点字図書書棚へ

滝文庫

蔵書全97冊、読みたい本が揃っています

点字図書の入手は
ここをクリック −→申し込みサイトへ
両面データもあります

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック
項番
本の題目
著 者
出版社
備考
滝文庫
132 イジョウノ タイヨウ :異常の太陽 森村誠一 中央公論新社 目録
  • ★カバーより★ 父親が殺され子供が描く異様な絵から事件の真相に迫る刑事がドンデン返しにあうサイコミステリー(表題作)、「裏窓遊び」と名づけた覗き行為に耽るOLが破滅に向かって歩みだす『残酷な視界』、三代にわたって家族を蝕もうとする叔父への殺意の高まりを描いた『肉食の食客』、妻の過去を探る夫が無残な結末にたどり着く『奔放の宴』ほか、人間凝視の確かさと堅牢な構成にみちた傑作推理全七編。
131 「元気」をこの手に取り戻すまで心療内科で学んだこと ;石井苗子 ダイヤモンド社 目録
  • ★ 帯びより ★ 自殺を想う日々からの再生の軌跡ーー「もっと早くストレスコントロールを、心療内科を知っていたら、こんなにも長く苦しまなかったでしょう」
     スキャンダル報道に傷つき精神のバランスを失い、救いを学問に求めた著者は、聖路加看護大学から東京大学大学院へ。心療内科での研修で、うつ症候や繊維筋痛症などに苦しむ人々が医師やカウンセラーの専門的支援を受けて回復していくプロセスを目の当たりにし、自身も励まされ、深い心の傷が癒されるまでを率直に綴る。 「心の風邪」的な状態にいかに医学のプロフェッショナルなサポートが必要かを訴え、心に苦しみを抱える人とその周囲の人を力づける本。
130 西行桜 火坂雅志 小学館 目録
  • ★カバーより★ 若狭小浜の領主・国枝権太夫の邸で能を舞っていた世阿弥はふりしきる桜から霊気をおぼえ、禁呪の法である。"反閇(へんばい)"を踏んだ。
     領主の奥方が桜谷からこの枝垂れ桜を植え替えて以来、奇病に伏しているという。桜谷を訪れた世阿弥が知った驚くべき事実とは!
     呪術にかかった男女を、世阿弥が、闇源氏が、元三大師が解き放つ時代ホラー傑作集。
    作者 火坂雅志(ひさか まさし)
     1956年、新潟生まれ。早稲田大学卒業後、編集者を経て、1988年「花月秘拳行」で作家デビュー。
     以来、「鬼道太平記」「柳生烈堂」等話題作を次々と発表。
     最新刊の書き下ろし長編「全宗」が評判をよんでいる。
129 裏切り カーリン アルヴテーゲン 小学館文庫 目録
  • ★カバーより★ 「きみといても楽しくない」。 なぜ夫の心は自分から離れてしまったのか。エーヴァはヘンリック気持ちをとりもどそうと必死だったーー。 ヨーナスという若者がいた。植物人間となってしまった恋人アンナを献身的に介護している。だが、その看病ぶりは常軌を逸しているようだーー。 ヘンリックに不倫の疑いを抱いたエーヴァは、憎悪の炎を燃やす。二組のカップルの葛藤がある晩思いがけない出会いを生み、そこから恐ろしい破局が始まる・・・。 ベスト北欧推理小説賞受賞の実力派女性作家が、男女の心の奥底を緻密に描いて新境地を開くサイコサスペンス!
128 倭の女王・卑弥呼 小説邪馬台国(第一部) 豊田有恒 徳間書店 目録
  • ★カバーより★ 北筑紫一帯を治める騎馬の民、?族(えぞく)の王、若卑狗と、漢の血をひく母との間に生まれた少女卑弥呼は、11歳の時に両親を殺され、復讐の想いを抱きつつ、逃亡の旅に出た。騎馬民族の誇り、1頭の馬一振りの真鉄(まがね)の剣。そしてもって生まれた巫女の超能力ーーそれだけが少女卑弥呼の財産だった。
     該博な知識と精密な推理をもとに、若き日の卑弥呼の恋と冒険を描く古代SF。  豊田有恒(とよた ありつね) 1938年 群馬県生まれ。
127 裸でも生きる(The naked life)-25歳女性起業家の号泣戦記 山口絵理子 講談社 目録
  • ★ 帯びより ★  一歩踏み出す勇気がここにある。 イジメ、非行・・・居場所がなかった青春。そして偏差値40からの一流大学への挑戦。大学を卒業し、本当の現場を見たいと渡ったアジア最貧国。腐敗にまみれた国で見つけた眠る素材、出会う人々。やがてバッグ造りで起業を決意。 数々の失敗、挫折、裏切りに遭いながらも歩みを続け途上国発ブランド、マザーハウスを軌道に乗せて各マスコミで注目の女性。 明日へ向かう力に溢れたノンフィクション!
126 幻島記 白石一郎 文藝春秋 目録
  • ★カバーより★ 慶長元年、別府湾上にある周囲三里もある瓜生島が大地震と津波で一夜にして陥没したーー水戸彰考館に田舎儒者と侮られた豊後府内藩儒笠春兆は、?瓜生島海没?の地誌を編纂した。しかし、その信憑性が問われた。果たして実在の島か、幻の島か、その謎をめぐる論争は現代まで続く。 表題作など時代小説の秀作五篇。 解説・尾崎秀樹
125 いのちの日記神の前に、神とともに、神なしに生きる 柳澤桂子 小学館 目録
  • ★ 帯びより ★ 「魂の救済」の書/ 名著「生きて死ぬ知恵」を生み出した36年間の真実の記録。ひとはいかに救われるか。絶え間ない病苦と孤独のなかでついに”尊厳死”を決意した。 そのとき、私はあまりに理不尽で容赦の無い運命の前に立ちすくみ、家族にも語るすべのない惨めな思いで、死と向かい合っていたのだろうか・・・。 私といういのちが宇宙の塵に還る。生じたということもなく、なくなるということもない。すでに般若心経の「空」に浸りきっていた私のこころは、まったく恐怖におののくことはなかった。(本文十六章より)/ 傑作「生きて死ぬ知恵」に結晶した体験と思索のすべてがここにあります。(黒田杏子・俳人)
124 運命峠 (前/後編)  柴田錬三郎 新潮社 目録
  • ★カバーより★ 己の出生の秘密を知らぬ孤高の剣士・秋月六郎太は、九州天草で、豊臣秀頼の遺児・秀也とその母・桂宮連子に出会い、自らの運命を大きく変えることになった。六郎太は、柳生隠密党、残忍な甲賀忍者・指なし七兵衛ら徳川方の追っ手によって母から引き離された秀也を守り育てる決心で、死地を切り開いていく。そして、新都・江戸郊外にようやく隠れ住んだ二人だったが・・・。(前編より)
123 さくら姫 豊田三郎 川流堂書房 目録
  • 表題  童話「さくら姫」 他  「白鳥」「蛙の唄」「羊の外套」を収録。
122 ャスミンを銃口に−重信房子歌集 重信房子 幻冬舎 目録
  • ★ 帯びより ★ 1971年、重信房子は単身アラブの地ベイルート空港に降り立った。一足先に 日本を発った奥平剛士とともにパレスチナ解放闘争に連帯し、パレスチナに世界と日本を変革する礎を築こうとした。それは支配と抑圧のない社会を作るための遠大な夢と希望であった。 房子、当時25歳−−。あれから30年以上が発ち、世界は変わった。 房子は2000年秋、大阪で逮捕される。現在、東京の東のはずれ、荒川沿いの東京拘置所の独房で過ごしている。戦いの中で多くの愛する者を失った。闘争、恋愛、家族、祖国えの思い・・・。独房で日記を書き付けるように歌を詠んだ。 心を揺さぶられる日本語で表現された、決意の美しさが胸にしみいる感動の作品集。
121 喪失  (小学館文庫) カーリン アルヴテーゲン 小学館 目録
  • ★ カバーより ★ 18歳で裕福な家を捨てて、ストックホルムでホームレス同様の暮らしを続けてきた32歳の女性シビラ。ある晩中年男性に食事とホテルの客室を奢らせることに成功するが、翌朝になって愕然とする。その男性の死体が発見されたのだ。殺害方法は猟奇的で、シビラは有力な容疑者として警察に追われる。さらに同様の殺人事件が続き、すべてが彼女の犯行とみなされる・・・。食べ物も寝場所もない極限状態からたった一人で真相に挑んでいく。 2000年ベスト北欧推理小説賞受賞。世界20ヵ国で翻訳されている。
