点字図書書棚へ

読むクスリ

上前淳一郎著、週刊文春連載の文庫本
(片面用と両面用のファイルを取り揃えています)

点字図書の入手は
ここをクリック −→

お願い

 点訳本は視覚障害者の利用を目的に制作された点字データです。視覚障害者の利用以外の目的で使用されることは、お断わりします。


原本、点訳者については下記の目録をクリック
項番
本の題目
著 者
出版社
備考
読むクスリ
19 読むクスリ PART19 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 年商一兆円を超える大会社の室内灯には、なぜ微々たる電気代節約のためのヒモが付けてあるのか。二日酔いの朝、東京で飲んだ水の不味さから名水販売を思いついた自治体休職員の発想。洋の東西で違う「客」の考え方や病気治療法...。思わず、なるほどと膝を打ちたくなるような話を満載した好評のシリーズ"企業版ちょっといい話"
18 読むクスリ PART18 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 現代の若者を動かすためのリーダーの条件、会社幹部は社内報の顔写真ではなぜ笑わなくてはいけないのか、中途採用者が会社を活性化させる理由とは、レジャーホテルのパート女性社員が統括責任者に昇格したあるアイデアとは等々、ささいな発想が人や社会を大きく変えていく具体例が満載。好評のシリーズ"企業版ちょっといい話"
17 読むクスリ PART17 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 現代人を悩ます花粉症を吹っ飛ばすガムの開発に苦心する技術者の話や高校時代、英語が赤点だったのに仕事で急に通訳をさせられる羽目になって大失敗...、その後見事、一念発起して英字紙新聞で勉強し、見事、貿易課長になった会社員の奮戦記等、心温まるコラムを満載。思わず微笑んでしまう好評のシリーズ"企業版ちょっといい話"
16
読むクスリ PART16 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 売れないセールスマンが、アンドレ・ジイドの『狭き門』の「力を尽くして狭き門より入れ」の一節に発憤して次から次へと契約を獲り社長まで上りつめた話、ナポリにだけ「実在」するスパゲティの木の実を真剣になって探し求めた会長...など、思わずしんみりしたりニヤッと笑ってしまう好評のシリーズ"企業版ちょっといい話
15 読むクスリ PART15 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 椅子を自在に並べてゆくロボットを開発した自動車組み立て企業、日本一の寒さを逆手にとって町おこしを考えた北海道の過疎の町、社内きっての話術の達人といわれる証券会社情報部長が明かす株式後援会大好評の秘訣...など、とても面白くて役に立つ、味わい深い情報がいっぱいの本。"企業版ちょっといい話"の文庫版最新刊
14 読むクスリ PART14 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 人工衛星の技術で桃の甘さを判定する機械を開発した話、いいアイデアが出るようにと、企画会議で社員に催眠術をかける社長、秘書のカルメン美樹に監査役の大目付金四郎、営業マンの富士山日本一など職場名を採用した会社、道具一式を車に積んだ出張手打ち専門の蕎麦屋...。滋味豊かで役に立つ企業版ちょっといい話第14集。
13 読むクスリ PART13 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • ダイコン選別機を開発した鉄鋼メーカー、常識に抗して断面が楕円の蛍光灯を考案した男、二万枚の名刺を集めたビジネスマン、広告を巧みに使って成功したチューインガム王、海外駐在ビジネスマンの言葉をめぐるエピソード等々、どこから読んでも面白い、誰が読んでも役に立つ挿話を満載した好評企業版ちょっといい話第13集。
12 読むクスリ PART12 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • いじわるな客に教えられた接客術の奥義、他人の心をつかむ秘訣、海外駐在員のストレス解消に効く梅干の話、リンゴについた傷を逆手にとって売上げを伸ばした農園、上に立つ者は愚かであれ、と説く商学部教授、最新ハイテク商品開発の苦労と工夫...。心に残って役に立つエピソードを集めておなじみの"企業版ちょっといい話"。
11 読むクスリ PART11 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 七色の名刺を使い分けて自分を印象づけるのに成功した男、絵柄入りマスク着想のヒント、運動会でわが子の友人に対する思いやりを知った親、けん玉の特技で海外の仕事がスムーズにいったビジネスマン、イギリスでそろばん塾を開き評判になった女性の話...心に響いて役に立つエピソードを満載した企業版ちょっといい話11集。
