点字図書書棚へ

点心六点クラブ文庫
軽く・短く、最新文芸雑誌の点訳を点心風にどうぞ!

点字図書の入手は
ここをクリック −→

 

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。

原本、点訳者については目録をクリック

項番
本の題目
著 者
出版社
備考
  点心六点クラブ文庫      
48 朝顔の日 他 計11冊 高橋弘希 新潮2015年6月号 目録
47 火花 又吉直樹 文学界 目録
 
  • 天才芸人の輝きと挫折。満を持して放つデビュー中編!売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。
46 指の骨 高橋弘希 新潮 目録
  • 死を覚悟したのではなく、死を忘れた。そういう腹の決め方もあるのだ。果たしてこれは戦争だろうか。我々は誰と戦うでもなく、一人、また一人と倒れ、朽ちていく。これは戦争なのだ、呟きながら歩いた。これも戦争なのだ。しかしいくら呟いてみても、その言葉は私に沁みてこなかった──。34歳の新鋭が戦争を描き、全選考委員絶賛で決まった新潮新人賞受賞作にして芥川賞候補作となった話題作。
45 惑星 上田岳弘 新潮 目録
  • 第152回芥川賞候補作。
    幾つもの扉が叩かれる。東京代々木の先端医療を施す総合病院の、イスタンブールの壮麗な寺院脇にひっそり建つ朽ちかけたアパートの、あるいはカリフォルニア州サンノゼのメガベンチャー企業の社長室において。それはまぎれもない契機であるのだが、扉を叩く側も無自覚なことが多い。
44 ヌエのいた家 小谷野敦 文學界 目録
  • 第152回芥川賞候補作。『童貞放浪記』の作者が描く、高卒の父親と東大卒の息子の確執。――母は、六十七歳でがんが発見されて、一年で死んだ。発見された時は、もう手術はできず、築地のがんセンターへ通って抗がん剤治療を受けていたが、効かなかった。実家の隣りの町の病院に二ヶ月ほど入院したあと、私の東京のマンションのそばのホスピスに移した。十二月一日に死んだが、それから五年たった十二月六日に、ヌエが死んだ。
43 九年前の祈り 小野正嗣 群像 目録
  • 35歳になるシングルマザーのさなえは、息子の希敏を連れて海辺の小さな集落に戻って来た。何かのスイッチが入ると、引きちぎられたミミズのようにのたうちまわり大騒ぎをする息子を持て余しながら、さなえがなつかしく思い出したのは、九年前の「みっちゃん姉」の言葉だった…。 第152回芥川賞受賞作品。
42 吾輩ハ猫ニナル 目録
  • 第57回群像新人文学賞受賞作。第151回芥川賞候補。上海に住む日中混血(ダブル)の青年、カケル。
    親元を離れ日々を徒然に暮らしていたが、ビザの更新のため日本に行くよう母親に言われる。一人旅のすえたどりついたのはオタクの聖地、秋葉原。その馬鹿馬鹿しくも傑作な結末とは?
    ――「日本語を学ぶ中国人を読者に想定した小説」、すなわち「カタカナを使わない小説」を書くというコンセプトのもと綴られるカケルの物語は、見たことのないルビ使い、日本語と漢語を大胆不敵に混交した文章で、読むものを幻惑し圧倒します。言語自体を相対化する文章表現、日中現代文化への風刺、漱石や子規他近代文学のパロディなどなど、知的な企みは、新鮮な驚きに満ちています。思わず声を出して笑ってしまう、個性的なユーモアにも注目してください。
41 マダム・キュリーと朝食を 目録