120 故郷忘じがたく候 司馬遼太郎 文春文庫 目録
  • ★カバーより ★ 十六世紀末、朝鮮の役で、薩摩軍に日本へ拉致された、数十人の朝鮮の民があった。以来四百年、やみがたい望郷の念を抱きながら異国薩摩の地に生き続けた、その子孫たちの痛哭の詩「故郷忘じがたく候」ほかに、明治初年、少数で奥州に遠征した官軍の悲惨な結末「斬殺」 細川ガラシャの薄幸の生涯「故桃に酒」 二編を収む。
118 乞食王子 マーク トウエン 文化書房 目録
  • 王子と乞食が着物を取り替えて入れ替わり、それぞれ、まるっきり変わった生活をしてみると言うお話です。 おかしな事もあり、風刺もあり、その中に人生の生き方が巧みに暗示してあります。少年少女の読み物として最適なものといえるでしょう。 「乞食王子」はアメリカの文豪マーク トウエンの傑作です。/ 付録の「門番の子」はフランスのセギュール伯夫人の原作を翻案したものです。
117 野盗伝奇 (中公文庫) 松本清張 中央公論社 目録
  • ★裏カバーより ★ 驕慢なまでに奔放な野望に生きる若侍秋月伊助は、家老の息女を所望し、単身豪族を討って見事に功をたてるが、その約束が裏切られ、野盗の頭目となって復讐を誓う。 戦国末期の信州の山野を風の如く疾駆する若者の野心と怨恨。だが天下の趨勢は大きく新時代へと傾いてゆくーー。ロマンの香気高い戦国長編小説。
116 流亡 (光文社文庫) 西村望 光文社 目録
  • ★裏カバーより ★ ロシア生まれの神父が、長野県大町の教会で絞殺された。神父の名はヤコフ72歳、独身。革命で肉親を奪われ、流亡の果てに日本での布教活動に専念していたのだ。犯人の市川勉が捕えられた。なんと昔、ヤコフが神に背き、"瞬時の関係"を結んだ人妻、典子の息子だった。社会派犯罪小説の鬼才が絶妙な素材を静謐に描く慟哭の巨編。
115 ひよどり草紙 (吉川英治文庫144) 吉川英治 講談社 目録
  • ★ カバーより ★ 「神州天馬侠」が全国の少年を熱狂させた第一等の作品ならば、「ひよどり草紙」は全国の少女を魅了した第一等の作品で、いわば双璧である。−− 世にも稀な紅ひよどりの行方を尋ねもとめる耀之助(ようのすけ)早苗(さなえ)。二人は幼馴染(おさななじみ)だが、今は親の生命をかけて争う仲。時は慶長十八年、江戸・大坂に風雲ただならぬ頃。凛々(りり)しく優雅に、強い児童愛をこめて書かれた作品であるが、大人も惹きつける魔力をもっている。山口画伯の華麗な絵も添えた。
114 夢なきものの掟 (講談社文庫) 生島治郎 講談社 目録
  • ★カバーより ★ 葉宗明を捜す紅真吾は上海で信じがたい噂を耳にした。葉は阿片密売人になるほどの落ちぶれようだという。真吾は秘密結社青幇と接触し、葉を知る女をつきとめるが、彼女は既に殺され、その喉には葉のナイフが ・・・。国際都市上海を舞台に阿片密売の利権をめぐる組織の暗闘と二人の男の正義の戦いを活写する冒険小説。 あの名作「黄土の奔流」の続編である。
113 嫌な女を語る素敵な言葉 岩井志摩子 祥伝社 目録
  • ★ 帯びより ★恐ろしくおぞましく残酷な女たちの言葉がこの俺の耳に突き刺さるっ!これは女たちの霊(たましい)の囁きだ・・・!俺の心のヒダに住む女の胸の谷間から静かに霧がおりてくる・・・。おおっ! 志摩子よっ! おまえは自らの背中を切り裂き、背中をさらけ出した愛しい(カナシイ)悪魔だ・・・。  さぁ霧の闇をさ迷うがいいっ! 竹中直人
112 魔海風雲録 都筑道夫 光文社 目録
  • ★ カバーより ★ 都筑道夫コレクション《時代篇》 豊臣から徳川への歴史の転換期 −−。木曾の山中では、山大名・紅面夜叉(こうめん やしゃ)の隠し財産をめぐり陰謀が渦巻いていた。そのありかを記すとされる魔鏡の争奪戦。手から手へ渡るたび人々の運命を翻弄し、その果て魔鏡は南の大海原、奴隷船の上に流れ着いたが・・・。(魔海風雲録) ほかに傑作時代短篇「西郷星」及び「善亭武升(ぜんてい ぶしょう)なぞ解き控え」の三篇を単行本初収録する。
111 人びとの旅路 (新潮文庫) 内海隆一郎 新潮社 目録
  • ★ 帯びより ★人生の旅路を折り返し、ふと後ろを振り向けば、ささやかではあるけれども愛しい瞬間が見えてくる。「あとから連れがまいりますから」と、一人で割烹に来ながら必ず隣席を空けて座る初老の謎の女性客、恋焦がれる年下のイラストレーターが自分似の花嫁姿を描いているのを知った、30代半ばの独身女性編集者の胸の内。それぞれが懐かしさに彩られた時を、鮮やかに切り取った21の人生劇場。
110 戦慄の眠り (上/下) (講談社文庫) グレッグ・アイルズ 講談社 目録
  • カバーより/カンボジアの戦場に消えた父の跡をついでカメラマンとなったジョーダンは取材先の香港の美術館で偶然、連作絵画「眠れる女」を見て愕然とする。その一枚には、NOKIDS(ニューオーリンズ連続誘拐事件)の被害者で、行方不明の双子の妹ジェーンの裸体が描きこまれていた。ジョーダンは謎の画家の手がかりを求めて、NYへ向かうが!?(上巻より)
109 佐渡流人行 (新潮文庫) 松本清張 新潮社 目録
  • 佐渡金山水替人足の残酷物語と、奉行補佐役と人妻の愛欲の果てを描く「佐渡流人行」をはじめ、「腹中の敵」「秀頼走路」「戦国謀略」「ひとりの武将」「いびき」「陰謀将軍」「甲府在番」「流人騒ぎ」「左の腕」「怖妻の棺」の11編を収録。★ 帯より ★
108 仙人のゆび 川崎大治 風濤社 目録
  • <宇野重吉の語りきかせ> 収録民話  「仙人のゆび」「かっこ からんこ からりんこん」「おしょうさんおかわり」「山で草をかった話」「オオカミの大(おお)しくじり」「きつねがだまされた話」「かめの くしゃみで」「ゆうれい屋敷(やしき)」「おしのこじき」「おじいさんとおばあさん」「あててみな」「かじかびょうぶ」です。/ 名優の語りの内容を無心に聴いて真似ではなくお父さんお母さんの言葉と心でお子さんたちに是非伝えてください。
107 かにむかし 木下順二 風濤社 目録
  • <宇野重吉の語りきかせ> 収録民話  「かにむかし」「大工と鬼六」「みそ買い橋」「狐が負けて熊が勝ったはなし」「たぬきと山伏」「ふるやのもり」「ききみみずきん」です。/ 名優の語りの内容を無心に聴いて真似ではなくお父さんお母さんの言葉と心でお子さんたちに是非伝えてください。
106 玉川兄弟 (上/) 杉本苑子 講談社 目録
  • 江戸は飲み水に不自由な土地であった。町の発展ひいては幕府の威令をいきわたらせるため、多摩川の水を江戸に曳くという壮大な計画が生まれた。多摩川上流に生をうけた土木業者、枡屋庄右衛門・清右衛門兄弟は、目先の利益を排して見事入札に成功、数多の困難に立ち向かう。若い兄弟の不屈の闘いをえがく歴史巨編。(上巻より)
105 孔雀の羽根 (創元推理文庫) カーター ディクスン 東京創元社 目録
  • ★ カバーより ★ 二年前と同じ予告状を受け、警察はその空家を厳重に監視していた。そこに響いた二発の銃声。踏み込んだ刑事が見たものは、背後から射殺された男の死体。そして、孔雀模様のテーブル掛けと十客のティーカップ。なにもかもが二年前の事件を思い出させた。そのうえ、現場に出入りした者は、被害者以外にはいないのだ。この怪事件を、H・Mは32の手掛かりを指摘して推理する!
