点字図書書棚へ

千夜一夜物語
(FEYE文庫)

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
千夜一夜物語
13 完訳 千一夜物語(13)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(13)(第940夜〜1001夜・大団円)/  アラブ民族の歴史をはるか父祖の時代からたどった15のエピソード集「知識と歴史の天窓」など6篇。夜ごと、聞き手の心を驚きの限り驚かせ、喜びの限り喜ばせてきたシャハラザードの物語世界も、迎えていよいよ千一夜目、ここに華麗な幕を閉じる。
12 完訳 千一夜物語(12)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(12)(第881夜〜940夜)/  王子は宴から消えた美しい乙女を捜し求めて、彼女が落していった足環を町中の娘にはめさせる。アラビア版シンデレラ物語「足飾り」をはじめ11の短篇を集めた『のどかな青春の団欒』。あふれる歓喜と驚嘆のなかに人生の真理と教訓をひそませた物語の一大宝庫。
11 完訳 千一夜物語(11)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(11)(第826夜〜881夜)/  「開け、胡麻!」呪文を唱えるや、洞窟の岩はするすると口を開き、仰天するアリ・ババの目の前にまばゆいばかりの財宝の山があらわれた−−。今も昔もかわらない、夢を抱きつづける人間の心が生んだこの魔法の呪文の物語「アリ・ババと四十人の盗賊の物語」ほか。
10 完訳 千一夜物語(10)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(10)(第774〜826夜)/  昼は夜はたらく泥棒を、夜は昼はたらくスリをと、いっぺんに二人の男を夫にした女の策略もついに露見。二人からなじられて、「では、見事な腕前をみせた方を夫に選びましょう」。そこで始まった腕くらべの軍配は? 巷の民衆の姿が躍動する「羊の脚の物語」。
完訳 千一夜物語 (9)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(9)(第622〜774夜)/  魔法のランプを手に入れたことから、魔神の助けを得て大金持となり、ついには王女をめとって一国の王にまでなるという、あまりにも有名な「アラジンと魔法のランプの物語」。時代をこえ、民族をこえて、永遠の夢を贈りつづける魔法の書物アラビアン・ナイト。
完訳 千一夜物語 (8)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(8)第515〜622夜/  狩りに出た教王ハールーン・アル・ラシードの前に現れたのは貧乏漁師のカリーフ。 「どーだ、ひとつ俺の手伝いを始めて漁師の仕事を覚えないか?」 王をしがない貧乏人とかん違いし、こうもちかけてきたが果たしてその成りゆきは? 「カリーフと教王の物語」ほか。
完訳 千一夜物語 (7)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(7)第414〜515夜/  盗みと詐欺の達人がその腕をみこまれて警察の隊長にとりたてられたと聞き、自分も評判をたてようと老婆ダリラがくわだてた悪だくみの数々とは? バグダードの巷を舞台に、老若貴賎、男と女が入り乱れての無類に愉しいピカレスク「女ペテン師ダリラ」の物語。
完訳 千一夜物語 (6)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(6)第331〜414夜/  正直男が曳く驢馬を歩いている最中に盗んだ泥棒の手口とは? 愛人にするのによいのは青年か壮年か二人の細君のおしゃべりの結論は?読み書きのできぬ男がどうやって学校の先生をつとめたのか? 愉しい21の小話からなる「知慧の花園と粋の庭」ほか。
完訳 千一夜物語 (5)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(5)第237〜331夜/  七たびによおぶ航海の行く先ざき、海に陸に空に地に、シンドバードが出会う世にも怪奇で不思議な事どもと驚くべき冒険の数かず。このおなじみ「船乗りシンドバードの物語」を生み出したのは、旅に憧れ未知の世界に好奇心をもやす、古今かわらぬ人間の心だ。
完訳 千一夜物語 (4)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(4)第130〜236夜/  勇猛果敢の若き王子カンマカーンが登場。イスラム軍・キリスト教徒軍の最後の対決が迫る。前巻にひきつづいて語られる長編物語の終幕の後は、孔雀や鳥や狐など、小さな動物たちの語りだす知恵の数々が、さながら小粒の真珠のようにきらめく寓話集「鳥獣佳話」。
完訳 千一夜物語 (3)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(3)第44〜129夜/  回教王オマルの側女ソフィーアとは、実は海賊にさらわれて王のも
     とに献上されたキリスト教徒の王女にほかならなかった。復讐を誓うキリスト教徒軍と回教徒軍のあいだに、延々王家三代にわたる戦いが始まる。『平家物語』をおもわせる『千一夜物語』中の最長篇。
完訳 千一夜物語 (2)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(2)第24〜44夜/ バグダードの床屋、自称「沈黙家」が、生来の詮索好きから、恋にやせ細った若者をさんざん悩ませたあげく、自分がいかに慎み深く口数が少ないか、六人の兄を引合いにとうとうと語りだす。「仕立屋の話」はまさに抱腹絶倒の面白さ。シャハラザードの話術が冴える。
完訳 千一夜物語 (1)〔全13冊〕 マルドリュス博士 岩波書店 目録
  • 完訳 千一夜物語(1)はしがき〜第24夜/ イスラム世界の民話・伝説が奔放不羈な空想の翼にのって燦然と花開いた説話の饗宴アラビアン・ナイト。恋と不思議と冒険の物語はもちろん、笑話、寓話、艶笑譚、武勇談に史話、逸話、ピカレスクから箴言警句まで、物語の愉しみが満ちあふれている。文学的香気豊かなマルドリュス版の全訳。

点字図書書棚へ