  • 第151回芥川賞候補。大震災と津波から10年。”光”を通して過去を見る猫がいて、そんな猫との邂逅を待つ少女がいる。注目の新鋭が描く、生き物たちと“放射能”の物語250枚。
40 どろにやいと 目録
  • 第151回芥川賞候補。万病に効くお灸「天祐子霊草麻王」を行商する「わたし」は、父の残した顧客名簿を頼りに日本海沿いの村を訪れる。出会う人々は一癖も二癖もありそうな人たちばかりで…
39 メタモルフォシス 目録
  • 第151回芥川賞候補。完全に奴隷の状態にならなければ見えてこな世界を見たい! SMクラブの女王様とのプレイを重ねるうちに、究極の快楽を求めるようになった男が見たものは何か?
38 春の庭 柴崎友香 文学界 目録
  • 行定勲監督によって映画化された『今日のできごと』をはじめ、なにげない日常生活の中に、同時代の気分をあざやかに切り取ってきた、実力派・柴崎友香がさらにその手法を深化させた最新作。離婚したばかりの元美容師・太郎は、世田谷にある取り壊し寸前の古いアパートに引っ越してきた。あるとき、同じアパートに住む女が、塀を乗り越え、隣の家の敷地に侵入しようとしているのを目撃する。注意しようと呼び止めたところ、太郎は女から意外な動機を聞かされる……いつもの街の中に、気づかなかった「時間の流れ」や「暮らし」の歓びが浮かび上がります。
37 緑のさる 山下澄人 平凡社 目録
  • これはピカソを魅了した荒々しいアフリカの彫刻のような小説だ。――保坂和志氏(小説家)気鋭の劇作家が放つ小説/世界を前提から更新する意欲作。
コルバトントリ 山下澄人 文藝春秋 目録
  • 「ぼく」を通して語られる、いつか、どこかで暮らしていた人々の物語。おばさんは幼い頃、「ぼく」の母親が窓から捨てた油で顔に消えない痕がのこるが、のちに、刑務所に入った父親、交通事故死した母親のかわりに「ぼく」をあずかる。幼馴染みたち、アパートの飲んだくれのおじさん、月を見張っているおじいさん――。富とは無縁の人々を、静かな雨が包み込む。「永遠」にめぐる世界を閉じ込めたかのような奇跡的中編。
変愛小説集 岸本佐知子 講談社 目録
  • 〈特集 岸本佐知子編「変愛(へんあい)小説集」〉1.岸本佐知子「前口上」2.川上弘美「形見」3.多和田葉子「韋駄天どこまでも」4.本谷有希子「藁の夫」5.村田沙耶香「トリプル」6.吉田知子「ほくろ毛」7.深堀 骨「逆毛のトメ」8.木下古栗「天使たちの野合」9.安藤モモ子「カウンターイルミネーション」10.吉田篤弘「梯子の上から世界は何度だって生まれ変わる」11.小池昌代「男鹿」12.星野智幸「クエルボ」13.津島佑子「ニューヨーク、ニューヨーク」
ギッちょん 山下澄人 文藝春秋 目録
  • 四十を過ぎ男は公園で暮らし始める。荒れた十代、放浪した青春は昨日のことのようにここにある。第一四七回芥川賞候補作ほか二篇。「水の音しかしない」「トゥンブクトゥ」山下澄人は北海道などを拠点に活動を続けてきた劇作家、演出家、兼俳優。その劇を観に通っていた編集者のすすめで書いた小説『緑のさる』(平凡社)で昨年末に野間文芸新人賞を受賞した注目の書き手です。
小山田浩子 新潮社 目録
  • 仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。見たことのない黒い獣を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい。平凡な日常の中にときおり顔を覗かせる異界。芥川賞受賞作のほか、「いたちなく」「ゆきの宿」を収録。
36 (新潮2013年9月号) 小山田浩子 新潮社 目録
 