104 私は戦友になれたかしら 小野田寛郎とブラジルに命をかけた30年 小野田町枝 清流出版 目録
  • ★ 帯より ★ あなたのためなら、いつでも死ねる! ルバング島で戦いつづけた30年戦争 あなたの空白を埋めるためなら、自分の命を捨ててもいいと思った。自らの命を60歳までと覚悟し、30年戦争を戦い続けてきた夫が、 ルバング島から帰還して、今年の3月で80歳を迎えることが出来ました。そのお祝いの意味からも、二人で歩んできた足跡をまとめてみようと一念発起したのです。(「あとがき」より)
103 権謀の裏 (新潮文庫 滝口康彦 新潮社 目録
  • ★ 裏カバーより ★ 肥前佐賀の大名、鍋島直茂は関ヶ原の合戦で二股をかけた。初め西軍についた直茂は、家康の勝利を確信するや、豊臣方の立花宗茂を隣国柳川城に攻め、領地安泰をはかったのである。その直茂が自らの墓碑に豊臣家への忠誠を表す「豊臣朝臣」の文字を刻んだ真意とは・・・。表題作「権謀の裏」をはじめ、武士の激しく哀しい生きざまと内に秘められた思いを峻烈に描いた、「曽我兄弟」「倭寇王秘聞」「ときは今」「旗は六連銭」「幻の九番斬り」「返り討ち無情剣」「くらやみ無限」「薩摩兄弟飛脚」「桜田門外の雪」の秀作10編を収録。
102 裂けた風雪 傑作短編集(一) (講談社文庫) 森村誠一 講談社 目録
  • ★ カバーより ★ 北アルプス山荘経営者の事故死に隠された謎を追う銀行員の無惨な運命を登山ルートに仕組まれた巧妙なトリックとアリバイ崩しの中に描いた表題作「裂けた風雪」、時刻表を使い新たな角度から不可能犯罪に意欲的にとり組んだ「殺意の接点」、命をかけた女の復讐譚「"自殺"殺人事件」など秀作5編収録の短編選集。
101 風雲海南記 (新潮文庫) 山本周五郎 新潮社 目録
  • 四国西条藩主の家系でありながら双子の弟に生まれた英三郎は、七歳で浅草の寺に預けられる。英三郎は市井の浪人として成長するが、思いがけない偶然の重なりから、知らず知らずのうちに西条藩のお家騒動に巻き込まれる。その中で英三郎は己の出自を知り、騒動を操る藤巻右京と大老・酒井雅楽頭に闘いを挑んでゆく。戦時中に刊行され戦後長く埋もれたままとなっていた幻の作。
100 仕事上手は自由への道 広瀬久美子 大和出版 目録
  • 「ママ、お仕事やめて」それは、ある日突然やってきた!元NHK人気アナウンサーが綴る自立と自由への、涙と笑いのドタバタ奮戦記。人生は一度きり、自分でつくる! 「仕事」に対する努力は、絶対に裏切られることがありません。決して手を抜かず、人の立場を考え、きっちりとこなしていくことで仕事が出来るようになることは、信頼され、その女性の価値が高まることになりますから、自立も自信もついてきます。自信を持って進むことで、女性は勿論、男性の人生も変わってくることでしょう。かなりの努力とまた辛抱も必要かもしれません。でもそれをしっかりと受け止めて超えたときに素晴らしい人生が待っていると私は思います。
99 必殺者 軍神・広瀬中佐の秘密 伴野 朗 集英社 目録
  • 国電御茶ノ水駅ホームで、ロシア人の老人が急死した。彼の部屋には分厚いノートが残されており、その中にロマノフ王朝二コライ2世が2度、日本人の刺客に襲われた話が記されていた。大津事件の後、二コライを襲った刺客とは・・・!? 元ペテルブルグ駐在でロシア通の海軍武官 広瀬中佐こそその役にピッタリだ。しかし、広瀬は旅順口閉塞作戦で、杉野兵曹長とともに戦死したはずだが ・・・。大胆な仮説と推理で、歴史の謎に挑んだ野心長編。
98 坂本龍馬の写真 写真師彦馬推理帖 伴野 朗 新潮社 目録
  • 「写真撮っちくれんか」ーー 撮影処に現れたのは蓬髪、羊羹色の紋服に、よれよれの袴の坂本龍馬その人だった。時は幕末・明治、舞台は日本の玄関口長崎。以来彦馬の周囲には時の重要人物をめぐる事件がつぎつぎと発生する。手掛かりは写真! 風雲怒涛の時代絵巻を背景に、日本で初めてのプロ・カメラマン上野彦馬がミステリーに挑む、異色の連作 時代推理小説集。
97 の声 内海隆一郎 集英社 目録
  • 哀感と恐怖。あの「声」が聞こえると奇妙な出来事が起こる・・・。都会の隣人が、身近な自然が、生き物が牙をむき、日常が凍りつく。そして戦慄の災禍が・・・。山暮らしの男が予言する戦慄の日。「鳥の声」大事故の記事に見つけた知人の数奇な人生。「祈る声」漁師が予知する信じられない大風の災害。「風の声」別れた妻を訪ねて出会った男の正体。「夢の声」友二人が変死した船長の封印された過去。「波の声」高原のペンションを訪れた老夫婦の悲劇。「闇の声」他全10編。あなた自身におこるかもしれない等身大の恐怖の物語。新感覚の恐怖。傑作短編集。
96 謀略回廊 トモノ ロー ; 伴野 朗 角川書店 目録
  • 時は1900年、清朝末期の北京は混乱の極みにあった。東交民巷(とうこうみんこう)にある列強11カ国の公使館は「扶清滅洋(ふしんめつよう)」を掲げる義和団の攻撃を受けて、全滅の危機に瀕していた。中国拳法を修め、故国を捨てた趙子雲(ちょうしうん)日本名桂木は愛犬の花和尚(かおしょう)を伴い天津に旅立つ。孤立した北京に援軍を求めるとともに、義和団に惨殺された最愛の妻芳齢(ほうれい)の復讐を果たすのだ。だが、前途には巧妙な密使狩りの罠が・・・。色好みで女だけの軍団の頭・黄蓮聖母(こうれいせいぼ)。長年の好敵手許志山(きょしざん)。裏で暗躍する袁世凱(えんせいがい)。敵味方入り乱れての死闘が始まった! 歴史冒険小説。
95 葉隠無残 (講談社文庫) 滝口康彦 講談社 目録
  • 急死した姉に代わって義兄の後添えに、と望まれた“みな”は、そこで初めて驚くべき真相を知らされた。姉は病死ではなく、若党と密通し、それを目撃した義兄に成敗されたのだという。愛妻の裏切りにも毅然と武士道(体面)を貫き通した義兄に、“みな”は人間としての対決を迫る。葉隠精神の峻烈さと人間性との接点を鮮やかに描いた秀作集。
94 神州天馬侠 (3)(吉川英治歴史時代文庫 80) 吉川英治 講談社 目録
  • 武勇すぐれた伊那丸主従であったが、その軍備も蟷螂(とうろう)の斧に似て最後の砦(とりで)小太郎山も敵手に陥ちた。平和な緋おどし谷に乙女らは胡蝶の陣を組む。そして舞台は、甲斐から武蔵へーー。御岳(みたけ)山上の兵法大講会(だいこうえ)、武田一党は如何なる波瀾を呼ぶか? この小説の楽しさの一つは読者の空想を羽ばたかせること。読者みずから竹童、蛾次郎とともに鷲のクロに乗ることも・・・。
93 国際結婚ナイショ話 川口マーン恵美 草思社 目録
  • 国際結婚とは国籍を異にする男女が結婚することである。20数年間異なる文化のもとで生活してきた二人の人間が、ある時を境に一緒に暮らすようになるのだから、さまざまな問題が発生するのは当然である。言葉をはじめとして、アイデンティティ、子供の教育、社会生活など、あげていけばきりがないが、これら、極めて重要だが、外からはなかなかうかがい知ることができない事柄を、著者は深い洞察力をもって考察し、それを私たちに明らかにしてくれた。恐らくこのような試みは初めてのものではなかろうか。なぜこのような試みが可能になったかといえば、それは、日本を離れて十数年にもなるというのに、著者の日本語にますます磨きがかけられてきたからであろう。
92 神州天馬侠 (2)(吉川英治歴史時代文庫 79) 吉川英治 講談社 目録
  • 伊那丸を護る人々。軍師の民部を別にすれば、鉄杖の忍剣、剣の木隠、槍の巽、弓の山県が四天王。いずれ劣らぬ一騎当千の猛者(もさ) 。さらに、一管の笛で胡蝶の陣を指揮する咲耶子。これらの勇士に愛されるのが、鞍馬の竹童。果心居士の弟子、だが幻術は初手。彼と仲の悪いのが、泣き虫の蛾次郎。 鼻かけ卜斎(ぼくさい)の弟子、ぐうたらだが、石投げは天才。 二人は鷲を争い、互いの技を競う。
91 神州天馬侠 (1)(吉川英治歴史時代文庫 78) 吉川英治 講談社 目録
  • 大正末から昭和初めの「少年倶楽部」の目ざましい躍進期に、その中心読み物となったのが、佐藤紅緑の諸作と「神州天馬侠」である。織田 徳川の連合軍に滅ぼされた武田勝頼の遺子 伊那丸が、忠義の士に護られて、健気にもお家の再興をはかる。しかし、戦国群雄の圧力の前には ーー。当時、子供も大人もこの小説に熱狂した。今も、その底力を保ちつづける大衆児童文学の記念碑。
90 イエロー −差別される日本人 渡辺 幸一 栄光出版 目録
  • 欧米人は、なぜ、日本人がキライなのか! ロンドンの金融街で働く著者が、自らの体験を通して、人種差別の背景を考え、国際社会で理不尽に扱われても抗議しない日本人の国際性を問う一冊。 「著者は不当な人種差別に対しては、きちんと抗議すべきであるとする一方、日本人の歴史認識や国際性の欠如、内向きの姿勢を改めなければならないと主張する。 本書での日本および日本人への提言・警鐘は、ちまたにあふれるイギリス礼賛型のエッセイ本とは一線を画し、リアリティーにあふれた説得力を持つ。尹慧瑛・北アイルランド問題研究家」マスコミ各紙で話題沸騰 ・・・ 朝日、読売、毎日、産経新聞、「週刊金曜日」「AERA]など、50以上の新聞・雑誌で紹介!
