点字図書書棚へ

みのお文庫

話題の新聞小説、人気の連載がハードカバーになりまし

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック
項番
本の題目
著 者
出版社
備考
みのお文庫
14 子供たちに伝えたい、原発が許されない理由「小学4年生=10歳から読めます」 小出裕章 東邦出版 目録
  • 「特別企画」として、『子供たちに伝えたい、原発が許されない理由』を点訳しました。福島原発事故から約3年半がたち、その記憶がどんどん薄れ、政府は再稼働に向け動いています。3年前の9月に発刊された本書は、サブタイトルに「小学4年生から読めます」とあるように、やさしい言葉で書かれ、原発とその問題について、その入門編として適当と思い、点訳しました。 
13 手紙 東野圭吾 毎日新聞社 目録
  • 世界は扉を閉ざしている/ あなたが彼ならどうしますか?/ あなたは彼に何をしてあげられますか?/兄は強盗殺人で服役中。そのとき、弟は −− 『白夜行』から3年、東野圭吾の新たな代表作!/ 兄貴、俺の言っていることは、夢みたいなことなのかな。断ち切られた兄弟の絆。希望なき世界を彷徨う人生。いつか罪は償われ、傷は癒されていくのだろうか。「毎日新聞日曜版」大反響連載、待望の単行本化。−−−(原本カバーより)−−−
12 HPR3.01のヘルプから【キー操作ガイド】編 --- IBM 目録
  • ホームページリーダーVer.3.01に同梱されているヘルプ(HPR3help.html)の中から18.キー操作ガイド ・キーの要約リスト(keyshort.html) ・ホームページ・リーダー バージョン3.01のキー操作(HPR3keys.html) を点訳。
11 金ではなく鉄として 中坊公平 岩波書店 目録
  • 待望の決定版・自叙伝「弁護士・中坊公平」の目覚め// 虚弱で人付き合いも下手で、ぼんぼん育ちの劣等生であった中坊少年は、どのようにして、弱きを助け、強きを挫く「弁護士・中坊公平」になっていったのか。幼少期の思い出から、森永ヒ素ミルク事件を担当するまでの、いわば「人間・中坊の原型」を、数々の印象的なエピソードを辿りながら描き出していく。決定版・自叙伝である本書は、同時に、今日の教育の在り様や、働くということの本質、個人と社会の関わり方などに関する、われわれへの熱いメッセージでもある。 −−−(原本カバーより)−−−
10 箸墓幻想 内田康夫 毎日新聞社 目録
  • 卑弥呼の墓とも言われながら、実像はベールに隠された奈良・箸墓古墳。その謎を追究していた、畝傍考古学研究所の元所長・小池拓郎が殺される。真相を追う浅見光彦を待ち受けていたのは、歴史を超えた、女たちの冥い情念だった。闇は御霊たちの呪いのように、冷たく、深いーー。やがて起きた第二の殺人に、あさみは・・・。戦慄の展開、驚天動地の結末、限りなく深い余韻。毎日新聞日曜版に連載され、大反響を呼んだ、内田文学の新たな頂点! −−−(原本カバーより)−−−
おーいタクヤくん 肥田 美代子 毎日新聞社 目録
  • 2001年1月3日から1月31日まで、毎日新聞朝刊に連載。
チェンジアップ − 「三振にもポリシーがある!」 豊田泰光 三笠書房 目録
  • たとえば「土壇場の心理」 とにかく振る、振らねば何も起こらない!   誰だって2ストライクに追い込まれると、ちょこんと当てようかという気持ちになる。私もそうだった。しかし、そんな時、必ずもう一人の私がささやいた。 「ホームランが打ちたくて、子供の時分から思い切り振ってきたのだろう。今さら当てに行ってどうする」 長距離打者と言われた人ならみんなそうした葛藤を超えて、本塁打という対価を手にしてきた。三振をしてもゆっくりヤジの雨を浴びて戻るというのも、私なりの三振の作法であり、けじめのつけかただった。 私なりの三振のポリシーは、「振って三振すること」だった。振らねば何事も起こらないのである。−−−(原本カバーより)−−−
ボクの町 乃南 アサ 毎日新聞社 目録
  • 警視庁巡査見習い、高木聖大23歳。直情径行、単純明快、おまけに短気でドジばかり。こんなボクが交番に立ったら、この町はいったいどうなる? 抱腹絶倒で、前代未聞、衝撃の警察小説!  「今どきの若者」と町に暮らす人々の交わりを描き、直木賞作家である著者の新境地を拓く、切なくて温かい、極上の物語。 −−−(原本カバーより)−−−
わたしの生き方 原田雅彦の涙 飛べ!高く、遠くへ 六車 護 毎日新聞社 目録
  • 1999年1月5日から5月29日まで、毎日新聞朝刊に連載。
監督たちの戦い 浜田 昭八 日本経済新聞社 目録
  • 名将は球場の外で勝負する。野村、上田、森、三原 ーー。監督たちの「勝つ組織づくり」への苦闘と喜び  <江川卓氏 推薦>日経のスポーツ記事はユニークだ。野球もゴルフも、視点がちょっと違う。ベテラン野球記者の浜田さんが、夕刊に監督の読み物を連載中も、ひと味違った切り口に注目していた。  現役時代の私は、試合をコントロールする人として、監督を見ていた。 敵に勝つ以上に、人間集団をまとめる苦悩は測り知れないと、改めて感じた。−−−(原本カバーより)−−−
監督たちの戦い ベンチ裏の人間学 浜田 昭八 日本経済新聞社 目録
  • 名将か否かは「負け方」で決まる  長嶋、仰木、星野の現役組、V9の川上、最多勝の鶴岡など、7人の監督たちの人間像と哀歓を活写。日経好評連載「監督たちの戦い」第2弾−−−(原本カバーより)−−
刑事たちの夏 久間 十義 日本経済新聞社 目録
  • 大蔵省審議官の突然の墜落死。事件は警察内部、政界トップをも巻き込む一大スキャンダルへ・・・。命を賭して腐敗した権力機構と闘う人間たちを描く、あまりにリアルな問題作。日経連載時より話題騒然!! −−−(原本カバーより)−
草原の椅子 (上/ 宮本 輝 毎日新聞社 目録
  • 人に傷ついた人のために。大反響! 絶望を希望に変える物語。 腐りゆくこの国で、俺もこのまま腐っていくのかーー。生きる進路を見失い、人生半ばに立ちつくす憲太郎。想いは「途轍もなく大きな場所」へと誘われていった。−−−(原本カバーより)−−−−
敗因の研究 日本経済新聞運動部 日本経済新聞社 目録
  • 勝利を約束されたはずの者がなぜ敗れ、何を失ったか。そして、何を手にしたのか ―― 第2の敗戦といわれる時代に生きる人たちへ勇気を与える28の「メイク・ドラマ」。−−−(原本カバーより)−−

点字図書書棚へ