  • (新潮2013年9月号抜粋)第150回芥川賞受賞作。夫の故郷に越して職を失った夏。田舎の川辺で異形の獣を追う私はアリスのように“穴”に落ち…
  鼻に挟み撃ち(すばる2013年12月号) いとうせいこう 集英社 目録
 
  • (すばる2013年12月号抜粋)第150回芥川賞候補作。ある早朝のことです、皆さん。わたしはじわじわと夢からあとじさり、波打ち際にずるずる引きずられるクラゲのように時に転がったりもしながら、素早い干潮の具合もあって気づけばついに戻りようのない現実に上陸していたのでした。
  コルバトントリ(文學界2013年10月号) 山下澄人 文藝春秋 目録
 
  • (文學界2013年10月号抜粋)第150回芥川賞候補作。 空はとても晴れている。薄い雲もない。白い月が出ている。見張りが喘息で寝込んでいるのだ。 ぼくは焼けこげたお城の前の、川のようなもののへりに立って、水の中にいる鯉を見ている。水に空が光っている。それでも水の中はよく見える。鯉はとても大きくて黒くて魚雷みたいだ。
  LIFE(群像2013年7月号) 松波太郎 講談社 目録
 
  • (群像2013年7月号抜粋)第150回芥川賞候補作。猫木豊、31歳。脳内で「365日毎日“だらだら且ぶらぶら”できる国の王」として暮らす、ダメ男。ある日、パートナーの宝田から妊娠を告げられ、“だらだら且ぶらぶら”に未練を残しつつ、現実の生活と向き合い始める。しかし出産後、こどもの先天的障害が判明し、宝田は動揺を隠せない。いっぽう猫木は、ダメ男のくせにそんな宝田への不満を隠せない――。二人は互いに見当違いの三くだり半をつきつけ合うのだった。
  さようなら、オレンジ(太宰治賞2013) 岩城けい 筑摩書房 目録
 