89 豊饒の地 (下) フェイ・ケラーマン 東京創元社 目録
  • 発見された団地でないとしたら、赤ん坊はどこに住んでいたのか。試行錯誤をへて、デッカーたちはついに一軒の家に到達したが、そこに待ち受けていたのは凄惨な四重殺人の現場だった。粘り強い捜査活動の果てに焙り出された歪んだ心の形とは?奥深い謎を追いながらも、愛するリナの身を気づかう刑事デッカー。エモーショナルかつ猥雑に語られる、忘れがたいシリーズ第三弾。
88 豊饒の地 (上) フェイ・ケラーマン 東京創元社 目録
  • 深夜。丘陵地帯を車で流していたデッカーは、不審な動きに目をとめた。甲高い泣き声に導かれ、彼がいきついたのは森閑とした新興団地でひとりシーソーに乗って遊ぶ、幼児の姿。性別は女、身につけたパジャマは血まみれだったが虐待を受けた形跡はなく、翌日行われた聞き込みでも、身元を知る者は現われない。これはいったい ・・・? 重厚な物語が展開する。出色の第三弾。
87 色の道教えます-列侯深秘録 五味康祐 新潮社 目録
  • 若君に夜伽の作法を教える「馬蛤貝(まてがい)」など、武士の世界の秘戯を描く異色の21話。「帆立貝」「馬蛤貝」「灰またぎ」「蛇めし」「丸に釘抜」「中汲」「様あそび」「仏えらび」「さらさらの賦」「上意討ち」「泥鰌泣き」「陰地蕨(はなわらび)」「一本俵」「股さがり」「小原三杯」「綾狂い」「うわなり打」「かずのこ天井」「ねこざめ」「海月どり」「艾ぜめ」。
86 鉄の 生島治郎 勁文社 目録.
  • 上海を舞台にした熾烈な諜報戦の末に、日本へ決死の脱出をはかるひとりのスパイの運命を描いた表題作のほか、様々な過去を背負って港・横浜に生きる男女の姿を、殺人事件にからめて活写した名作「淋しがりやのキング」など、ハードボイルドの第一人者が自信をもって世に問う傑作十篇。自作解説付。
85 日本名作絵本 25 坪田譲治 ティビーエス・ブリタニカ 目録.
  • <日本名作絵本 (25)> シリーズ坪田譲治の「びわの実」(黒田健 絵)と「まほう」(岡村好文 絵)が収録されています。
84 わが回想のルバング島 小野田寛郎 朝日新聞社 目録
  • 敗戦後30年間戦い続け、1974年3月、フィリピン・ルバング島から帰国をはたした元陸軍少尉 小野田寛郎。度重なる捜索隊の呼びかけにも応じず、「残置諜者」として上官の命令を遂行し続けた日々、戦友の死、帰還、そして家族との再会・・・。祖国生還の恩人 鈴木紀夫の死を機に綴った感動の手記。
83
冷酷 ポール・カースン 二見書房 目録.
  • 厳寒の2月、ダブリンの有名産院でアイルランド有数の多国籍企業のオーナーに息子が誕生する。だがまもなく、産院の検査室で看護婦が首にメスを突き刺された惨殺死体で発見され、数日後、退院したばかりの大富豪の息子が誘拐される。この二つの大事件に、警察の必死の捜査がつづく ・・・ 殺人犯は? そして、赤ん坊の命は? 人間の心の闇を鋭く抉るとともに緊迫の11日間を分刻みで描き、アイルランドで17週連続ベストセラー第1位の異色サスペンス。
82
光太夫 帰国−遠きロシアより− 岸 宏子 中日新聞本社 目録
  • 「大黒屋光太夫」 伊勢若松(三重県鈴鹿市)生まれの船頭。1782年、白子を出港した神昌丸が遭難し、7ヶ月漂流してアリューシャン列島に漂着。 十年かけて嘆願の旅を続け、1792年、帆船エカテリーナ号で根室に帰着。 その後、鎖国の禁を犯した罪人として江戸番町薬草園に生涯、幽閉される。 挫折を乗り越えてゆく男の意地と情念! わが魂のふるさとは伊勢若松か氷雪のロシアか。 東海ラジオ連続ラジオ小説(井川比佐志朗読)で放送。
81
異端の英雄 (上/ 生島治郎 集英社 目録
  • 敗戦間際の昭和20年、上海から日本に引き上げてきたふたりの少年。尾花愁一と坂井明人。あれから40数年、愁一は作家志望の編集プロダクションの社長に。キャデラックを乗り回す明人はマフィアとのつながりが・・・。立場は違っても男の友情は固く結ばれていた。かつて引き揚げ者を迎えた閉鎖的な祖国日本で、異端者として生きることを選んだ、ふたりの男の鮮烈な生きざまを描く長編小説。
80
陽はメコンに沈む 伴野 朗 講談社 目録
  • 1961年、ラオスの僧に変身した参議院議員辻政信は、動乱のインドシナで消息を絶つ。死亡説、生存説が入り乱れる中で、1970年、日本人記者結城は辻政信の消息を知るという元パテト・ラオの通訳に会い記事を書いた。しかしそれは結城を得体の知れぬ勢力からつけ狙わせる端緒となった! 迫真の、男のサスペンス。
79
人生の暗号−あなたを変えるシグナルがある− 村上和雄 サンマーク出版 目録
  • ロングセラー「いのち(生命)の暗号」第2弾/ 転機にこそ、ほんとうの答えが見えてくる。 バイオテクノロジーの第一人者による生き方論。 <運のよしあしも遺伝子のはたらきか> <都合のいい遺伝子と都合のわるい遺伝子> <声をかけられたらとにかくまず応じてみよ> <大きな敵は大きな味方にできる> <半バカこそが世の中を変える> <最後に生き残る人は「譲る心をもった人」> <見えないものを見る目を養え> <サムシンググレートの思いにたどりつきたい>
78
闘いの季節 (心にのこる文学 40) 下川 香苗 ポプラ社 目録
  • <少年の孤独(こどく)に、光が射(さ)す瞬間(とき)>
      出逢(であ)いは五月、夕ぐれの風の中。傷(きず)だらけで捨(す)てられていた一台の小型(こがた)バイク。つれて帰りはじめたときには、先のことなんてなにも考えていなかった。 聞こえない泣き声がつたわってきたように思えて、ほうっておけなかっただけなんだ ----。
77
西郷隆盛の遺書 伴野 朗 新潮社 目録
  • 西郷隆盛には写真がない。思いがけない事実を知った雑誌「歴史時代」の新人編集部員稲葉元博は、それをきっかけに維新史の闇の迷路に足を踏み込んで行く。西郷の戦死後、大久保利通はなぜ再度の検視と所持品検査を命じたのか?それと時を同じくして鹿児島を徘徊した謎の人物たちが求めていた物とは何か?
