点字図書書棚へ

リップマン文庫
ボルチモアを舞台とした女性探偵テス・シリーズ

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
リップマン文庫
ボルチモア・ブルース ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 失業中の元新聞記者テスに、友人のロックから仕事の依頼が舞いこんだ。最近、不審な言動が続く婚約者の身辺調査をしてほしいという。テスはその女性と愛人らしき男性の密会現場を突きとめた。しかし、その直後、相手の男が殺され、ロックに殺人の容疑がかけられた。親友の無実を晴らすため、テスは奔走するが…アメリカ探偵作家クラブ賞、アメリカ私立探偵作家クラブ賞受賞作『チャーム・シティ』に続く、注目の第二弾。― 原本カバーより ―
チャーム・シティ 原題『CHARM CITY』 ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • いくら元新聞記者で好奇心を抑えられないとはいえ、テスだって厄介事に関わる気はなかった。が、入院中の伯父に代わりグレイハウンドを預かったとたん、謎の男たちにつきまとわれるようになったのだ。さらに没になったはずの実業家の過去を暴いた記事が、何者かの操作で掲載されるという事件が起き、新聞社から調査の依頼が…アメリカ探偵作家クラブ賞、アメリカ私立探偵作家クラブ賞に輝いた魅力たっぷりの新シリーズ(原本カバーより)
スタンド・アローン/原題『BUTCHERS HILL』 ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 念願かなって私立探偵となったテスに、元受刑者だという老人が依頼を持ちこんできた。調査の内容は、かつて彼が危害をくわえた少年たちを探しだすことだった。償いのため、彼らに経済的援助をしたいという。奇妙な依頼にとまどいつつ、テスは調査の末、少年たちを探しだす。が、彼らが次々に殺され、彼女の胸に老人と事件の関連への疑惑が…新たな展開で送る話題沸騰のシリーズ第三弾。アンソニー賞、アガサ賞受賞作。― 原本カバーより ―
ビッグ・トラブル ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 私立探偵として着々と実績を積むテスは、失踪した元恋人のクロウから「たいへんな窮地に陥っている」という手紙を受け取り、彼の行方を探してテキサスを訪れる。が、クロウが一週間前まで泊まっていたという部屋で、顔を吹き飛ばされた男の腐乱死体を発見して……アンソニー賞、PWA賞受賞のシリーズ第四弾
シュガー・ハウス/原題『THE SUGAR HOUSE』 ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • クリスマス間近のある日、私立探偵テスに父の古い知人の女性から依頼があった。身元不明の少女を殺した罪で服役中だった弟が刑務所で殺された事件を調べてほしいという。今回の事件は少女の殺害事件と関連が?少女は最後に目撃されたとき、“シュガー・ハウス”という謎の言葉を遺していたらしい。調査を進めるにつれ、テスは家族をも巻き込んだ妨害を受け、絶体絶命の窮地に!数々のミステリ賞に輝くシリーズ第五作
ストレンジ・シティ ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 私立探偵テスは、怪しい古物商の男ケネディから偽の骨董を売りつけてきた相手を捜してほしいと依頼された。その相手は、毎年エドガー・アラン・ポーの生誕日にポーの墓参りにくる謎の男らしい。しかし生誕日の夜、遠くから様子をうかがうテスの目前で、謎の男が何者かに射殺されてしまった!依頼人が殺人に関わっているのか悩むテスの前に、ミステリの父ポーに絡まる謎が浮かび上がる。文学的興趣に満ちたシリーズ第六弾。
ラスト・プレイス/原題『THE LAST PLACE』 ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • これは仕掛けられた巧妙な罠か?私立探偵テスは、市の福祉団体から数多の家庭内暴力による殺人事件から無作為に選ばれた五件の追跡調査を依頼された。だが調べを進めるうちに、それぞれの事件に奇妙な符合があることに気づく。被害者たちは殺される直前に、理想の男性と出会っているのだ。これが偶然でないなら、どんな意味が…仇敵の影に絶体絶命の危機に陥ったテスの猛反撃が始まる!テスの新たな旅立ちを描く衝撃作。
ロスト・ファミリー ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 裕福な毛皮商ルービンの美しい妻ナタリーは幼い子供たちと一緒に突然行方不明になった。夫の主張によれば、何不自由ない暮らしをしていた貞淑な妻に失踪する理由などないという。だが、捜索を依頼された私立探偵テス・モナハンが聞きこみをはじめると、ナタリーに関するあまりに衝撃的な事実が次々と明らかに…テスの恋の行方にも新たな展開がみえるシリーズ第八弾。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞ノミネート作。
あの日、少女たちは赤ん坊を殺した ローラ・リップマン 早川書房 目録
  • 灼熱の太陽の下、放置された赤ん坊に出会った二人の少女。乳母車はしだいに熱を帯びるが、家族の姿はどこにも見当たらない。少女たちは赤ん坊を保護しようとその場から連れ去るのだが…。七年後、施設から出所した少女たちの「あの日」の記憶は曖昧だった。ひとつだけ確かなのは赤ん坊を殺してしまったこと。少女たちはなぜ殺害に至ったのか?そして、二人の身辺で新たに頻発する幼児連れ去り事件の悲しき真相とは?(原本カバーより)

点字図書書棚へ