  • (太宰治賞2013 抜粋)第150回芥川賞候補作。郷で言葉が伝わること― それは生きる術を獲得すること。人間としての尊厳を取り戻すこと。オーストラリアの田舎町に流れてきたアフリカ難民サリマは、夫に逃げられ、精肉作業場で働きつつ二人の子どもを育てている。母語の読み書きすらままならない彼女は、職業訓練学校で英語を学びはじめる。そこには、自分の夢をなかばあきらめ夫について渡豪した日本人女性「ハリネズミ」との出会いが待っていた。 。
35 砂漠ダンス 山下澄人 河出書房 目録
 ・わたしは口説く、走る、コヨーテになる。雪の降る街で、静寂の砂漠で…。書き下ろし最新作「果樹園」を併録。   
34 怖い! 中島京子ほか 文藝春秋 目録
    怖い! 暑苦しくて眠れない夜に……短篇小説傑作選10篇。 私の心はサンフランシスコに(中島京子)/ア・ラ・モード(森絵都)/あなたならどうする(井上荒野)/アレキサンドライト(山口恵以子)/夏を病む(皆川博子)/犯罪買います(赤川次郎)/初恋(真梨幸子)/私の一行情報(蓮見圭一)/白昼夢の森の少女(恒川光太郎)/鏡の世界(北村薫)
33 すっぽん心中 戌井昭人 新潮 目録
 第149回芥川賞候補作。タレントモデルに車で追突されムチ打ちになってしまった田野は、19歳のモモとスッポン料理のTV番組を見て、スッポンを捕まえるため土浦にむけて電車に乗るのだが・・・。
砂漠ダンス 山下澄人 文藝 目録
 第149回芥川賞候補作。わたしの住んでいる部屋は街の東を流れる川沿いのアパートの三階にある。街は国の北にあり、秋には住宅街まで熊が来る。熊にはたかれて死ぬ人もたまにいる。冬はおそろしく寒く、たくさんの雪が降り、雪に音が吸収されて街はとても静かになり、ここから車で一時間ほどのところにある湖が凍り、歩いて二十分ほどにある公園の池が凍る。
すなまわり 鶴川健吉 文學界 目録
  第149回芥川賞候補作。小柄なため力士はあきらめて行司になった「自分」が描く、相撲界のさまざまな日常。
32 爪と目 藤野可織 新潮 目録
 第149回芥川賞受賞作。はじめてあなたと関係を持った日、帰り際になって父は「きみとは結婚できない」と言った。あなたは驚いて「はあ」と返した。父は心底すまなそうに、自分には妻子がいることを明かした。あなたはまた「はあ」と言った。そんなことはあなたにはどうでもいいことだった。ちょうど、睫毛から落ちたマスカラの粉が眼球に入り込み、コンタクトレンズに接触したところだった。
31 abさんご 黒田夏子 文藝春秋 目録
 75歳の「新人女性作家」のデビュー作。蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて、「早稲田文学新人賞」を受賞した表題作「abさんご」。全文横書き、かつ「固有名詞」を一切使わないという日本語の限界に挑んだ超実験小説ながら、その文章には、「昭和」の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの美しくしなやかな物語が隠されています。
30 美味しいシャワーヘッド(新潮2012年8月号抜粋) 舞城王太郎 新潮社 目録
  • 第148回芥川賞候補作。シャワーヘッドを胃袋まで飲み込んだ状態で 風呂場に倒れてるところを見つかって初めて、単なるお湯の出口に過ぎないそれが性的なメタファーとなりうることを知る。何しろこの話をした 相手の結構大勢(と言っても十三人中五人だけど)が、僕がそれで擬似フェラチオを行い陶酔し過ぎた挙句に起こった事故なんじゃないのと 想像するのだ。
肉骨茶(新潮2012年11月号抜粋) 高尾長良 新潮社 目録
  • シンガポールからマレーシアへの入国審査の列の手前で、 赤猪子は日本人ツアー客40人を離れ便所に歩み寄った。(中略)17才、160cmの赤猪子は35kgでこれは標準体重の62%だった。 硬いしこりを胸の中に宿しながら微かな恐怖と焦燥とに蝕まれて、赤猪子は人気のない便所の中に一瞬佇んだ。 (冒頭より)新潮新人賞を史上最年少で受賞。第148回芥川賞候補作。
29 abさんご(早稲田文学5 抜粋) 黒田夏子 早稲田文学会 目録
  • (第148回芥川賞受賞作。第24回早稲田文学新人賞受賞作。)/
    75歳の「新人女性作家」のデビュー作。蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて、「早稲田文学新人賞」を受賞した表題作「abさんご」。全文横書き、かつ「固有名詞」を一切使わないという日本語の限界に挑んだ超実験小説ながら、その文章には、「昭和」の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの美しくしなやかな物語が隠されています。