    おおいなる歴史の謎が百年を経て現代に甦る渾身の長編小説。
76
白公館の少女 伴野 朗 集英社 目録
  • 1948年、人民共和国成立前夜の中国、難攻不落であるため「生きた棺桶」の異名がある重慶の白公館。周恩来の隠し子といわれる一人の少女が、そこに幽閉され、公開処刑される日を待っていた。迫り来る破局を前に、少女奪回チームが編成された。DC3が揚子江(長江)の川面にすれすれにとび、ナイフの刃がきらめく。現代中国の闇をつく冒険小説。
75
フィラデルフィアの野口英世 浅倉 稔生 三修社 目録
  • 野口英世――空白の三年間にスポットをあてる。着いた! 野口はフィラデルフィア駅の長いプラットホームを歩いて、駅の正面に出た。荷物を御者に託した野口は、「ペンシルベニア大学」と告げた。いったいペンシルベニア大学で野口は、どういう変身を遂げたのであろうか。何とかその秘密を解くことが出来ないだろうか。秘かな希望を胸に抱いて、私は野口とペンシルベニア大学との関係を調べ始めた。津田梅子、新渡戸稲造、内村鑑三 …… 熱情が、若者たちを駆り立てる。1900年、野口英世、24歳。
74
卍の殺人 今邑 彩 東京創元社 目録
  • その邸はふたつの長い棟が卍形に組み合っていた。住人も建物同様にふたつの家族に分かれて、微妙な関係を保つ。亮子はこの邸を恋人の安東と共に訪れた。安東はここに住む従妹との結婚を断わり独立を宣告するという。だが第一夜に早くも惨劇が起きた。続いてまた事件が。旧家はなぜ呪われているのか。衝撃が続く展開、意外な結末が読者を魅了する本格推理。著者のデビュー作品。
73
見知らぬ顔 (創元推理文庫) アン・ペリー 東京創元社 目録
  • 夢も見ない眠りから覚めたとき、彼は病院の寝台に横たわり、すべての記憶を喪っていた。 自分がウィリアム・モンクという名の刑事だと知らされた彼は、病状を隠して職場に復帰したが、そこで割りふられたのは、万全の態勢で臨んでさえ解決困難と思わせる難解な殺人事件だった・・・! 19世紀ロンドンに孤立無援の警部が展開する、自分探しと真相究明の旅。 時代ミステリ。
72
熱い河 三宅 雅子 講談社 目録
  • 20世紀のもっとも大規模にして、もっとも困難をきわめた土木工事が「パナマ運河開削工事」である。たった一人だけ、この難工事に身を投じた日本人土木技術者がいた。一通の紹介状を手に、単身、太平洋を渡った若き日の青山士(アオヤマ アキラ)である。祖国を遠く離れた異境の地、マラリアや黄熱病が猛威をふるう劣悪な自然環境。日露戦争の勝利に沸く当時の日本だったが、地球の裏側には、人種差別と戦いながら日本人としての誇りを失わず、パナマのジャングルで、運河開削に全身全霊を捧げる青山がいた ......。
71
暗闇の囁き 綾辻行人 講談社 目録
  • 黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪われて死んだ。謎めいたほどに美しい兄弟のまわりに次々と起こる奇怪な死。遠い記憶の闇のなかから湧き上がってくる。”囁き”が呼び醒ますものは何か。「緋色の囁き」に続く異色の長編推理”囁き”シリーズ第二弾、講談社文庫に登場。
70
いま「危ない家族」の問題Q&A (講談社+α文庫) 頼藤 和寛 講談社 目録
  • 「実家からの大脱走」「離婚危機一髪」「金属バット殺人事件の予感」など、「家族」には荒波がつきまとう。のびのびドクター頼藤が「心の重荷」を取りのぞく生き方を精神医学の常識をたくみに織りまぜながら伝授。 「急ぐことはない」「あわてることはない」と説く名回答は、元気がわいてきて気が軽くなる「生き方支援」にあふれている。
69
スキナーのルール (創元推理文庫) 安倍 昭至 東京創元社 目録
  • 無残に切り刻まれた若い弁護士の死体。それがエディンバラを震撼させた残忍な連続殺人の幕開けだった。殺人鬼は、そのあざやかな手並みを誇示するかのように殺戮を続ける。スキナー警視正の指揮下、刑事部はついに真相への糸口を見出したかに見えた。しかしそれは、想像を絶した巨大な陰謀の一部に過ぎなかったのだ!スコットランドを舞台に送る、スキナー・シリーズ第一弾。
68
被虐の系譜 南條範夫 講談社 目録
  • 直木賞「燈台鬼」の作家南條範夫の表題作 中編「被虐の系譜 ーー武士道残酷物語ーー」の他に短編「時姫の微笑」「修蔵の四度目の生涯」「梟首」「未完の藩史」の4編を収録。
67
外国遠足日記帳 (文春文庫) 岸田今日子 文藝春秋 目録
  • カメラも持たずメモも取らず早寝して寝坊して名所旧跡は避けて通る個性派女優の面白旅行記 こうすれば海外旅行が楽しくなる! 解説・久世光彦/ 「人生観が変わる」と出かけたインド、キャン・ノット・スピーク・イングリッシュで歩き回ったロンドン、ゴンドラに犬と同乗したヴェネチア、香港では西太后が好んだスイカを賞味 ・・・ カメラも持たずメモも取らず好奇心だけで外国へ旅した個性派女優のユニークな日記帖。こうすれば海外旅行は何倍も楽しくなる。
66
死の微笑 (文春文庫) ハインツ G コンザリク 文藝春秋 目録
  • 舞台は香港。何人もの美女が、微笑を浮かべながらトランス状態で無差別殺人を犯し、自らも犯行直後に肝臓を破壊されて死んでいく。九龍警察のティン警部が捜査にのりだすが、手がかりはまったくつかめない。ドイツから香港に来ていた毒物学者のメルカー医師は、犯人は毒ガスをかがされているのではないか、と推測するが ・・・。
65
空白の研究 (集英社文庫) 逢坂 剛 集英社 目録
  • 季子(すえこ)が夫の愛人を殺したことは、本人の自白からも、証拠品などからも間違いないらしい。だが裁判までの過程で、供述に微妙なぶれがあるとして、精神鑑定の依頼を受けた祝田が、犯行時の一瞬の空白を探ってゆくと・・表題作他、心理分析を背景にして描く奇妙な味のミステリー集。 
64
情状鑑定人 (集英社文庫) 逢坂 剛 集英社 目録
  • 幼女誘拐の容疑で逮捕された井原信三に、情状酌量の余地があるかどうかーー家裁の調査官・立花文代の依頼を受け、精神科医・祝田教授は、被告の過去を調べていく。井原は7年前、妻を殺し放火した容疑で起訴され、実刑判決を受けていたが、その背後に意外な事実が ・・・。”精神異常”の本質に迫る表題作の他、7編収録。
63
遠い旋律 (中公文庫) 結城 昌治 中央公論社 目録
  • 美容師の比呂子は、愛する彼の心を知りながらなぜ妊娠中絶手術をしてしまったのか ーー 不吉な旋律とともに起こる連続殺人事件にまきこまれていく女の心奥にうずまく不安と焦燥を捉えた推理長編。
62
「芥川龍之介の推理」 (角川文庫) 土屋 隆夫 角川書店 目録
  • 「芥川龍之介の推理」わずか二十日たらずの間に連続して起きた三つの自殺事件、自殺者は前途のある若者だった。遺書もなく、周囲の聞込みでも自殺の理由らしきものは探り出せない。 刑事は何気なく紐といた芥川龍之介集の「或友へ送る手記」の<自殺に関する記述>に、ふと目を留めた。<表題作の他に、昭和40年〜46年にかけて発表した、次の短編6篇が収めてあります> 「縄の証言」 「三幕の喜劇」 「夜の判決」 「沈黙協定」「正当防衛」 「加えて、消した」
61
童話の時代 (角川文庫) 結城 昌治 角川書店 目録
  • 残酷な”童話の時代 ”は、すでに終りを告げたのだろうか。米人スティグラーは現代の諜報活動に脅迫や拷問などの暴力はもう流行遅れだ、と説いた。 彼の高給エイジェントの一員として、対中国スパイ活動に携わる「わたし」は目に見えぬ組織の影におびえながら、やがて悲劇へと追い込まれて行く。