10 読むクスリ PART10 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • グチでも何でも黙って聞いてくれる新商売「お話しルーム」を始めたきっかけ、匂いを利用した疑似餌鉤を発明したヒント、2千人の客の顔を覚えているホテルのドアマン、イルカ調教の苦労話、患者の立場に立った医療をと、椅子を患者と同じにした医師の話、経理内容を社内に張り出し成功した企業...おなじみ"企業版ちょっといい話"
読むクスリ PART9 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 徹夜続きの作業を何とか楽にしようとアンパンの自動製造器を開発した話。笑顔をふりまいて失敗したドイツでの商売。耳鼻咽喉科医が診たマイケル・ジャクソンの声帯。竹踏みで時差ボケを解消している国際線の客室乗務員。ミラノで順番待ちしたときの変わった経験...おなじみ企業版ちょっといい話第9集。ほんものの情報は面白い。
読むクスリ PART8 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 趣味の折り紙で人脈を広げるビジネスマン、扇風機を使って子豚の圧死を防ぐ農家、ロンドンにつれて行かれた柴犬の苦労、風船につけた手紙が縁で遠くの家族が知り合いになった話、アラブでの商売の苦労等々、第一線ビジネスマンから家庭の主婦までのクスリと笑えてためになるエピソードを集めて好評の"企業版ちょっといい話"
読むクスリ PART7 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • クスリと笑えてためになるおなじみ企業版ちょっといい話第7集。今回も「おもしろおかしく」を社是にして成功している会社の話、社内での人間関係を円滑にするためのちょっとした知恵、海外駐在員の苦労、眼鏡の由来、親子の情、マンションに関する蘊蓄など、ビジネスのヒントにもなり、話のタネにもなるエピソードを満載!
読むクスリ PART6 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • その道でプロ中のプロと言われる人たちの隠れた努力、小学生の頃温い言葉をかけて自信を与えてくれた先生の思い出、父親と子供のささやかでユーモラスな秘密、異国でタブーとされる模様を知らずに使って失敗した食品メーカーの話、動植物のちょっとした話題等々、クスリと笑えてタメになる企業版ちょっといい話第6集。
読むクスリ PART5 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 常識を覆した発想の商品を開発して成功した話、掃除しない生徒たちを自発的にやらせるようにした中学教師の話、腕にメモしながら秘訣を覚えた帝国ホテル・コック長の修行話、ラブレターの代筆屋の話...心を打つ話、ビジネスのヒント、話のタネなどクスリと笑えてためになる話を満載したおなじみ企業版ちょっといい話。
読むクスリ PART4 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 急いで髭を剃り肌を切ったのをきっかけに安全カミソリを発明したアメリカ人の話、洗濯機のゴミ取り袋を考案して毎月大金を得た主婦の話等々、新商品開発にまつわるエピソードをはじめ、ビジネスや日常生活などの社会の第一線の様々な挿話を集めて好評の企業版ちょっといい話第4集。今回もクスリと笑えて役に立つ話を満載。
読むクスリ PART3 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 電話帳の最初に載るよう店の名を「あ」とつけた喫茶店の話、鉛筆を作る時できる木クズを廃油吸着剤に使って大成功した企業の話、窓のない工場を作られて仰天したスペイン駐在ビジネスマンの話等々社会の第一線で活躍する人々の、面白くてタメになるエピソードを満載してすっかりおなじみの企業版ちょっといい話第3集。
読むクスリ PART2 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • 情報とは情(なさけ)に報いること。画期的なハンダを開発した街の小企業の話、なんとかして自社のカレンダーを使ってもらおうと、12月から始まるカレンダーを考案した人の話等々、実社会の最前線で働く人々の笑いと涙のエピソードや、話の種に絶好の粋な小話などを集めて大好評の企業版ちょっといい話第2弾!
読むクスリ 上前淳一郎 文春文庫 目録
  • クスリと笑えてためになる! ビジネスでのエピソード、新商品開発の苦労、発送のヒント、心を打つ話、とっさの機転、粋な小話等々、大会社の社長から巷の主婦まで、社会の第一線で活躍する人々のエピソードを集めた企業版ちょっと言い話。ビジネスのヒントに、話のタネに、また一服の清涼剤として...。解説・筑紫哲也


点字図書書棚へ