関東平野(文学界 2012年9月号 抜粋) 北野道夫 文藝春秋 目録
  • 第148回芥川賞候補作。/
    想像の関東平野の真ん中で、古い女友達のIとのかかわりを通して失われた「故郷」を考える。
28 冥土めぐり(文藝2012年春号) 鹿島田真希 文藝春秋 目録
  • (第147回芥川賞受賞作)/
    十時発のこだまに乗らなければ、と奈 津子は思った。向こうについたら、シャトルバスは何本も出てい るし、チェックインの時間まで余裕がある。だけど奈津子はこの 旅を、予定通りに進めたい。もし、予定から数分遅れたらそれだ けでも、この旅をし損ねてしまう。そんな気持ちになっていた。
ギッちょん(文學界2012年6月号) 山下澄人 文學界 目録
  • (第147回芥川賞候補作)/
    わたしは「下の浜」とここらに住む人 たちが呼ぶ、大きな港のはしの埠頭の根元にいる。昨日は雨だっ たけれど今日は晴れている。左に製鉄所とたくさんの煙突が見え て、右に父がいる。父は大人で大きくて力も強い。わたしは七歳 で小さく力も弱い。
ひっ(2011年文學界12月号) 戌井昭人 新潮 目録
  • (第147回芥川賞候補作)/
    真っ暗で右も左もわからない。ひろがる 闇は広大で地球の裏側まで続いている。ミミズは身体を縮めたり 伸ばしたりしながら前に進んでいた。目の前の土くれを口の中に 入れ、せっせと尻の穴から排せつしている。細長い身体はどこま でも伸びていきそうで決して後戻りはしない。目指すところはな い。とにかく前に進んでいくだけなのだった。
河童日誌(文學界2012年5月号) 鈴木善徳 文藝界 目録
  • (第147回芥川賞候補作)/
    腹部の映像が見たい、と男は言った。 午後の診察の準備のために、私が診察室に入ったのが十三時五十 分。入る際、いつもの習慣通り、受付の窓ガラス越しに待合室を 一瞥した。患者の数は今日も少ない。
短篇五芒星(群像2012年3月号) 舞城王太郎 群像 目録
  • (第147回芥川賞候補作)/
    二十七歳の秋に何が起こったとかじゃ ないんだけど、やたらと流産のことが気になりだす。ふと気付く といつの間にか悶々と流産について考えていて、次第にほとんど 取り憑かれてしまったようになり、終いには完全におかしくなっ ていて、僕は全部をムチャクチャに壊してしまう。周囲の人たち や環境とか関係とか。(「美しい馬の地」より) 「美しい馬の地」「アユの嫁」「四点リレー」「バーベル・ザ・ バーバリアン」「あうだうだう」。綺羅星の如く輝く、五つの物 語。デビュー当時の“文圧”はそのままに、透明感を増す、舞城 ワールドの新ステージ!
27 髪魚(2011年文學界12月号) 鈴木善徳 文藝春秋 目録
  • 第113回文學界新人賞受賞作/
    降り続いた雨のせいで八日目に川は氾濫した。/五日目くらいから川面が堤防の頭を洗い、その様子をアパートの四階の自室からぼんやり眺め、 それから会議で発表するための新しい文房具の企画書を書き、またベランダから顔を覗かせて黒く渦巻いた川面を見やり、 今度は気力を喪失し聞きたくもない音楽を流して七日目が過ぎたのだが、まさか氾濫するとは思い掛けなかった。
26 まちなか(2011年文學界8月号) 広小路尚祈 文藝春秋 目録
  • (第146回芥川賞候補作)
    こんなに駅に近いのに、こんなにお値打ち。 そんなマンションに引っ越してきた。最寄り駅まで徒歩で5分と掛からないのである。 さらにその駅には、新幹線まで停まるのである。「こだま」だけれど。 「ひかり」は、2時間に2本しか停まらないけれど。/駅に近いということは、 生活に必要な施設も整っているわけで、我がマンションから線路を挟んで 向こう側にある「まちなか」と呼ばれる一帯は、この町で一番賑やかなところだ。
25 七月のばか(文學界2011年11月号) 吉井磨弥 文藝春秋 目録
  • 第146回芥川賞候補作。
    街の中心部から外れた住宅街にある老舗 の茶房『ぽえむ』には、ほとんど常連しか集まらない。初顔の了 介と育美が来店して、主人はいつも以上の歓迎ぶりをみせたもの の、すぐに気がゆるんで煙草へと手を伸ばす。店の主人が水をテ ーブルに置いて、しばらくしてから、鳥の死骸が成長しているの だ、と育美が話し始めた。
24 きなりの雲(群像2011年10月号) 石田千 講談社 目録
  • 第146回芥川賞候補作。
    失った恋の痛み。ほどけてしまった彼女の心が、きなりの手触り の日々のなかで、ゆっくりとふっくらと編み直されてゆく――
23 共喰い(すばる10月号) 田中慎弥 集英社 目録