    ほか 「凍った時間」は「童話の時代」の続編。「小指のサリー」「沈む夕日に」「紺の彼方」の三作は小味なものだが、あかぬけた技法で達者な筆力を感じる。
60
風の扉角川文庫) 夏樹 静子 角川書店 目録
  • 確かに殺したはずの人間が、なぜか生きていた ・・・! その謎の陰で、ある二つの遺体の行方に不審な事実が次々と判明して ・・・。 人間の尊厳や、生きること、死ぬことの意味と、医学の発展がもたらした恐怖とを、息詰まる筆致で描いた医学ミステリー。
59
海の奇蹟 (角川文庫) 吉村 昭 角川 書店 目録
  • 兄の顔から血の気がひいていた。 次郎は、無言で差し出された覗き桶を手にし、舟べりに膝をついてガラス板の中をのぞいた。 水底の岩礁のくぼみに海草のように揺らいでいるのは、たしかに、白いスカートの裾だった ・・・。 女の水死体発見にまつわる、一漁村の異常な体験を描く表題作ほか、「鷺」「貝の音」 「野犬狩り」の三作品を併録。
58
黒き舞楽 (新潮文庫) 泡坂 妻夫 新潮社 目録
  • 一刀彫りの郷土人形を作る旧家に嫁いだ女性が次々に不審な死を遂げる。その家には江戸時代から伝わる美しい浄瑠璃人形があり、それにはただならぬ因縁が絡んでいるらしい ・・・。 恋愛ミステリー。
57
英雄伝説 -ハリマオ- (角川文庫) 井沢 満 角川書店 目録
  • 世界が戦争への道をころげ落ちようとしていた昭和初期、マレーに一人の日本人青年がいた。谷 豊(たに ゆたか)。 のちに”ハリマオ”と呼ばれた男である。ある時は”非国民”と、ある時は、”英雄”と呼ばれ、民衆の中で伝説として生き続ける男”ハリマオ”。歴史の激動期、あまりにも速く自分の青春を駆け抜けた男の一瞬の生を描く、書下ろし痛快冒険アクション。
56
紅刷り江戸噂 松本清張 講談社文庫 目録
  • 色欲に根ざしておこる事件を追い、人間の弱さと罪業を下町の風俗を背景に描く推理傑作集。正月七日 日本橋の織物問屋の主人が急死した。七草粥の中に毒草が混ぜられていたのだ。 岡っ引の探索はなずな売りを追うが ーー 「七草粥」ほか「虎」「突風」「見世物師」「術」「役者絵」の5編を収録。
55
まどさんと さかたさんの ことばあそび まど・みちお 阪田寛夫 小峰書店 目録
  • < こみねのえほん > 第40回産経児童出版文化賞美術賞受賞 全国学校図書館協議会選定 日本図書館協会選定

54
のろまなローラー 小出正吾 福音館書店 目録
  • < こどものとも > 傑作集 読んであげるなら 4才から 自分で読むなら小学校初級むき 全国学校図書館協議会選定図書 厚生省中央児童福祉審議会特別推薦図書
53
しんかんせんで おいかけろ! 横溝英一 小峰書店 目録
  • <のりものえほん>1年生の ”たつくん”と6年生のおねえさんが夏休みに 寝台特急『はやぶさ』で熊本のおばさんのところに行く途中、おねえさんが『はやぶさ』に乗り遅れてしまい 新幹線で追いかけることになりました。
52
なみだちゃん ばんざい 那須正幹 講談社 目録
  • 小学1年からのどうわシリーズ <どうわがいっぱい 13>作者 那須正幹(なす まさもと)1942年、広島生まれ。人気シリーズ「ズッコケ三人組」などがある。
51
まいごになったおにんぎょう A.アーディゾーニ 岩波書店 目録
  • おんなの子(こ)は、スーパーの冷凍庫(れいとうこ)にすむ ちいさいお人形(にんぎょう)と なかよしになりました ・・・
50
あやとりひめ -五色の糸の物語- 森山 京 理論社 目録
  • アヤが 死んだお母さんから教わった、五色の糸を使った「あやとり」に助けられ、恐ろしい目を乗り越えていく五つのお話です。
49
ろけっと こざる H.A.レイ 岩波書店 目録
  • 利口な子猿のジョージが生き物で初めて宇宙飛行をするまでのお話です。
48
仏陀の鏡への道 ドン・ウィンズロウ 創元社 目録
  • 1977年。ヨークシャーに隠栖していたニールに仕事が持込まれた。強力な成長促進エキスを作り出した生化学者が姑娘に心を奪われ長期休暇を・・香港そして大陸へ。文化大革命の余燼さめやらぬ中国でニールが見たものとは?喝采を博した「ストリート・キッズ」に続く第二弾。骨太の逸品!
47
遺恨の譜 滝口康彦 講談社 目録
  • 薩摩の勤王派による先走りを上意によって阻もうとした寺田屋の変。生き残った志士たちは国元へ送り帰されたかに見えたが長州との争いに腐心する薩摩藩としては若者たちに苛酷な運命を刻印せざるを得なかった! 歴史の変動に挟み込まれた犠牲者のうめきを、鮮やかに浮き彫りにする表題作など四篇。
46
タビデの星の暗号 井沢元彦 講談社 目録
  • 探偵は25歳の新進作家芥川龍之介、本格歴史ミステリー。龍之介は伊達騒動の大悪人原田甲斐の子孫である友人原田宗助から先祖の恥をすすぐため、掛軸に隠された暗号解読を依頼される。だがほどなく宗助は、密室殺人の被害者となってしまった。鍵は桜と橘、国史をも揺るがす衝撃的事実とは何か。
45
泣くのは、あとにして ジョイ フィールデング 文春文庫 目録
  • 早朝、ポニーは夫の前妻からの電話で起こされた。「あなたと娘さんの身があぶないの」そして呼び出された場所で見たものは。あの日を境に体調がどんどん悪くなる、家族や友人の秘密がつぎつぎと明らかになる、自分が何をしているのか分からなくなる。真実をさぐるポニーは過去と向き合いはじめる。
44
祖父 東条英機 -一切語るなかれ- 岩浪 由布子 文春文庫 目録
  • 「沈黙、弁解せず。一切語るなかれ」を家族に遺し、東条英機元首相は全ての責任を負い処刑台に登った。戦後50年その掟を解き孫娘が記す東条家の戦中戦後。昭和史の修正を必要とする数々の新事実を通し心やさしい息子であり夫であり父であり祖父であった人間東条英機の姿が浮かび上がる。
43
瑪瑙の鳩 杉本苑子 朝日新聞社 目録
  • 日本上代の皇位継承争いをテーマに選んだ「瑪瑙の鳩」ほか、江戸文化爛熟期の人間諸相を描いた「偐紫楼(げんじろう)の秋」など9編を収録。いずれも ”史実派”の重厚さに加えて、女流作家らしい愛の哀しみをつづる時代作集。
42
持統4年の諜者 -小説・古代王朝- 豊田有恒 角川文庫 目録
  • 持統4年(690年)今を去ること1300年の昔。たった一人新羅の孤島で30年間戦い続けた日本人兵士が帰国し人々は熱狂的に歓迎した。当時朝鮮半島は新羅、百済、高句麗の3国が鼎立、新羅は唐軍と連合し百済を滅ぼした。日本はその百済を再興するため42000もの大軍を朝鮮に送り連合軍と戦ったが大敗。世にいう"白村江の戦い" で、日本が戦った史上最初の対外戦争である。帰国した兵士はその生き残りであり日本軍再来を期しての残置諜者であったのだ!  大和統一以前に割拠した大王たちの盛衰の謎をロマン豊かに描いた作品集。
41
マクベス <Macbeth> (シェイクスピア全集 13) シェイクスピア 新潮社 目録
  • 「マクベス」本編と「批評集」「上演史」「舞台写真」が収録してありますが 「舞台写真」は省いてあります。本文は全て旧かな使いですが点訳では新かな使いに直してあります。
40
落城記 野呂 邦暢 文春文庫 目録
  • 九州北西部、西肥前の要ともいうべき諌早の地を領していた西郷氏が、島津征伐にやってきた豊臣秀吉の不興をかい、隣国龍造寺勢に攻め亡ぼされる。落城という戦国の悲劇に翻弄される人間ドラマ、人の心の頼みがたさ、滅びるものは滅びるといった無常の習いを城主の妾腹の娘の視点から描破した長編。
39
天使の耳 東野 圭吾 講談社文庫 目録
