件の全貌は? 真犯人は? そして動機は? 結末まで気を抜いては読めない力作長編推理。
花嫁のさけび 泡坂 妻夫 講談社 目録
  • 花嫁のさけび
泡坂妻夫の怖い話 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • 最近、奥さんの態度に変化はありませんか?夢でみたような艶っぽい話からゾッとするような現実の恐怖まで「幻影城」掲載作から最新作まで、20年間の泡坂トリック=ショート・ショート集大成!
しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • 二代目教祖の継承問題で揺れる巨大な宗教団体”惟霊講会”。超能力を見込まれて信者の失踪事件を追うヨギ ガンジーは、布教のための小冊子「しあわせの書」に出会った。41字詰15行組みの何の変哲もない文庫サイズのその本には、実はある者の怪しげな企みが隠されていたのだ―。マジシャンでもある著者が、この文庫本で試みた驚くべき企てを、どうか未読の方には明かさないでください。
泡亭の一夜 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • 寄席「泡亭」ご招待笑いのツボに効く、クスリあります・・・。絶妙のオチが冴える新作落語、小粋な人情噺に、怪談噺、奇術の指南もございます。
鬼子母像 泡坂 妻夫 祥伝社 目録
  • 「大人の味ね。・・・お母さんから教わったの」「ええ、母の味です」離婚経験のあるタウン誌編集長の奥山美知子は、母親を亡くしたばかりの年下のアルバイト青年、西木総一と愛人関係にあった。ある日、取材で訪れた古寺で子を慈しむ鬼子母神像の姿に魅せられた総一は、美知子を自宅に招き、手料理でもてなすのだが・・・。(表題作より) 恐怖、幻想、愛憎、官能、そして追憶・・・。熟達の名手が多彩な仕掛けで紡ぐ十二の物語。珠玉の名品集!
喜劇悲奇劇 泡坂 妻夫 角川書店 目録
  • 奇術、猛獣使い、アクロバット、危険術と、バラエティショウを一杯につめこんだショウボート。港々を回航しながら興行をうっていこうという趣向だ。ところが初日を明後日に控えて殺人事件がおこったのだ。しかも連続殺人が・・・。そのうえ被害者には奇妙な共通点があった。回文の名前を持つ――つまり上から読んでも下から読んでも同じ名前になる人物が、次々と殺されていったのだ・・・。トリック作りの第一人者が、奇抜な謎とペテンの楽しさを読者に贈るミステリーの一級品。
びいどろの筆 泡坂 妻夫 徳間書店 目録
  • 泉鏡花賞作家が、江戸情緒ゆたかに描く新捕物帳! 荒木無人斎流柔術の達人にして文人、八丁堀定町廻り同心、空中楼夢裡庵先生の推理は冴えて・・・・。
ダイヤル7をまわす時 泡坂 妻夫 光文社 目録
  • 小さなトリックで大逆転! 読者に挑戦する本格ミステリー著者があなたにつきつけた”犯人当て”! ヒントは小さなトリックですが、各作品にちりばめてあります。極上ナイトキャップ。
生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • この本は絶対に立ち読みできません。はじめに袋とじのまま、短編小説の「消える短編小説」をお読みください。そのあと各ページを切り開くと、驚くべきことが起こります――。そして謎の超能力者と怪しい奇術師、次々にトリックを見破るヨギガンジーが入り乱れる長編ミステリー「生者と死者」が姿を現すのです。史上初、前代未聞驚愕の仕掛け本です。読み方にご注意してお楽しみください。 (表紙カバーより)

点字図書書棚へ