  • 第146回芥川賞受賞作。――昭和63年。17歳の遠馬は、怪しげ な仕事をしている父とその愛人・琴子さんの三人で川辺の町に暮 らしていた。別れた母も近くに住んでおり、川で釣ったウナギを 母にさばいてもらう距離にいる。日常的に父の乱暴な性交場面を 目の当たりにして、嫌悪感を募らせながらも、自分にも父の血が 流れていることを感じている。同じ学校の会田千種と覚えたばか りの性交にのめりこんでいくが、父と同じ暴力的なセックスを試 そうとしてケンカをしてしまう。一方、台風が近づき、町が水に のまれる中、父との子を身ごもったまま逃げるように愛人は家を 出てしまった。怒った父は、遠馬と仲直りをしようと森の中で遠 馬を待つ千種のもとに忍び寄っていく....。川辺の町で起こる、 逃げ場のない血と性の臭いがたちこめる濃密な物語。
22 池澤夏樹特別インタビュー「ぼくの芥川賞採点表」(文学界平成23年9月号) 池澤夏樹 文藝春秋 目録
  • 1996年から足掛け16年。2011年の第145回芥川賞を最後に、 選考委員を退任した作家が32回の賞選考、日本文学との距離、 父・福永武彦から3、11まで語り尽くした3時間。
21 ニキの屈辱(文藝2011年SUMMER) 山崎ナオコーラ 河出書房新社 目録
  • 第145回芥川賞候補作/  恋愛はまだ始まらない。コルクの下の気泡のように、 疼きだけが高まっている。  パーティ会場の中を加賀美和臣は鮪のように周遊していた。 シャンパングラスを片手に、ときどき炭酸をなめながら。
20 ぴんぞろ(群像2011年6月号) 戌井昭人 講談社 目録
  • 第145回芥川賞候補作。/  静かな文体で独特の世界観が炸裂する最新作。浅草・酉の市でチンチロリン賭 博のイカサマに巻き込まれた脚本家。流れ流れてひなびた温泉街に辿りついた 「おれ」は、なぜかストリップ場で前座をする羽目に……
19 ぬるい毒 本谷有希子 新潮社 目録
  • 第145回芥川賞候補。/  実家の電話にいまどきかけて来る人間なんて珍しかった。どこ にいるのか携帯を振ってるんじゃないかと思うくらいの雑音が混 じってうまく聞き取れなかったので、私は受話器に耳を当て直し ながら、もう一度名前を聞き返した。  向伊です。熊田さん、どうも。お久しぶりです。
18 これはペンです 円城塔 新潮社 目録
  • 第145回芥川賞候補。/  叔父は文字だ。文字通り。  だからわたしは、叔父を記すための道具を探さなければならな い。普通の道具を用いる限り、文字は叔父とはならないから。彼 は文字のくせに人間なのだ。ペンを用いて叔父を書き、それが文 字となるならば、いや勿論これは逆なのであり、ペンを用いて文 字を書き、それが叔父となるならば、他の文字まで母やら祖父や らいうものなのだとなりかねない。
17 甘露 水原涼 文藝春秋 目録
  • 第145回芥川賞候補、第112回文學会新人賞。/  その家は沈んでいた。落ちているのではない、暗いのでもない。 汚れてすらいない。ただ沈んでいる。過度な灌漑が地盤沈下を引 き起こすように、この家の中に潜む何かがゆっくりと家を沈めて いる。沈みながら、その歪みに耐えながら家は、決定的な陥没を、 むしろ待望するように待っている。
16 あめりかむら 石田千 新潮社 目録
  • 第145回芥川賞候補。/  冬の雷が破れ、窓に響く。すぐとなりで低くうなっているのは、 冷蔵庫。  夕方病院から帰り、ずっと長椅子で目をとじ、ふたつの音の波 をきいていた。この心細さは、初めてではないといいきかせてい る。
15 母子寮前(文学界平成22年9月号抜粋) 小谷野敦 文学界より 目録
  • 芥川賞候補作品/  少なくとも山梨の山間においては台風の当たり年であることを 最愛の母ががんになった。始まりは一本の電話だった。医療機関との すれ違い、転院、「鵺」と呼ばれる父との鬼気せまる確執。静謐な結 末が圧倒的感動をさそう、究極の私小説。
14 あぶらびれ 穂田川洋山 文藝春秋 目録
  • 第144回芥川賞候補作。/  少なくとも山梨の山間においては台風の当たり年であることを 喜んでいる者などいなかった。とりわけ旧滑石村、現在の 甲州市滑石では、ほうぼうで小規模ながら土砂崩れが起きており、 公共交通機関はもちろん自家用車の往来にも支障をきたしていた。 (本文冒頭より)
13 きことわ 朝吹真理子 新潮社 目録
  • 第144回 芥川龍之介賞/   葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、とつぜん断ち切られた親密な時間が、25年後、 別荘の解体を前にしてふたたび流れはじめる。ふいにあらわれては消えてゆく、幼年時代の記憶のディテール。やわらかく力づよい文体で、 積み重なる時間の層を描きだす、読むことの快楽にみちた愛すべき小説。