  • 深夜の交差点で衝突事故が発生。信号無視したのはどちらの車か?!死んだドライバーの妹が同乗していたが少女は目が不自由だった。彼女は交通警察官も経験した事がないような驚くべき方法で兄の正当性を証明した。日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を括写した連作ミステリー。
38
彩色江戸切絵図 松本 清張 講談社文庫 目録
  • 日本橋界隈に暮す商人達の静かな生活の裏面をあばいた「大黒屋」。信仰にからむ色欲の世界を描いた「大山詣で」。虐げられた者の意地を爆発させた「山椒魚」他3編。揺らぎはじめた江戸の時代相と名もない庶民の生活を巧みに描写 人情の機微と犯罪のからくりを見事に解明した時代推理短編集
37
そよそよ族の南米大陸 太田 明子 潮出版社 目録
  • 第11回 潮賞 ノンフィクション部門 優秀作
    鎌田慧氏評 「観察は細やかにして、精神は柔軟かつ強靭である」スペイン語にカスアリート「ちょっとした偶然」という言葉がある。カスアリートの積み重ねの旅で私を受け入れてくれたラテンの広い心に思いを致します。
36
黄土の奔流 生島 治郎 角川文庫 目録
  • 上海 第一次大戦後の不況下で中国巨大市場進出を目論む列強各国がひしめく混沌の都。無一文となった紅真吾は最後の晩餐の席で一攫千金の話を持ちかけられる。重慶までの揚子江数千キロの旅は ・・・。 無頼な大陸浪人たちと土匪・軍閥との戦い。 広大な中国に展開する冒険小説。
35
薩摩軍法 滝口 康彦 講談社文庫 目録
  • ひっそりと暮らす与茂作に太守島津家久から呼び出し命令がきた。40年も前の戦場で起きたあの出来事こそ薩摩武士の酷薄なおきて故秘匿された与茂作の秘密であった。 表題作のほか「秋雨の首」「仲秋十五日」「白梅月夜」「鶴姫」「かげろう記」「奸臣と人のいう」の6篇。士道の表裏を鮮烈に描く。
34
裏切りの日々 逢坂 剛 集英社文庫 目録
  • 人質を楯に身代金を奪った犯人は9階からエレベーターに乗り込むが1階についた時には消えていた! その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。 2つの事件は関連するものなのか? 居合わせた警視庁公安刑事 桂田の暗い瞳が光った。 その凄腕に更に磨きがかかり ・・・
33
異域の人 井上 靖       角川文庫 目録
  • 「異域の人」30年間西域にあって功を立て帰国後生涯をかけた仕事のはかない意味を死の直前に知るという無惨な目にあう後漢の人 班超の伝記。表題作の他に「信康自刃」「天目山の雲」「利休の死」「桶狭間」「漂流」が収められている。
32
長安日記 (賀望東 事件録) 陳舜臣 毎日新聞社 目録
  • ”賀望東シリーズ”の主人公、賀望東という日本人青年は何者なのか?政争に巻き込ませたくない人物を遠い処へ送り込むのは、当時の一つの政治技術として考えられない事ではない。 極めてあり得ることなのでそれに似たような設定にし 玄宗皇帝時代を背景にして書かれた唐代ミステリー。
31
ギリシア神話 串田 孫一 雪華社 目録
  • ギリシア神話の中の物語は世界の文学者 音楽家 画家 彫刻家などの材料になっていてこの神話をひと通りしらないとまごつく場合がずいぶんあります。その度毎に事典をひろげて調べていいようなものの、この本で私が書かせて頂いた話ぐらいは知っていないと困るかも知れません。
30
拜領妻始末 滝口康彦 角川文庫 目録
  • 会津藩士笹原与五郎は主君松平正容の不興を買った側妾を妻として拜領させられた。封建武士社会の非人間性とそこに生きる者の苦悩を浮彫りにする。表題作の他「高柳父子」「異聞浪人記」「綾尾内記覚書」「非運の果て」「埋もれ木の譜」「下野さまの母」「その心を知らず」の七篇を収録。
29
剥製 三浦哲郎 河出書房新社 目録
  • この本には年少の兵士や女子挺身隊員たちの束の間の春を描いた作品を集めたが、私は彼等の辿った生涯がとても他人事とは思えない。突然の終戦がなければ私自身が辿る事になったかもしれない短い人生を生きたのであり そういう意味では彼等の一人一人が幻の私自身に他ならないからである。
28
女王 卑弥呼 三枝和子 講談社 目録
  • 日本古代史上最高のヒロインを新しい視点で描く邪馬台国の女王卑弥呼像。 書き下ろし長篇
27
殉国 吉村 昭 角川文庫 目録
  • 沖縄に於ける集団の死! 日本民族にとって沖縄の戦いは忘れようとしても忘れる事が出来ない! 本著は過去を告げながら、現在を告発し、未来を警告している。 吉村昭は集団の死を”大衆社会”の大衆の魂に訴える様な方法で物静かに語っている。 (荒 正人)
26
怪奇小説集 遠藤周作 講談社文庫 目録
  • 深夜、胸を締め付けられる様な息苦しさに襲われたルーアンのホテル、真夜中の階段を上っていく何者かの足音を耳にしたリヨンの学生寮、うなだれている人影を夜具の足もとに目撃した熱海の旅館、「三つの幽霊」他14篇収録。
25
洪水 井上 靖 新潮社 目録
  • 「洪水」後漢献帝の時、西域における屯田地の武将とクム河の洪水。「補陀落渡海記」金光坊が補陀落山に渡海(実は死ぬ事)する事になった時心に起こった疑問。「狼災記」西域で戦闘に生きる武将の愛と友情。「考える人」特殊な姿のミイラの人生は。「小磐梯」小磐梯噴火。その時ただ中に居た人達は。
24
昔話の深層 ユング心理学とグリム童話 河合隼雄 講談社 目録
  • 人間の魂、自分の心の奥には何があるのか。”心の専門家 ”の目で、グリム童話を読むと・・・生と死が親と子が父と母が男と女がそしてもう一人の自分が、まったく新しい顔を心の内に覗かせる。未知に満ちた自分の心をしり、いかに自己実現するかをユング心理学で噛み砕いた、人生の処方箋。
23
七つの迷路 井沢元彦 廣済堂文庫 目録
  • 難事件を卓抜な推理力で解く信長、推理も兵法の理を基本とする武蔵、書斎派の探偵芥川、歴史 宗教 美術に詳しい南条、自称美術品のトレジャーハンー永源寺、夢の中で死霊の声を聞く超能力の持主司門貘、名推理を開陳し歴史上の謎を解く謎の先生が持前の個性を発揮し難事件に挑戦。 七つの推理短編。
22
眠る盃 向田邦子 講談社文庫 目録
  • 「荒城の月」の「巡る盃かげさして」の一節を「眠る盃」と覚えてしまった少女時代の回想に、戦前のサラリーマン家庭の暮らしの手触りをいきいきとよみがえらせる表題作をはじめ、片々とした日常から鮮やかな人生をきりとる随筆集。 知的なユーモアと鋭い感性を内に包んだ暖かな人柄が偲ばれる。
21
蚤さわぐ 杉本苑子 毎日新聞社 目録
  • 俳人一茶。俗事にたけた顔を持つ 陰影に満ちた一茶の晩年を描いた表題作のほかに「眠れドクトル」「雪中松梅図」「反古庵の女たち」「やどかり屋敷」 「そばの花」「智恵の瑞賢」の六篇収録。
20
王朝 海音寺 潮五郎 雪華社 目録
  • 小説を読むには予備知識があった方が良い事はいうまでもないが、なくても差し支えない。 読み進んで行くに必要な知識は作中に書かれているはずである。素直に入って行って、素直に物語を追って、面白がったり、つまらながりして下されば良いのである。 この書物も、その積りでお読み下さい。
19
私刑 P.コーンウェル 講談社文庫 目録
  • 冬のニューヨーク。 雪の舞うセントラルパークで名もなき女が無惨な死体で発見される。恐怖の殺人鬼ゴールトが遂にその姿をあらわす。 スカーペッタ、マリーノ警部、ベントン捜査官の必死の追跡が続く。 やがて明らかにされるゴールトのおぞましい過去。 検屍官シリーズ、戦慄のクライマックス!
18
魚たちと眠れ 結城昌治 角川文庫 目録
  • ファニー化粧品が主催する洋上大学。最初の夜に盗難事件が発生した。続いて美人NO.1の女子学生水島陽子が行方不明。更に女性講師のファッションデザイナーが殺される事件が相継いだ。 太平洋上での水葬の直後、遂に若い女性の集団ヒステリーが起こり・・・ 海の上の密室で展開される長編ミステリー。
17
さまよえる脳髄 逢坂 剛 新潮文庫 目録
  • ゲームの最中、突然マスコットガールに襲いかかったプロ野球選手。元歌手を名乗り、制服姿の女性を次々と狙う連続殺人犯。そして 大脳に障害を負った刑事。精神科医 南川藍子は、深層心理や大脳に傷を持つ三人の男と関わり始める。最先端の精神医学の研究成果を大胆に取り入れた、長編異色ミステリー。
16
真継伸彦 河出文庫 目録
  • 越前の海辺に非人の子として生まれ「鮫」と呼ばれて飢えと差別の中で育った若者は母の死を契機に京に上る。 時は中世、応仁の乱たけなわの頃。人肉を喰らい犯した女を殺し悪逆の限りをつくして生きる「鮫」の前に現れた蓮如上人の娘見玉尼 ・・・ 人間の極限を描く。
15
サロメの乳母の話 塩野七生 中公文庫 目録
  • オデュッセウス サロメ ユダ カリグラ帝 ブルータス キリスト皇帝ネロ ・・・ などなど、歴史上 名高い人物たちの心の裏側を奇想天外な想像力で語る、洒落た12の物語。
14
抛銀(なげがね)商人 南条範夫 集英社文庫 目録
  • 大金を儲けるには危険はつきもの。難破、沈没、海損。だが、船さえ戻れば。 一攫千金を夢見て海外に雄飛する南蛮貿易商人の冒険心とあくなき投機心を描く。他「鉄砲商人」「人買商人」「材木商人」「堕胎商人」「御用商人」「士族商人」「呉服商人」の7篇。商人群像を活写する異色作品集。
13
五十万年の死角 伴野 朗 講談社文庫 目録
  • 太平洋戦争開戦の日 日本軍は北京の医大を急襲した。貴重な文化財である北京原人の化石骨を接収するためだった。ところが、目指すものはすでに金庫から消えていた。 何者が持ち出したのか? 化石骨を追い、日本軍、中国共産党、国民党などの暗闘が始まる。 サスペンス横溢の乱歩賞作。
12
死者と栄光への挽歌 結城昌治 文春文庫 目録
  • 南の島で戦死したはずの父親が生きていた? いや、生きていたが8日前に交通事故で死亡、そのため突然、1億円の生命保険が・・・こんな馬鹿な話があるだろうか? 戦後、幾星霜経てなお戦いの傷痕いえぬ男たちが・・・。
11
タブー 山崎洋子 中公文庫 目録
  • 暴露本「スキャンダルへの招待」を書いたのち渡米した、フリーライター有藤久美が1年半ぶりに帰国すると、見知らぬ女が久美の本名を使って結婚し更には殺害されていた。 女はいったい何者で、何が目的だったのか。 久美は女の遺した手記を手がかりに、謎の過去へと踏み込んでいく。
10
太陽よりも月よりも 創作少年少女小説 平塚武二 実業の日本社 目録
  • ”善意の文学”と言われてきた童話の”善意”を、かくれ蓑がわりにして、真実な自己表現をしてこなかったのではあるまいか? ”善意” は上げ底ではなかっただろうか? 人間の不徳、強欲、無慈悲、暴虐、虚偽、愚昧などを、はっきり描いて見せようと思いました。 (平塚武二)
燈台鬼 南條範夫 文春文庫 目録
  • 『燈台鬼』 遣唐副使として唐に渡ったまま行方不明となった父親を求め、彼の地へ赴いた道麻呂が、そこで目にしたものは、”人間燭台 ”のおぞましい父の姿だった。 直木賞受賞の表題作のほか、次の5篇を収録。『「あやつり組」由来記』 『畏れ多くも将軍家』 『水妖記』 『不運功名譚』 『子守の殿』
鶴渡る 杉本苑子 双葉社 目録
  • 表題作 「鶴渡る」ほか、次の6編を収録。 時代物短編集。「濡れ藻の花」 「じじばばの記」 「片えくぼ」 「売った恩」「班女塚」 「女はこわい」
海の碑 斎藤 栄 講談社文庫 目録
  • 自然開発か環境保全か? 自然の宝庫鹿児島県志布志湾の工業開発をめぐって意見は二つに割れ激しい抗争が続いていた。開発反対派の野鳥学者 福島教授が現地で行方不明になり箱根で死体となって発見される。死体移動を謀った犯人の狙いは? 環境破壊というテーマに殺人の謎を交錯させた推理篇
やまと たける 阿久根治子 福音館 目録
  • 父大君の詔で国攻めの旅に出て 戦い 苦しみ 嘆き 怒り ついに途中で息絶えるタケル。命の尊さに気づき「命今満てる子・・・命みずみずし子らよ」と歌い残したタケル。古事記の英雄物語は古代の荒々しい息吹を伝えつつ現代によみがえりました。多くの子供たちに読んで貰いたい日本の心の故郷です。
酔いどれ天使 渡辺淳一 角川文庫 目録
  • ストーリーの面白さ、結末の意外性。医学的知識を駆使して、短編小説の起承転結の妙を十分に発揮した著者の初期佳品集。 表題作の他「乳房切断」「ある心中の失敗」「脳死人間」の三篇を収録。
死者たちの夜 結城昌治 朝日新聞社 目録
  • 七人の仲間と共同事務所を借りている弁護士が携わった事件を一人称で語るという形式で 短編を「死者たちの夜」としてまとめられている。「暗い海辺で」「汚れた月」「惨い夜」「風の鳴咽」「白い猫と男がいた」「坂下の女」「外出した死体」の各話が入っている。
ユダヤ人 迫害・放浪・建国 村松 剛 中公新書 30 目録
  • イスラエルは伝統と云うものの巨大な生きた力をいやおうなしに人間に考えさせる。旧約の専門家でもなく、一介の物好きな素人に過ぎないが、専門家とは違った取柄があり得るかもしれぬ。ヘブライの思想と歴史、西欧文明の理解の一助となれば幸せと思う。 (村松 剛)
十字路に立つ女 逢坂 剛 講談社文庫 目録
  • 慢性腎不全を患うみずえに不審な生体腎移植手術の話が持ち上がった。時を同じくして起きたみずえの実家、神田の古書店に対する地上げ攻勢、婦女暴行魔の脱獄、そして何者かの影に怯える美しいスペイン研究者 理絵。 神田界隈を背景に私立探偵 岡坂神策が錯綜する謎に挑む。 大人のミステリー
天文子守唄 山中 恒 理論社 目録
  • 長い応仁の乱の真っ最中の時代、ムササビ少年と盗賊鬼童丸の対決。憎しみとは何か? 復讐とは何か? その痛切な問に苦しむ時がある。苦痛に耐えて光をます人生がある。 人生のはじめにめぐりあう本。<JUNIOR LIBRARY>


点字図書書棚へ