12 第三紀層の魚(だい3きそーの さかな) 田中慎弥 集英社 目録
  • 長い方の竿の仕かけには二十号の錘を使っているのに、潮の流れに持ってゆかれる。 道糸は左へ向いて竿と直角に張っている。潮の動きは目で見て分るほど激しい。(本文冒頭より)第144回芥川賞ノミネート作品。
11 苦役列車 (くえきれっしゃ) 西村賢太 新潮社 目録
  • 友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働 で生計を立てている十九歳の貫多。或る日彼の生活に変化が訪れたが……。こ んな生活とも云えぬような生活は、一体いつまで続くのであろうか――。青春 に渦巻く孤独と窮乏、労働と痛飲、そして怨嗟と因業を渾身の筆で描き尽くす、 平成の私小説家の新境地。
10 冷たい天使 (ミステリマガジン2010年3月号) 霞 流一 早川書房 目録
  • 冷たい雪の夜、普段は番犬、パートタイムで探偵もしている柴犬系雑種のアローは、ボストンテリアのベイブから「飼い主の坊やの悲しい顔を見たくないから、助けて」と頼まれて・・・・
てんてんはんそく (文学界 平成22年2月号) 多和田葉子 文藝春秋 目録
  • タイプライターの日には、はりきって書き始めたが、両手の指を額に当てて、額をキーボードにして書くせいか、漢字変換されて出てくる字がみんな鏡文字になっている。
ストロベリーソウル (群像2010年3月号) 吉田修一 講談社 目録
  • 両親と米国に移住したものの、親の仕事事情で一人帰国した伯母と暮らす韓国人少年の孤独の物語。フィギュアスケーターの少女への淡い恋を描き、凍てつくソウルの夜気に肌を刺されるような小説。
冥談』刊行記念対談 綾辻行人・京極夏彦 (ダ・ヴィンチ2010年4月号) 綾辻行人・京極夏彦 メディアファクトリー 目録
  • 京極氏のデビュー当初からの作品の良き理解者であり、私的にも親交の深い綾辻行人氏。このふたりがミステリーについて、怪談について、過去とこれからについて縦横に語り合った。ジャンルの枠を越えたエンターテインメントの最前線に立ち続けてきた二人が、今改めて思うこととは。
冬の鞄 (すばる 平成22年3月号) 安達千夏 集英社 目録
  • 「山奥の工房で1人、鞄を手作りする職人気質の父。ある時から冬の間だけ鞄の修繕のため山を降りる。そして、心通わせる人とも一時を過ごす。そんな父のことを母は知っていただろうか?」
標本箱 (オール読物 平成22年2月号) 皆川博子 文藝春秋 目録
  • 「『標本箱』おぼえている?」 男の子の声だった。水晶、石英、瑠璃、玉髄、方解石、二段目に移って左から、石灰岩、大理石、黄鉄鉱、黄銅鉱、花崗岩、三段目が、雲母、硫黄、石墨…。歴代の天皇の名を暗記したように、鉱石の名をすらすらと千江叔母はそらんじたのだった。
インタビュー2009ノーベル文学賞ヘルタ・ミュラー (すばる2010年2月号) ヘルタ・ミュラー 集英社 目録
  • チャウシェスク処刑(一九八九年)から二十年。だが彼の秘密情報機関だったセクリターテは名前だけを変え、いまなお活動している。当時の個人情報レポートがいまだに改ざんされ続けており、監視と誹謗中傷も続いている。そんな状況のなか、ヘルタ・ミュラーが恐怖政治における自身の体験を初めて語った二〇〇九年七月二十三日付「ツァイト」紙文化面のインタビュー記事を訳出・転載した。
失恋の演算 (ダ・ヴィンチ2010年2月号) 有川浩 メディアファクトリー 目録
  • 好きな人が手に入らないことを失恋というのなら、ぼくは最初から失恋していたのだと思う。何しろ、僕が好きになったのは手に入ってはいけない人だったのだから。
分数アパート (モンキービジネス2008 spring vol.1野球号) 岸本佐知子 ヴィレッジブックス 目録
  • ワタシには小さな弟が一人いて、ワタシの右腰の後ろのあたりから生えている。弟は身長十センチほどで手足がなく、しょっちゅう腹を空かせては顔を真っ赤にして耳障りな声で泣きながら、身をよじってびたんびたんワタシの腰を打つ。ワタシは弟が憎くてならない、いっそカミソリで剃り落としてやろうかと何度も思うがそれもできない。 窓の外でセミが鳴いている。
書写人バートルビー ――ウォール街の物語 (モンキービジネス2008 spring vol.1野球号) ハーマン・メルヴィル ヴィレッジブックス 目録
  • 「どう答えるね、バートルビー?」と私は、かなりの間返答を待った末に言った。その間もずっと、相手の表情は不動のままであったが、白く薄い唇にはごくわずかな震えが見てとれた。「今のところ何もお答えしないのが好ましいのです」と彼は言って、庵に退いた。

点字図書書棚へ